ヴァンテージプロ2 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ヴァンテージプロ2(エーオーアール):総合気象観測器:気象観測機器

ヴァンテージプロ2プラスでは日射と紫外線が計測できます。

ISSで観測した気象データーを標準付属ケーブル(30m)によって、屋内のコンソールまで送って表示します。コンソールは大型液晶表示が採用され、観測データーの表示や気圧傾向、簡単な天気予報の表示も行えるようになっています。ヴァンテージプロ2プラスでは、さらに日射と紫外線も計測できます。

機種名 ヴァンテージプロ2
型番 6152C /
プラス VantagePro2Plus
メーカー名 エーオーアール

ヴァンテージプロ2 プラス VantagePro2Plus
ヴァンテージプロ2 プラス VantagePro2Plus

ケーブル ヴァンテージプロ2 6152C

特長

  • コンソールには屋外気温(温度)、屋外湿度、気圧センサーが内蔵。
  • ISS(集積屋外センサー)は屋外に設置し、風向、風速、屋外気温(温度)、屋外湿度、雨量の測定が可能。
  • パソコンと接続し、気象データーの管理、分析。

ウェザーリンク

ウェザーリンク

ウェザーリンクは、ヴァンテージプロ2用のソフトウェアです。ウェザーリンクを使うと、パソコンの1つの画面にさまざまな気象状況が表示されます。

測定間隔を1分毎から、5、10、15、30、60、120分毎とお好みで設定することができます。データロガ−には、1分間隔の場合には1日分、30分間隔の場合には30日分をメモリ−、120分間隔の場合には120日分のデータをメモリーできる容量を持っています。


測定項目

  風向風速 ヴァンテージプロ2 ヴァンテージプロ2 プラス VantagePro2Plus
風向
風速
風冷指数
気温(温度) 屋外
屋内
湿度 屋内
屋外
気圧 気圧
気圧傾向(3時間)
雨量率 日間雨量
月間雨量
年間雨量
暴風雨
露点 露点
蒸発散量 現在の蒸発散量
月間蒸発散量
年間蒸発散量
日射 日射量
紫外線 THSW指数
紫外線放射
紫外線熱指数
日時 12/24時間表示
日の出、日の入り表示

○:測定可能
△:表示機には表示されませんが、パソコンで測定が可能
※風速、気温(温度)、気圧および雨量などの単位は色々な単位に変換できます。

よくある質問

データはコンソールに記録されるのですか?

センサーとコンソールをケーブルで接続するだけでは、コンソールは表示器にしかなりません。
標準構成品のロガーを、コンソールに内蔵させるとデータ記録ができるようになります。
事前設定(測定インターバルなど)はコンソールとPCを接続し、専用のソフトウェアで行います。
(ソフトウェア・PC接続ケーブルは標準構成品)


データ容量はどれくらいですか?

測定インターバルによって、データ容量が異なります。
測定インターバル/データ容量
1分の場合・・・42時間
5分の場合・・・8日間以下
10分の場合・・・17日間以下
15分の場合・・・26日間以下
30分の場合・・・53日間以下
60分の場合・・・103日間以下
120分の場合・・・213日間以下
※データ容量を超えた場合は、古いデータから消えていきます。


コンソールはACアダプター、もしくは単2形乾電池3本で稼働するようですが、 センサーにも電源は必要ですか?

コンソールの電源から供給されるため、センサー側には不要です。
また、環境にもよりますが新品の乾電池で約1〜2ヶ月稼働できます。


どのようなサンプリングで記録されるのか、各項目ごとに教えてください。

風速
直近の10分間の平均データ
風向
例えば10分間に測定した中で、北に1m、東に1mの風速が記録されたとします。 その場合はベクトル合成された風向は、北東となります。 ここでベクトル平均+直近5分のベクトル平均の意味は、機材上の規格です。
温度・湿度
時間平均値
雨量
積算値


