お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

サムスチールチェッカー D-200

異材混入防止に最適な 鋼材の材質チェッカー

あなたがお使いになる鋼材の材質に異材混入はしていませんか?
本製品は、(財)日本建築センターの検査機器性能評価委員会から評価を受けた旧製品(M-100型、D-100型)の準拠製品です。

  • サムスチールチェッカー D-200
  • サムスチールチェッカー D-200
  • 金属(鋼)
  • 成分分析
  • 金属(鋼以外)
商品コード
20629
メーカー
立花エレテック
  • 人気
在庫状況
配送エリア
最短お届け日
ご注文を承った後、最短で
3日後のAM着
に到着します。
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

サムスチールチェッカー D-200のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

  • 非破壊で測定可能
  • ポータブル
  • 材質の異なる鋼材を仕分けしたいとき。
  • 熟練不要(1回の測定時間は約5秒)

用途

  • ミルシートと鋼材現品との一致を確認したいとき。
  • 切断した鋼板などが切断前と同一材であることを確認したいとき。
  • 材質の異なる鋼材を仕分けしたいとき。
  • 材質不明の鋼材の材質を推定したいとき。

注意事項

測定にあたっては次の事項をご注意ください。

  • 鋼材表面の黒皮、錆を除去すること。
  • 測定箇所の水濡れは拭き取ること。
  • 鋼材に交流電流が通電していないときに測定すること。
  • 鋼材温度が5℃~35℃のときに測定すること。
  • 同一箇所で3回以上測定した値の平均値を取ること。
  • 測定箇所の鋼材厚さは2mm以上であること。
  • 測定箇所として急熱急冷された部分を避けること。
  • プローブの取扱いは慎重に行い、センサー針を折損することないように注意すること。

よくある質問

塗膜上からの測定は可能ですか?
A

塗膜上からの測定は不可能です。
塗膜をはがす必要があります。

測定物の成分を調べることはできますか?
A

鋼材の電気抵抗を測定して鋼種の識別する機器のため、成分分析を目的として使用することは、できません。ご注意ください。

仕様

表示方法 デジタル表示形式
外形寸法 140×200×60mm(本体寸法)
重量 約2.4kg(本体及びプローブ)
電源 バッテリー内蔵
仕様温度範囲 0℃~+40℃
測定鋼材温度 5℃~+35℃
保存温度範囲 -10℃~+50℃
湿度 80%RH以下
連続測定回数 5秒測定で300回
測定可能範囲 軟鋼からステンレスに至る各種鋼材及び合金

構成品

  • 本体
  • プローブ
  • プローブケーブル
  • 接続ケーブル
  • 標準サンプル片(SS41)
  • 標準サンプル片(SM50)
  • シリアルケーブル
  • キャリングケース
  • 直流電源装置
  • ACコード
  • 棒ヤスリ(丸・半丸・平)
  • 紙ヤスリ(粒度80・180)
  • 収納ケース
  • 取扱説明書
  • 技術資料
続きを見る

サムスチールチェッカー D-200のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品