お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日9:00~17:45

超音波膜厚計 QuintSonic7のレンタル

  • 非破壊検査機器

非破壊で一度に最大5層までの膜厚を測定可能!GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)上の膜厚も測定可能。

プラスチック・金属・木材・ガラス・セラミック素地上の塗料・ラッカー・プラスチック上の膜厚を測定できます。

超音波膜厚計 QuintSonic7
超音波膜厚計 QuintSonic7
商品コード
20956
メーカー
ElektroPhysik

超音波膜厚計 QuintSonic7のレンタルはレックス。

お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

初めてご利用の方へ

在庫状況
配送エリア
最短お届け日
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

超音波膜厚計QuintSonic7のレンタル 特長

  • プラスチック・金属・木材・ガラス・セラミック素地上の塗料・ラッカー・プラスチック層の膜厚を測定します。
  • 非破壊で一度に最大5層までの膜厚を測定できます。
  • GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)上の膜厚も測定できます。
  • Aスキャンで波形イメージを本体のLCDに表示。

よくある質問

コンクリート素地の場合でも測定可能でしょうか?

A

コンクリート素地は対応不可です。
表面の状態が荒く、超音波がきれいに跳ね返ってこないためです

5層の塗膜(ABCDE)を測定する場合、現場で用意するテストピースは、A~Eそれぞれのテストピースの他に、5層全て塗布されたテストピースも必要ですか?

A

A~Eそれぞれのテストピースは必ずご用意ください。
測定精度を上げるため、可能であれば5層全て塗布されたテストピースもご用意いただくことをお勧めしています。

仕様

本体

測定方式 超音波エコー反射方式
測定範囲 10~7500μm(音速値が2375m/sの時)※積層合計
LCD表示 160×160ピクセル、バックライト付
最小測定面積 11㎜φ
最小分解能 0.1μm
測定精度 ±(1μm+読み取り値の1%)
付加機能 メモリ機能、統計演算機能
測定値メモリ 約250,000点(合計)
データ出力 IrDA 1.0
使用温度 5~50℃(結露しないこと)
電源 単3型乾電池×4
寸法 【本体】89(W)×153(H)×32(D)㎜
【センサ】φ25×60㎜
重量 【本体】310g
【センサ】80g

構成品

  • 本体
  • センサ
  • 標準板(200μm)
  • カプラント
  • ノートPC
  • ACアダプタセット(PC用)
  • マウス
  • USBアダプタケーブル
  • USBドライバー
  • ソフトウェア
  • 取扱説明書
  • 取扱説明書(簡易)
  • 収納ケース
  • 単3電池×4本(本体用)
続きを見る
超音波膜厚計 QuintSonic7のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品