お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日9:00~18:00

デジタルトランスフォーメーションとは?建設DXの事例をレックスで実現!

作成日:  更新日:

デジタルトランスフォーメーションとは具体的にどういった内容かご存知ですか?建設DXという言葉も含めて、ここ数年で聞く機会が増えている方も多いと思いますが、具体的な事例や導入方法などについてはまだまだイメージがついていなかったり、お困りの方も多いのではないでしょうか。
この記事では、デジタルトランスフォーメーション、特に建設に特化した建設DXについて解説していくとともに、導入する際のメリットや具体的な事例、計測器レンタルを長年行ってきたレックスだからこそできるご提案なども含めてご説明しています。ぜひ最後までお読みください。

次の段落からは、デジタルトランスフォーメーションとは?デジタルトランスフォーメーションそのものの意味と、建設DXとの違いについて説明していきます。

デジタルトランスフォーメーションとは?建設DXとの違いは?

デジタルトランスフォーメーションとは、そのまま直訳した場合、「デジタル変革」を指します。
省略してDXと表される場合もあります。
やや抽象的ではありますが、デジタルトランスフォーメーションの目的は、デジタル技術を社会に浸透させていくことで、私たちの生活をより良くしていくことです。単純にアナログからデジタルへと技術や作業などを置き換えていくということだけではなく、その結果どういった社会的影響を生み出すか?といったプロセスや結果までも含めた意味を持つのがデジタルトランスフォーメーションの特長です。

建設DXは、その中でも建設に特化したデジタルトランスフォーメーションの略称です。
もともと国土交通省では、i-Constructionという形で、ICTの活用や規格・施工時期の標準化などを進めていました。またBIMやCIMと呼ばれる三次元設計の活用推進も行われていました。これまで進められていたこのような取り組みと結びつき、設計の自動化や建機のICT化などあらゆるプロセスをデジタル化して生産性の向上や省人化を目指すものとして、建設DXが推進されています。

デジタルトランスフォーメーション(建設DX)事例を導入するメリット

デジタルトランスフォーメーション(建設DX)を活用すると、具体的にはどのようなメリットや事例があるのでしょうか?
デジタルトランスフォーメーション(建設DX)を取り入れることでのメリットとしては、省人化、生産性の向上、品質の向上などが挙げられます。ここではそれらのメリットについて、それぞれ少し具体的にご説明していきます。

省人化

デジタルトランスフォーメーション(建設DX)によるデジタル化によって、従来人が対応しなければいけなかった作業を機械やシステムなどに置き換えることが可能です。
中長期的に予測されている、建設分野での技術用労働者の減少を補っていくことにもつながると考えられています。

生産性の向上

省人化につながる部分もありますが、デジタル技術の活用によって、現場での作業を高度化、効率化させることができるようになります。これまでより少ない人や日数で同じ工事量の実施が実現できるようになるため、単純に仕事の量を増やすことができるという側面だけではなく、働き方の見直しなどにもつなげることができます。

品質の向上

デジタルトランスフォーメーション(建設DX)は、品質の向上や担保という部分にも貢献することができます。これまでは経験や蓄積されたノウハウに頼りがちだった作業をデジタル化することで、経験が浅い作業員でも高い品質で作業ができるようになったり、再現性を高めることが可能です。

次にデジタルトランスフォーメーション(建設DX)を活用した、より具体的で様々な事例をご紹介していきます。

デジタルトランスフォーメーション(建設DX)の具体的な事例をご紹介

ここではデジタルトランスフォーメーション(建設DX)の具体的な事例についていくつかご紹介していきます。
実際には建設現場でどういった建設DXが行われているのか、具体的なイメージにつながればと思っています。

ICT施工

ICT施工は、情報通信技術を駆使して各工程から得られる情報を使うことで、高い精度かつ高い効率での施工を行うことを意味します。

ICTに対応した建設機械を使用する、または装置を後付けして使用することで、前工程にて作られた3次元設計データをベースとした建設機械の自動制御やガイダンスなどが可能になります。
これまでは検測と施工を何度も繰り返しながら整形を行う必要がありましたが、ICT建機を用いることでそういった工数を大きくカットすることが可能です。
また経験の浅い作業員であっても正確な施工を行うことができます。

