お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

地盤調査機のレンタル

弾性波を用い、岩盤を調査するための測定器をご紹介しております。岩盤の露頭部分などをハンマーで打撃して、起振点から受振点までの弾性波速度または波形を測定します。一成分測定と三成分測定のものをご用意しております。

地盤調査機のよくある質問はこちら >

特徴で絞り込む

さらにカテゴリを絞り込む

地盤調査機のレンタル商品一覧

機器をご選択いただくと比較表が表示されます。
※比較表に対応していない機器があります。

ハンディサイス PS-1NEO Model-1818は、極めて小さい、手のひらに乗るデジタル表示型の1ch弾性波速度測定器

ハンディビュアは、3成分の超小型サイスモグラフです。測定データは、LCD画面に表示されるほか、RS-232Cを

PS-1MODEL-1814

PS-1
MODEL-1814

応用地質

PS-1 Model-1814は、極めて小さい、手のひらに乗るデジタル表示型の1ch弾性波速度測定器です。また電源は単

地盤調査機のよくある質問

A. 弾性波測定器にて表示される時間は、弾性波速度ではなく、伝播時間です。
弾性波速度に関しては、お客様にて計算をしていただく必要がございます。まず、表示される単位は『ms(ミリセカンド=1/1000秒)』です。
(メートルセカンドではありません)

測定前にハンマーと受信機の距離(L)を測っておいてください(単位:m)
ハンマーをたたくと伝播時間(T)が表示されます(単位:ms)

例えばハンマーと受信機の距離を10m、伝播時間を5msとすると
続きを見る
A. 全くの同等機種です。1818の方が後継機種にあたるので操作性が向上しています。

地盤調査機のよくある質問はこちら >

このカテゴリで最も閲覧されている機器

class="btn_search_conditions"