お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

超音波式膜厚計 ULT-5000
非破壊検査機器

超音波パルス反射方式の採用で、コンクリート上の塗膜厚さの測定を可能にした超音波式膜厚計です。

  • 超音波式膜厚計 ULT-5000
  • 超音波式膜厚計 ULT-5000
  • 膜厚
  • 超音波式
  • mm
商品コード
20371
メーカー
サンコウ電子研究所 
  • 校正証明書発行可能
  • おすすめ
在庫状況
お問い合わせください
配送エリア
最短お届け日
ご注文を承った後、最短で
翌々日AM
に到着します。
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

必ずお読みください
ご注意:こちらの商品にはテストピースが付属しておりますが、あくまでも一般的な材質のものとなっております。 測定時にはお客様が測定される材質のテストピースをご用意いただくことをお勧めいたします。

超音波式膜厚計 ULT-5000のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

  • FRP系、エポキシ系、エポキシ+パウダ混合系、ウレタン系の4chの回路方式。
  • コンクリート上、スレート板上、木材上の皮膜厚および樹脂単体の厚さの3測定モード。
  • 厚さ基準片の音速値を測定・メモリー。その音速で測定。
  • 小型軽量のコンパクトボディ。

使用動画

用途

  • コンクリート素地専用。

よくある質問

付属しているグリースは、測定時必ず使わなければいけませんか?
A

超音波が上手く伝達しないため、必ずご使用ください。塗らずに使用すると、数値が出ない可能性があります。

コンクリートの上のモルタルの膜厚を測れますか?
A

コンクリートとモルタルは材質が非常に似ているので、境界面の判別が難しく超音波式膜厚計では計測が困難です。

レンタルオプション品

  • 薄膜用センサー 10C6N-DLU

仕様

測定方式 超音波式パルス反射方式
測定精度 ±0.1mm
表示分解能 0.01mm
測定範囲 0.5~5.0mm(探触子、測定対象による)
探触子 2C15N-DL
使用電源 単3形アルカリ乾電池×2、連続使用約10時間
使用温度 -10~50℃(結露しないこと)
寸法 70(W)×155(H)×28(D)mm
重量 約370g
測定範囲(2C15N-DL標準プローブ) 【FRP系】1.0~5.0
【エポキシ系1】1.0~5.0
【エポキシ系2】1.5~6.0
【ウレタン系】1.0~6.0
測定範囲(10C6N-DLUオプションプローブ) 【FRP系】0.5~2.0
【エポキシ系1】 0.5~2.0
【エポキシ系2】-
【ウレタン系】0.5~2.0
備考 (注)次のような場合は測定できないことがあります。
発砲樹脂、骨材や異物を多量に含んだ樹脂、表面の凹凸が激しい場合、同質の下地調整素材の上に施工されている場合、超音波の減衰や拡散が著しく大きい材質。

構成品

  • 本体
  • 単3電池×2
  • 高周波ケーブル
  • 探触子(2C15N-DL)
  • テストピース
  • 収納ケース
  • カプラント(DL接合用グリス兼用)
  • 取扱説明書

超音波式膜厚計 ULT-5000のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品