遠隔臨場(遠隔監視)

遠隔臨場は、ウェアラブルカメラなどを利用して撮影した音声や映像で、その場に行くことなく別の場所から臨場を行うことを意味しています。国土交通省の試行要領では「段階確認」や「材料確認」「立会」を遠隔から行うとことが遠隔臨場の定義となっています。

眼鏡型やヘルメット装着型のウェアラブルカメラを装着して、別の場所との通信を行います。基本的にはハンズフリーとなりますので、安全に作業をしながらその様子を遠隔で確認することが可能となります。
「段階確認」や「材料確認」「立会」以外の場面でも、例えば熟練者が若手作業員から送られてくる映像や音声を確認し、遠隔から指示をしながら一緒に作業するなどといった教育的な用途にも活用されています。

毎回現地に赴くことが必要でなくなるため、省力化や生産性の向上につながります。

環境計測

騒音や振動、風速といった環境計測の分野においても、デジタル技術が活用されています。

これまではデータの回収や確認、設定の変更などのために現地に赴く必要がありましたが、データをクラウドにあげることで、離れた場所からでもリアルタイムで計測数値を確認することができます。複数の項目を一つのサービスで一元管理することにより、管理工数の削減にもつなげることができます。

移動にかかるコストや時間が省略できるだけではなく、よりスピーディーな判断や対応につなげる効果も期待できます。

レンタルで手軽に導入可能なデジタルトランスフォーメーション(建設DX)事例

デジタルトランスフォーメーション(建設DX)を現在の業務に追加導入した事例は多く紹介されているものの、いざ実際に導入しようとなるとコストも手間もかかりハードルが高いと感じられる方が数多くいるようです。
人や組織の課題のために、日本では思ったようにデジタルトランスフォーメーションが進んでいかないという調査結果も出ているそうです。

そのような時には、建設DXを導入する手段の一つとしてレンタルという方法はいかがでしょうか?レンタルを活用することで、効果がわからない状態での試験導入や、期間限定でのご使用など様々なシーンに適用が可能です。必要な時、必要な期間だけ使用できるレンタルだからこそ、低コスト低リスクで建設DXを導入していただくことができます。

ここでは、レンタルでご利用可能なデジタルトランスフォーメーション(建設DX)に関わる商品をいくつかご紹介します。

画像説明

従来の建設機械に後付けが可能な、クラウド型の転圧管理システムです。GNSSを用いたマシンガイダンスに加え、転圧管理データはクラウドサーバーでの一元管理が可能。建設機械を買い替える必要なくICT施工を取り入れることができ、省力化や施工精度の向上につながります。

▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら
画像説明

国土交通省の定める仕様基準を満たした、遠隔臨場にも使用可能なウェアラブルカメラです。KT-190074-A取得済み。眼鏡型のカメラで両手をあけた状態で通信ができるため、安全に作業を進めることが可能。赤ペンや指差しといった作業の指示がしやすい機能も充実しています。両目タイプ、片目タイプが選択可能です。

▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら

デジタルトランスフォーメーションとは?建設DXをレックスで実現! まとめ

デジタルトランスフォーメーション及び建設DXの意味や事例についてここまで説明してきました。

改めてになりますが、デジタルトランスフォーメーション、建設業界においての建設DXは、デジタル技術を活用することで、私たちの生活や仕事をよりよいものにするためのものです。活用を進めることで、仕事の生産性向上や施工性の向上など、業務のプロセスやその成果にも大きな変化が生まれます。

今回事例として挙げたマシンガイダンスや遠隔臨場など、導入する内容によっては部分的な使用ができたり、既存の設備を活かしながら手軽に導入が可能なものも多くございます。

建設DX、まずはできるところから始めて見るのはいかがでしょうか?

建設DXの導入でお困りなら まずはレックスにご相談ください!

今回ご紹介した内容以外にも、レックスでは長年培ってきたノウハウで、建設DXに関する様々なソリューションをご提供可能です。

既存サービスや商品のご提供だけではなく、お客様との共同開発といった事例もございますので、建設DXでお困りのことがあればお気軽にレックスまでお問合せください。