仕様

機能 センサー レンジ 精度(±)
気圧 ※1
高度:−1,500〜+12,500ft(−460〜+3,810m)
コンソールに内蔵 660〜810mm Hg
880〜1,080hPa、880〜1,080mb ※2
0.8mm Hg
1.0Pa、1.0mb
気圧傾向(3時間) 5方向矢印:上昇(高速)、上昇(低速)、安定、下降(高速)、下降(低速)  
屋内湿度 10〜90% 5% RH
屋外湿度 ISSまたは
温度/湿度ステーション
0〜100% 3% RH:90%以上の時4%
その他の湿度 ISSまたは
温度/湿度ステーション
0〜100% 3% RH:90%以上の時4%
露点 ISSまたは
温度/湿度ステーション
−76〜−54℃ 1.5℃
日間・暴風雨の雨量 ※3 レインコレクター
(転倒マス:0.2mmバージョン)
999.9mmまで 4%または1チップのどちらか大きい方
月間・暴風雨の雨量 ※3 19,999mmまで 4%または1チップのどちらか大きい方
降雨強度 ※3 1,999.9mm/hrまで 5%または1mm/hr以上
室内温度 コンソールに内蔵 0〜+60℃ 0.5℃
屋外温度 ※4 ISSまたは
温度ステーションまたは温度/湿度ステーション
−40〜+65℃ 0.5℃
その他の温度 −40〜+65℃ 0.5℃
熱指数 ISSまたは
温度/湿度ステーション
−40〜+57℃ 1.5℃
日射量 1W/m2 0〜1800W/m2 5%
ソーラーエネルギー 0.1Ly 1999.9Ly 5%
最少紅斑量 0.1MEDs 0〜199MEDs 5%
紫外線指数 0.1 0〜16 5%
時間 コンソールに内蔵 24時間 8秒/月
日付 月/日 8秒/月
風向 風力センサー 0〜360°
コンパス 16方向 0.3方向
風速(大カップ) 1〜68m/s 5%または1m/sのどちらか大きい方
風速(小カップ) 1.5〜79m/s 5%または、1m/sのどちらか大きい方
動作温度 -40℃〜+150℃ - -
体感温度(風冷指数) ISS −84〜+54℃ 1℃

※1 気圧の高度は海抜ゼロに標準をあわせた値です。高度のリミットは−1,500〜+12,500ft、−460 〜+3,810mです。単位をft(フィート)でご使用の場合、マイナス側の高度リミット、−999ftがディスプレイのリミットです。
※2 これは海抜ゼロに標準化した後の補正された値です。
※3 雨量計(レインコレクター)をメトリックアダプターで0.2mm単位に変更して使用した場合です。
※4 屋外温度の精度は温度センサー単体を基準としたもので、標準ISSを基準としたものではありません。標準のラジェーションシールド(ファンなし)の場合の日射により誘発される温度エラーは南中時+4°F(+2℃)でファンありのラジェーションシールドの場合の日射により誘発される温度エラーは南中時0.6°F(0.3℃)です。

構成品

ヴァンテージプロ2 6152C 本体ディスプレイ、ACアダプター、雨量収集器、風向風速計、ウィンドウカップ、4芯コード(30m)、ゴミフィルター、Uボルト×2、ワッシャー・スプリングワッシャー・ナット×4mバックプレート、六角レンチ、タッピングネジ×4、USBケーブル、USBデータロガー、通信ソフト(ウェザーリンク)、単2形乾電池×3、取扱説明書
ヴァンテージプロ2 プラス VantagePro2Plus 本体ディスプレイ(コンソール/単2電池×3)、ACアダプター、雨量収集器、風向風速計(取付けベース付き)、ウィンドウカップ、4芯コード(30m)、ゴミフィルター、Uボルト×2(Φ6)、ワッシャー・スプリングワッシャー・ナット×4(Φ6)、バックプレート、六角レンチ、タッピングネジ(φ6×75mm)×4、USBケーブル、USBデータロガー、通信ソフト(ウェザーリンク)、収納ケース、取扱説明書(コンソール、設置マニュアル、コンソールの初期設定、クイックリファレンスガイド、ウェザーリンク)、ウェザーリンクインストール解説書

オプション品

オプション 三脚(ポール×2、取り付け金具)


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ気象観測機器のレンタル商品

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
小型・軽量の風向風速センサーと長期間連続記録のロガーの組み合わせ

温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
高精度のセンサーと組み合わせたメモリーカード付き温湿度ロガー

D1日射A D1-009A
D1日射A
D1-009A

日射量に比例した電圧を出力します。全天日射量を測定するセンサーです!

風速データロガーシステム OT-901
風速データロガーシステム OT-901
設定値以上の風速で警報。そして保存・印刷が可能な風速計。