道路橋床版水分計 HI-100 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

道路橋床版水分計 HI-100(ケツト科学研究所):コンクリートモルタル水分計:水分計

防水層の施工に必須。コンクリート床版表面の水分測定。コンクリート床版表面(%)、カウント値(電気抵抗換算値)、2つの表示が可能。

NETIS番号:CB-170009-A

道路橋の床版(コンクリート床版)の防水層施工において、コンクリート表面処理後の表面水分量が適切でないと、防水層に膨れや剥がれが生じ、期待する性能が得られません。HI-100では、測定原理に凹凸の影響が少なくなる電気抵抗式を採用しており、しかも導体ゴムセンサを備えているので、凹凸面にセンサが密着し正確さがより向上します。

機種名 道路橋床版水分計
型番 HI-100
メーカー名 ケツト科学研究所
道路橋床版水分計 HI-100new

特長

コンクリート床版表面の仕上げ状態にかかわらず、正確な測定が可能。

道路橋床版水分計 HI-100 特長

道路橋は一般的に上図のような4層構造になっており、 コンクリート床版には防水層を施工することが、道路橋示方書により定められています。
コンクリート床版の防水層施工において、コンクリート表面処理後の表面水分量が適切でないと、防水層に膨れや剥がれが生じ、期待する性能を得られません。
つまり、床版表面の水分管理が、防水層の性能、ひいては道路橋の性能を左右する重要な要素になります。
これまで、床版表面の水分測定の際、処理後の凹凸面の影響を受け、測定値が低くなる場合がありました。しかし本器「HI -100」は、測定原理に凹凸の影響が少なくなる電気抵抗式を採用しており、しかも導体ゴムセンサを備えているので、凹凸面にセンサが密着し正確さが より向上します。(※)

(※)( 一社)日本建設機械施工協会施工技術総合研究所にて実証実験済み。

用途

新設工事やアスファルト張替え工事などの現場に最適!

  • コンクリート床版のコテ仕上げ面
  • ライナックス仕上げ面
  • 大型切削機仕上げ面
  • ファインミリング仕上げ面
  • ファインミリング + スチールショットブラスト( 30〜150kg/m²) 仕上げ面

仕様

測定方式 電気抵抗式
測定対象 コンクリート床版
検量線  コンクリート床版表面、
カウント(電気抵抗換算値)
測定範囲 0〜6%(コンクリート床版)、
40〜990(カウント)
測定精度 標準誤差0.5%以下
表示方法 デジタル(LCD)
分解能 0.1% 
使用温度範囲 0〜40℃
機能 水分値補正、平均値表示、上限アラーム設定、
オートパワーオフ、データ保存
電源 電池1.5V(単3アルカリ)×6、約0.45W
寸法・質量 110(W)×210(D)×50(H)mm、0.5kg

構成品

標準構成品 本体、ゴムセンサ、レンチ、導体ゴム×2、ショルダーストラップ、技術資料、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水分計の関連商品はこちら

乾燥による質量変化量を自動チェックし、乾燥終了を判断するので、正確かつ迅速な測定ができる赤外線水分計 FD-720(ケツト科学研究所)

高周波式で、木材表面を傷つけることなく軽く押し当てるだけで測定できる小型・軽量の木材水分計 HM-520(ケツト科学研究所)です。

あらかじめダイアルをセットして測定箇所に軽く押し当てるだけで測定できる高周波容量方式のコンクリートモルタルALC水分計 HI-520(ケツト科学研究所)です。