お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

繊維状粒子自動測定器 F-1K

空気中に浮遊する粒子の中からアスベスト等の繊維状粒子のみを選別し、繊維数濃度を相対的に算出することができる測定器です。アスベスト解体作業における集塵装置の維持管理に最適です。

試料空気は吸引ポンプで採気口から内部に導入され、検出部内を通過してサンプリングホルダー、流量センサを通り筐体内部に排気されます。位相差顕微鏡による計数分析値と一致する繊維を選別して濃度測定することができます。アスベスト処理工事における環境管理用としてモニタリングなどに使用できます。

  • 繊維状粒子自動測定器 F-1K
  • 繊維状粒子自動測定器 F-1K
商品コード
20848
メーカー
柴田科学
在庫状況
お問い合わせください
最短お届け日
お問い合わせください
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

繊維状粒子自動測定器 F-1Kのレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

  • ロギング測定でデータを保存できます。
  • 設定濃度を超えるとアラームで知らせます。(警報器等にも接続できます。)
  • PC接続し常時モニタリング対応可能です。
  • バックアップフィルターは計数分析にも使用できます
  • リアルタイムで繊維状粒子濃度(f/L)を表示します。(60秒更新)
  • 可搬型(約380(W)×230(D)×250(H)mm)で現場設置が容易
  • アスベストの定性はできません。
  • タッチパネル画面
特長
特長

構造概略図

構造概略図

作業現場適用例

作業現場適用例

※F-1K型は繊維状粒子相対濃度測定器であり、測定結果は公定法としては取り扱われません。

※F-1K型でアスベストの同定はできません。

※アスベスト固化等の薬剤の散布中は使用できません。また、散布後は1時間以上経過してからご使用ください。

仕様

型式 F-1K
測定原理 光散乱方式
光源 半導体レーザー
測定範囲 0.0~1000f/L
吸引流量 2L/min
表示器 LCD(タッチパネル)
表示内容 ●カウント数(Count)
●繊維状粒子濃度換算値(f/L)
●時間(現時時刻、設定、経過、残時間)
●吸引流量
●各種異常表示(レーザー出力、バッテリー等)
出力 ●USB
●RS-232C
●プリンター
●アラーム(オープンコレクター)
測定モード ダウンタイマー、マニュアル、ロギング
電源 AC100V(ACアダプター)とニッケル水素蓄電池の併用
充電池動作時間 約4時間 連続動作(25℃)
作業環境 0~40℃ 5~90%rh(結露がないこと)
寸法 380(W)×230(D)×240(H)mm(突起物を除く)
質量 約5.2kg
備考 ※ 繊維状粒子相対濃度計測器であり、測定結果は公定法として取り扱われません。
※ アスベストの同定はできません。
※ アスベスト固化等の薬剤散布中は使用できません。また、散布後は1時間以上経過してからご使用ください。
※本製品は解体現場等において、従来のF-1型をさらに現場に適した測定ができるよう一部改良した製品です。

構成品

  • 本体
  • ACアダプタセット
  • ゼロフィルタ
  • 90Lゴミ袋 ×2
  • ご注意(ご使用前にお読みください)
  • 取扱説明書(F-1K)
  • 収納ケース

繊維状粒子自動測定器 F-1Kのレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら