お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

高分解能温度電気伝導度検層装置 CT-2000

地下水資源、土壌汚染、地すべり調査などの地下水挙動の調査研究に最適。1/1000℃の高分解能温度センサと1μs/cmの高い分解能で測定

1/1000℃の高分解能温度センサと1μs/cmの高分解能を有する7電極式電気伝導度センサから成る高精度、かつ高分解能温度電気伝導度計です。高速応答性に加え、長期安定性も実現していますので高分解能温度電気伝導度検層や同センサを一定深度に設置した長期モニタリングにご使用いただけます。

  • 高分解能温度電気伝導度検層装置  CT-2000
  • 高分解能温度電気伝導度検層装置  CT-2000
商品コード
22023
メーカー
ジオファイブ
在庫状況
お問い合わせください
最短お届け日
お問い合わせください
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

高分解能温度電気伝導度検層装置 CT-2000のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

  • センサ部は、φ42 × 350mmの小型設計
  • 20mS/cmFSの汽水領域センサの他、50mS/cmFSの海水域センサも対応可能※
  • 高信頼型デジタル伝送方式を採用、データはPCに収録可能

※汽水、海水は、塩分によるセンサ腐食の可能性が高いため、連続使用は10時間以内とし、1回のご使用ごとにセンサーを真水で洗ってご利用ください。

用途・適用分野

  • 放射性廃棄物処理場分野における地下水挙動の調査研究
  • CO2地層貯留分野における地下水挙動の調査研究
  • 沿岸域における塩淡境界の調査研究
  • 土壌汚染や地下水汚染調査のための地下水流動把握
  • 地すべり調査のための地下水流動調査
  • 地震地下分野の調査研究など

データ記録

CT-2000の記録例

CT-2000の記録例

CT検層画面例

CT検層画面例

仕様

本体

温度センサ サーミスタ
温度測定範囲 0~50℃
温度測定分解能 0.001℃
電気伝導度センサ 7電極方式
電気伝導度測定範囲 0~20mS/cm
電気伝導度測定分解能 1μS/cm
データ出力レート 2データ/秒
信号伝送 RS485
動作電圧 12Vdc
消費電力 50mA/12V
最大適用深度 100m

シーブケーブル

周長 500mm
シーブ信号 2相
深度分解能 1mm
動作電源 5V

構成品

  • 温度電気伝導度プローブ
  • 検層ケーブル(110m)
  • 取扱説明書
  • インターフェースボックス
  • シーブ(滑車)
  • シーブケーブル
  • Counter PC Card
  • PC(PSJ711SC5S8EKW)
  • ACアダプタ(PA3283U-5ACA)
  • 電源コード
  • バッテリパック (PA3285U-3BRS)

高分解能温度電気伝導度検層装置 CT-2000のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら