お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

デジタル貫入式土壌硬度計 DIK-5531
地質調査機器

デジタル貫入式土壌硬度計は、従来のアナログ測定器のデザインと機能を一新した土壌硬度計で、現場で簡単に土壌硬度測定ができます。

GPS内蔵の表示器は最大400地点の測定データを記録・保存することができます。

  • デジタル貫入式土壌硬度計 DIK-5531
  • デジタル貫入式土壌硬度計 DIK-5531
  • 貫入抵抗
  • 土壌硬度
商品コード
20813
メーカー
大起理化工業
在庫状況
配送エリア
最短お届け日
ご注文を承った後、最短で
4日後のAM
に到着します。
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

デジタル貫入式土壌硬度計 DIK-5531のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

仕様

デジタル土壌硬度計測定本体仕様

外形寸法 W340×D150×H330㎜(突起部除)
スプリング 490N/48.5㎜
本体重量 約3.4㎏

GPS表示器仕様

GPS表示器仕様

よくある質問

雨が降ると、測定値や精度に影響が出ますか?

A

土壌内部に水が浸入している場合は測定できません。浸水していなければ、測定が可能です。
なお機器本体も防滴構造となっておりすので、使用時にはご注意ください。

一人で作業可能ですか?

A

貫入できる地質であれば一人でも作業可能です。

硬盤といわれる土壌は、測定抵抗値でいうといくらの数値になりますか?

A

明確な定義はありませんが、敢えていうと硬盤層と呼ばれる土壌は測定抵抗値が2500Kpa以上になるようです。
手動での貫入時に硬盤層に突入すると、抵抗を感じます。

途中で硬盤がある場合は貫入できますか?

A

貫入ができれば測定は可能です。
硬盤層が硬過ぎて貫入がそれ以上できない場合は、試験自体が不可能ですのでご了承ください。

仕様

デジタル土壌硬度計測定本体仕様

外形寸法 W340×D150×H330㎜(突起部除)
本体重量 約3.4㎏
スプリング 490N/48.5㎜

GPS表示器仕様

外形寸法 W105×D32×H160㎜(突起部除)
重量 約360g
GPS測地系 WGS-84・東京(切替可能)
GPS精度 約10m(標準10m~15m以内)
電源 アルカリ単4型乾電池(4本)

構成品

  • 貫入式土壌硬度測定器
  • GPS&測定値表示器
  • 測定器接続ケーブル
  • コーン(2cm2)
  • ワイヤーブラシ
  • スパナ(10mm)
  • スピンドル
  • 取扱説明書
  • 収納ケース

デジタル貫入式土壌硬度計 DIK-5531のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品