お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

土研式貫入試験器 S-213
地質調査機器

質量5kgの分銅を500mmの高さから自由落下させ、100mm貫入させるために必要な打撃回数から、地盤の動的なコーン貫入抵抗を簡易に求める試験です。

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した貫入試験機です。ロッドはφ25mm、コーンはφ30mm、重錘は5kgで、ワイヤー・滑車付き三脚が付属しています。

  • 土研式貫入試験器 S-213
  • 土研式貫入試験器 S-213
  • 簡易貫入試験
  • 貫入抵抗
商品コード
20107
メーカー
西日本試験機
在庫状況
お問い合わせください
最短お届け日
お問い合わせください
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

土研式貫入試験器 S-213のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

  • 建設省土木研究所において考案されたもので、重錘の打撃回数と貫入量との関係から、道路路床、路盤の相対的支持力強度、更に支持力値も測定できるもので、CBR試験、平板載荷試験等と同様の目的に適用されます(N値(Nd値)を求めます)。
  • 地表から所要深度までの連続データが得られ、路盤下層の影響を過小に見積る心配がありません。
  • 道路ガス工事、電話線工事の完成後の復旧工事の点検用にも使用します。

仕様

先端コーン 先端角度:60°、円錐底部φ30mm
貫入ロッド φ25mm、長さ:1,000mm(10mmごとに目盛数を刻印)
案内棒 φ25mm、長さ:1,000mm
案内継棒 φ25mm、長さ:850mm
重錘 円柱型、重量:5kg
三脚 脚長:2m、ワイヤー用滑車2個付き(二本継ぎ)
ワイヤー φ3mm、把手付き
貫入案内指示板 リング式

構成品

  • 案内棒(5kg重錘付)
  • 貫入ロッド
  • 案内突棒
  • 先端コーン
  • 三脚パイプ(ワイヤー用滑車付)
  • 三脚パイプ継足しロッド(石突付)×3
  • ワイヤー(把手付き)×2
  • 貫入案内指示板
  • 取扱説明書

土研式貫入試験器 S-213のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品