お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日8:45~18:30

クレーンスケール1t 3t 5tレンタル機器比較と使い方解説!

作成日:  更新日:

クレーンスケール1t 3t 5tのレンタル機器をお探しでしょうか?
それともクレーンスケールの機器の選定基準や、使い方でしょうか?

ここでは、クレーンスケールの選定ポイントや、仕様比較、使い方など、クレーンスケールの手配に関するあれこれを端的に解説しています。

この記事を読むことで、クレーンスケールの手配や現場での使用イメージもばっちりです。
またページ内では、実際におすすめなレンタル機種のご紹介もしております。

クレーンスケール1t 3t 5tレンタル機器比較と使い方を解説します。

クレーンスケールは別名 吊ばかりとも呼ばれ、本体下部にものを吊り下げて重さを測定します。
クレーンスケールは、ひょう量1t、3t、5tのものを中心にレンタル需要も比較的高く、使い方もシンプルです。

では実際に手配するとなると、まず悩まれるのは「どのような機器選定が必要か」ではないでしょうか。
選定ポイントとして1つ目は、上記でも記載したように「ひょう量」がどのくらいまでかが大切です。
ここでは、その他に確認しておくとよい事柄や、クレーンスケールの使い方について順番に解説していきます。

クレーンスケール1t 3t 5t レンタル機器を探す時の、4つの選定ポイント

クレーンスケール1t 3t 5tのレンタルや機器を探す時は、下記の4つのポイントを事前にチェックしておくとスムーズです。
どういった用途や現場でおすすめかについても、簡単に説明していきます。

選定ポイント① ひょう量

ひょう量(秤量)は、そのはかりではかることのできる最大の重さのことです。
クレーンスケールでも、測定範囲が1tまでか、3tまでか、5tまでか…など、どこまでが上限かは機種によって決まっています。
レンタルの際も、まずはひょう量の確認から機種の選定を行うことが多いです。

最大値を超えないことが前提ではありますが、ひょう量が小さい方が目量(最小表示)も細かいので、なるべく刻んで数値を計測したい場合は、ひょう量の小さいものがおすすめです。
ただし、ひょう量を超えた状態での計測は、故障の原因になりますので、ゆとりを持って選定を行ってください。

選定ポイント② 防水/非防水

防水か非防水かは、その有無や「IP(防水・防塵)○○」といった表記がされていることが多いです。
その名の通り、防水であれば雨天にも強いので、屋外での使用も可能な機種が多くあります。
ただし、防水加工にもレベルがあり「『防水であれば100%水没の危険がない』ということではありません」ので注意が必要です。

また防雨、防滴、防水でも意味合いが異なってきますので、使用機種や環境については事前によくご確認ください。

選定ポイント③ 有線/無線

クレーンなどに引っ掛けての使用が一般的なので、電源はバッテリー稼働のものが多いですが、有線でAC電源と繋ぐタイプのものも存在します。
また本体にも数値は出ますが、手元で数値を確認できる「手元表示器つき」の機種も多いです。
こちらも有線タイプのものと、Bluetoothなどで通信を行う無線タイプのものがあります。

使用環境にもよりますが、ものの運搬が多い現場での使用が予想されますので、無線タイプの方がストレスなく利用できる場合が多いかと思われます。

選定ポイント④ 証明書発行可否

「証明書」にもいくつか種類がありますが、よく耳にするのは「校正書発行の有無」かと思います。
ただし、はかりの場合は校正書の他に、書類ではありませんが「取引証明用の検定印」が必要とされる場合があります。
これは校正書とは全く別の規格になりますので、校正書で補うことが難しいケースがほとんどです。

また、校正書の場合でも「JCSS校正証明書」や「ISO校正証明書」など、何規格の校正証明書なのか、まで指定がある場合もあります。
原則、使用前に証明がなされていることが求められますので、現場でどういった証明が求められているのかは、事前によくご確認ください。

※レックスで保有するはかりは、検定印はありませんが、校正書の発行は大半が可能です。(2022/07現在)

クレーンスケール1t 3t 5t おすすめのレンタル機器を比較してみた

ここまではクレーンスケールの選定に必要な4つのポイントを解説してきました。
では具体的に、クレーンスケールの1t 3t 5tタイプにはどのような機種があるのか、実際にレンタル依頼の多い3機種をご紹介いたします。
各機種の詳細ページの確認やお見積もり依頼も可能ですので、気になる機種はぜひ詳細もご覧ください。

画像説明

非防水/無線式の手元表示器つき

1tタイプは本体重量約14kgと、比較的軽量なタイプ

▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら
画像説明

防水/無線式の手元表示器つき

Bluetooth クラス1採用により、理論無線距離は約100m!

▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら
画像説明

防水/無線式の手元表示器つき

赤色LEDライト使用で、本体からも数値が明るく見やすいタイプ

▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら

クレーンスケールの使い方と手順を端的に解説

後半は、クレーンスケールの使い方について端的に解説していきます。
構成品は「本体・置き台・バッテリーと充電器(もしくはACアダプター)・(あれば)手元表示器」が基本的な内容になります。※機種やメーカーによって異なります。

使い方の前に、先に本体の主なパーツについて、図で簡単に解説します。


次は、メインの使用手順や、使用上での注意点などを解説します。
基本的にひょう量による使い方の違いはないので、ひょう量に関わらず、下記の手順で計測を行っていきます。
【使用手順】

  • 設置
    ①シャックルピンがきちんと固定されているか、吊具に不具合がないか確認します。
     (緩みや欠損があると、大怪我・大事故の原因になります。)
    ②本体上部・下部のフックにそれぞれ吊具を引っ掛けます。
    ③電源を入れます。

  • 測定
    ①「何も吊っていない状態で」ゼロ調整を行います。
    ②重さを測定します。
    ※風袋がある場合:①の後に風袋を吊るし、「風袋引き」ボタンを押します。

  • 終了時
    ①上下のフックから吊具を外し、本体に何も負荷がない状態で電源を切ります。

【使用上での注意点】

  • シャックルピンやワイヤーなどの吊具に、緩みや欠損はないか
     重量物同士を支える重要な部位になりますので、使用前に必ずチェックを行ってください。
     不具合があると大怪我や大事故の原因になります。

  • クレーンスケール自体の自量が重い
     コンパクトに見えますが、クレーンスケール自体も重く、5tタイプのものだと50㎏を超えることもあります。
     持ち運びや設置の際は、無理のないよう十分に配慮して行ってください。

  • 台はかりと比較すると目量が大きい
     同じ「はかり」ですが、電子天秤などの台はかりと比べると目量が大きく、
     同等の目量で考えていると用途と合わない場合があります。
     ただし、ひょう量自体がかなり大きい為、そこまでの目量は求められないことが大半ではあります。 
     ※また、吊り下げ式で風などの影響を受ける為、揺れにより一時的に数値が不安定になる場合があります。

また機種によっては、下記のような機能があり、より便利にお使いいただけます。

・風袋引き機能
  風袋がある場合は、ゼロ調整の後に「風袋引き」ボタンを押します。
  このボタンを押すことで、対象を入れている容器や袋の重さを引くことができるので、
  スムーズに対象のみの重さを算出することができます。
  ※レックスでは、ATH・ATHW・HS-CD-Rシリーズどれも対応可能です。

・ホールド機能
  測定中に手元表示器の「ホールドスイッチ」を押すと、表示されている数値が保持されます。
  もう一度押すと解除します。(本体に表示されている数値は、ホールドされません。)
  ※レックスでは、ATHW・HS-CD-Rシリーズが対応可能です。

クレーンスケール1t 3t 5t レンタル機器比較と使い方のまとめ

クレーンスケールの選定ポイントや、1t 3t 5tタイプのレンタル機器の比較、使い方について端的に解説してきました。
最後にそれぞれの要点をおさらいしていきます。

クレーンスケールの比較ポイントと使い方のおさらい

クレーンスケールの比較ポイントは
①ひょう量(目量) ②防水/非防水 ③有線/無線 ④証明書発行可否 の4つです。
現場でどのような条件が求められているのか、事前にご確認ください。

使い方に関しては、ひょう量に関わらず基本的に同じ使い方ができます。
部品の接続や欠損がないかに注意し、安全に設置や測定を行ってください。
操作方法自体はシンプルなので、比較的手軽にご使用いただける機器です。

クレーンスケールをレンタルするなら

クレーンスケール1t 3t 5tのレンタル機器は、レックスでも複数取り揃えております。
様々な現場で活用する汎用機種だからこそ【必要な時に、必要なだけ】ぜひレンタル活用もご検討ください。
各機種の詳細ページや、お見積り依頼は下記からご確認いただけます。

画像説明
▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら
画像説明
▼商品がお決まりの方はこちら
▼ご質問等、直接相談したい方はこちら
資料「クレーンスケール1t 3t 5tレンタル機器まとめ」無料ダウンロード

必要な時にすぐ機器比較、お問い合わせが可能!今回ご紹介した3機種の情報を1枚にまとめました。
ぜひ今後のクレーンスケール活用にお役に立てください。現場への提案チラシとしてもご利用いただけます。

無料ダウンロード

掲載内容
■ クレーンスケールのレンタルならレックス!
■ レックスでレンタルできるオススメ機材