お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

携帯型溶接検査システム Wiki-Scan

溶接プロセスの信頼性を確保し、溶接前開先処理および溶接ビードを正確に検査する溶接品質管理システムです。

ムダな検査動作、不要な修理および過剰溶接を低減、検査時間を短縮し、コストを削減します。総合的な即時レポートと無線通信により、効率的なデータ管理と品質管理を可能にします。

  • 携帯型溶接検査システム Wiki-Scan
  • 携帯型溶接検査システム Wiki-Scan
商品コード
20879
メーカー
SERVO-ROBOT Inc
  • NETIS:CB-130003-VE
在庫状況
配送エリア
最短お届け日
ご注文を承った後、最短で
3日後のAM着
に到着します。
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

携帯型溶接検査システム Wiki-Scanのレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

特長

脚長からアンダーカットに至るまで、正確に測定することが可能です。結果は、設定した許容値と自動的に比較され、フィードバックを行なうことができます。さらに、ルート間隔、ギャップ、目違い、ベベル角度のような重要なパラメータを正確に測定し、溶接前の開先検査も可能です。

特長

継手検査

継手検査

溶接検査

溶接検査

よくある質問

屋外でも使用できますか?
A

屋外の場合、日光の影響によって反応が著しく鈍るため、屋内での使用を推奨いたします。 なお、水平レーザー光が見えない場合は、測定はできません。

測定対象の板厚の厚みはどこまで対応していますか?
A

最大25㎜迄対応しています。
また、溶接方法や開先角度に依存しますので、詳しくはお問い合わせください。

レンタルオプション品

  • Wiki-Scanエンコーダ ECD

仕様

外観寸法(WxHxD) 399×94×84mm
348×94×199mm(エンコーダオプション付き)
重量 1400g
1600g(エンコーダオプション付き)
リチウムイオン電池寿命 使用に応じて2~4時間(21Wh)
動作温度範囲 5~40℃
接続性 USB 2.0 / Wi-Fi(R) (802.11 b/n/g)

構成品

  • 本体
  • 本体カバー(赤色)(本体装着済)
  • 保護治具(ネジ×2)
  • テストブロック
  • USB
  • USBケーブル
  • ステレオヘッドホン
  • リチウム電池×2
  • 充電台
  • ACアダプターセット
  • 取扱説明書(クイックスタートマニュアル)
  • 注意書き
  • 収納ケース
続きを見る

携帯型溶接検査システム Wiki-Scanのレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

関連商品