お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

積雪計セット KADEC21-SNOW-C

レーザー方式で高精度かつ安定した測定が可能。
記録はCFカードまたはEメール対応なので長期間記録に最適な積雪深計です。

レーザー式積雪深測定装置KADEC21-SNOWは、レーザー光線を利用して高精度に積雪深を長期間測定できます。外気温変動による補正が不要。安定した高精度な計測が可能です。
非常に低消費電力設計ですので、商用電源や太陽光発電装置等の電源設備が不要で、電池のみで長期間連続測定ができます。

  • 積雪計セット KADEC21-SNOW-C
  • 積雪計セット KADEC21-SNOW-C
  • 積雪
商品コード
20725
メーカー
ノースワン
在庫状況
お問い合わせください
配送エリア
最短お届け日
ご注文を承った後、最短で
翌々日AM着
に到着します。
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

必ずお読みください
対応最新OS:Windows10

積雪計セット KADEC21-SNOW-Cのレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

優れた動作温度範囲

KADEC21シリーズは、-25~80℃まで温度環境に対応。 計測フィールドを選びません。

低消費電力動作による長期電池動作を実現

TRON OSによる徹底した低消費動作化をはかり、内蔵電池のみで約210日間以上の連続測定を実現。※1
電池残量が、ひと目でわかる電池残量レベルメーター機能搭載。

レーザー方式による積雪測定

センサー部には半導体レーザー方式を採用することで、外気温変動による補正が不要で、高精度に安定した計測が可能です。また、半導体レーザーはクラス2ですので、取扱いも簡単で非常に低消費電力です。

取付金具は標準付属

センサー感部に付着した雪が落下しても、雪面の測定面には影響が出ないように、垂直に対して30度の傾斜角度を持って設置できる取付金具が標準で付属します。

LCD表示、3ボタンによる簡単操作

直感的に操作できるUP/DOWN/ENTERの3ボタンだけで簡単メニュー操作。
また、REC/STOPスイッチを操作するだけで記録開始/停止ができます。

CFカードにデータ転送(Cモデル)

CFカードにデータ転送をでき、設置現場で簡単にデータ回収できます。
また、CFカードをメモリ媒体として使用することができ長期記録によるメモリ不足の心配がありません。※2

Eメールで自動データ送信(N2モデル)

Eメールによるデータ自動送信に対応。 ※3
あらかじめ設定しておいたアドレスに定期送信(5・10・60分・24時間間隔)でデータを自動送信します。
また、簡易警報メールを搭載しており、各Ch毎に警報値を設定、パソコンや携帯電話などに警報メールを送信可能。

※1:測定インターバルにより変動します。
※2:3:CFカード転送機能とEメール転送機能は同時に使用できません。ご購入時にモデルを指定してください。
※Eメール送信はau携帯通信モジュールを使用します。パケット料金が別途発生します。

よくある質問

Eメールモデルでは、データ送信と警報送信とどちらも設定することは可能ですか?
A

可能です。最大6つのアドレスを設定できますので、アドレス毎にデータ送信・警報送信を選択できます。(1アドレスにどちらかひとつのみ)
※付属のネット設定ソフトを使用して、お客様自身で任意で設定可能です。

吹雪などの状況下での測定は可能ですか?
A

レーザー式の測定になるので、レーザーの妨げになるような状況下では測定が厳しくなります。

装置から、積雪面までの距離に制限はありますか?
A

距離が、最低20cm以下になるとレーザーが積雪面に反射しないので測定は厳しくなります。

ロガーは防水ですか?
A

防滴となりますので、防水ボックスなどをご準備下さい。
また寒暖差による結露にもご注意下さい。

仕様

センサー

タイプ 20725
CFカードモデル(気象測器検定
20726
Eメールモデル(気象測器検定 有
検出方式 半導体レーザー
レーザー出力 クラス2
ドット径 6mm
測定範囲 0~1000cm
測定精度 ±1cm
測定分解能 1cm
測定時間 約3秒(MAX30秒)
動作温度範囲 -25~+40℃(ヒーターユニット動作時)
電源電圧 測定部:DC+9V、ヒーターユニット:DC+12V
取付方法 Uボルト
ケーブル長 10m

本体(データロガー)

タイプ 20725
CFカードモデル(気象測器検定
20726
Eメールモデル(気象測器検定 有
型式 KADEC21-SNOW-C KADEC21-SNOW-N2
測定インターバル 60分(毎時)、24時間(毎日)
メモリー 97,280データ 不揮発性メモリー(バッテリーバックアップ不要)メモリースクロール記録方式
メモ機能 メモ数:6個 文字数:16文字 取扱文字:ローマ字、カタカナ、記号
通信機能 USB Mini Bコネクタ ドライバは製品に添付・メーカHPからDL可能
表示部 キャラクタLCD表示器 16文字×2行
操作キー 押しボタンキー3個(UP/DOWN/ENTER)スライドスイッチ1個(REC/STOP)
LCD表示コントラスト調整ボリューム
プレヒート時間 記録動作前にヒーターの電源をON/OFFする機能、1~59分(初期値OFF)
アフタースタート機能 指定した月日時分から測定動作が開始(初期値OFF)
RTC調整機能 タイマー機能の進みおよび遅れの調整機能
電池残量メーター 内蔵電池の残量を計算によってLCE表示器に10段階で出力
CFカード機能 【対応メモリー】 コンパクトフラッシュ型カード(CFカード)※1
【記憶容量】 使用するCFカードに依存(最大2GBまで対応)
【記録形式】 MS-DOSフォーマット/FAT16
【転送機能】 コマンドまたはキー操作によるデータ転送 CFカードへ自動転送
【使用電源】 CR123A×3※2
Eメール機能 【転送間隔】 10、60分、24時間間隔
【通信方式】 CDMA2000 1X パケット交換方式
【通信速度】 上り14.4kbps、下り14.4kbps
【データ送信】 Eメールにデータを添付送信
       データ送信先最大6箇所
【警報メール】 測定インターバルで簡易警報メールを送信
       (瞬時送信ではありません)
        警報基準最小・最大値をチャンネル毎に設定
        警報送信先最大6箇所(データ転送とは別途)
【使用電源】 外部バッテリー(鉛シール蓄電池を推奨)※3
       約12V/6Ah鉛シール蓄電池使用時、24時間間隔送信で約1年間送信可能
       (送信間隔・データ数により変動)
記録部消費電力 測定時動作電流:50mA(ピーク時320mA)/待機時電流:0.06mA
記録部使用電源 カメラ用電池(CR123A×6)
搭載OS I-TRON(リアルタイムOS)採用により各機能が独立して動作
動作温度 -25~+80℃
寸法 240(W)×160(D)×91(H)mm(突起物含まず)
重量 1.3kg
備考 ※1:CFカードは対環境性のご使用を推奨します。
※2:使用する電池メーカーにより変化しますが、約1,000回のデータ回収が可能です。
※3:別途オプション
※:Eメールモデルは日本国内KDDIの通話エリアのみご利用頂けます。
※:ヒータユニット用の電源は別途ご用意下さい。

構成品

  • 本体
  • 積雪深計センサー
  • センサー取り付け金具
  • CFカード
  • カードリーダー
  • 通信ソフト
  • 収納ケース
  • 取扱説明書

※対応最新OS:Windows10

積雪計セット KADEC21-SNOW-Cのレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品