お問い合わせ・ご相談はこちら
0798-38-6363

お電話での受付時間 平日9:00~17:45

レーザー水糸器 LLS-200のレンタル

  • 測量機

墨出しと検測を一回の作業で!

次世代型レーザー水糸器で検測作業はもっと素早くもっと簡単に。レーザー水糸器LLS-200は道路検測に特化した測量補助装置です。

レーザー水糸器 LLS-200
レーザー水糸器 LLS-200
商品コード
10216
メーカー
Land Dimension Works(ランドディメンションワークス)

レーザー水糸器 LLS-200のレンタルはレックス。

お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら

初めてご利用の方へ

在庫状況
配送エリア
最短お届け日
  • エリア・商品状況によりお届け日が変わるため、詳細はお問い合わせください
  • 機材の点検には時間がかかりますので、ご連絡いただいたタイミングによってはご注文を当日中に承ることができない場合もあります。
  • 複数台ご入用の場合は、担当窓口までお問い合わせください。
  • 在庫状況は常に変動しております。商品の確保はご予約が確実です。担当窓口までお気軽にお申し付けください。

レーザー水糸器LLS-200のレンタル 特長

検測誤差の解消

水糸では誤差が生じやすかった勾配箇所での検測作業。
LLS-200を使えばレーザーとシフト機構の組み合わせでこの問題を解消します。

レーザー光線とシャフト軸が直角 になり、より正確な検測ができるようになります。

検測誤差の解消
ワンマンオペレーティングの実現

LLS-200があれば検測作業は一人で行うことが可能になります。 人手不足の現場でも、問題ありません。

検測作業の効率化

センターキャンバーを用いる際も絶対角度と相対角度を使用した検測作業が行えるため、作業の手間を省くことができます。

1.7倍の作業スピード

レーザーの角度を調整し、スタッフに当てるだけのスピード作業。 その早さは従来の1.7倍(メーカー比)。

レーザー水糸器LLS-200のレンタル 用途

現況路盤高の検測と計画高の墨だしを同時に行う

駐車場や建物の外構工事のような広めの平面舗装の時に便利!

従来ですと、路盤 検測をするまでに数多くの計算や測量を経て計画高を決定が必要となり、その計画高に水糸を張りそれからの路盤検測という流れになりますが、LLS-200は1人でこの作業を1回で行うことができます。

現況路盤高の検測と計画高の墨だしを同時に行う

h1・h2・h3・h4と路盤の下がりを測り、最後にブ ロック塀にレーザー光から200下がった位置に赤い印をつけるだけで、路盤検測と墨だしを 同時に行えます。
また素早く現況高を算出でき、砕石の量を検討するのにも便利!

計算なしでセンターキャンバーを検測する
計算なしでセンターキャンバーを検測する

2つの構造物に高低差がない場合。例としてセンターキャンバーが1.5%とします。

上の絵のようにセットしデジタル傾斜計(水平器)で1.5%になるようレーザー傾斜調整ノ ブを回します。次にセンターまでを検測します。上の絵では赤い線の右半分です。
逆向きに同じ事をすれば左半分も検測することができます。

また、2つの構造物に高低差がある場合もレーザー水糸器 LLS-200なら検測可能です。

参考動画

仕様

光源 可視レーザーダイオード
波長 532nm (緑)
対物出力 5mW (最大)
最大出力になるまでのアイドリング時間 約1分
レーザークラス クラス3R
ビーム径 φ5mm/10m
レーザーモジュール寿命 約3000時間
勾配表示 %表記、 ° 数表記
最小勾配 0.01%、0.01°
精度調整範囲 -10%~+10%
勾配精度 ±3mm/10m
レーザー電源 単3型アルカリ電池×3本
連続使用時間 約8時間
使用可能温度範囲 -5℃~50℃
デジタル傾斜計電源 単4型アルカリ電池×4本

構成品

  • 本体(LLS-200/単三電池×3、単四電池×2内蔵)
  • レーザーグラス(ケース付き)
  • レーザー照射キー
  • 収納ケース
  • 取扱説明書
レーザー水糸器 LLS-200のレンタルはレックス。お気軽にお問い合わせください。

過去の見積番号から注文リクエスト!便利なリクエストフォームはこちら