rex_web_catalog

rex_web_catalog page 57/378

電子ブックを開く

このページは rex_web_catalog の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
rex_web_catalog

て非破-壊豆に知つ識い検非査破機壊非破壊について非破壊検査とは非破壊検査とは、“物を壊さずに”その内部のキズや表面のキズ、あるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。地球規模での自然環境を維持するため、工業製品や各種設備は安全に、できる限り長期に渡って利用し、廃棄物を極力減らす努力の積み重ねが必要となります。非破壊試験は、素材からの加工工程及び完成時の製品の検査、設備建設時の検査などに適用することにより、これら製品や設備の信頼性を高めて寿命を長くすることに役立っています。また、保守検査の一環として非破壊試験を適用することにより、使用中の設備などを有効に活用することを可能とします。JISの用語非破壊試験英語名:Non-destructive Testing(略:NDT)といい、JIS規格によって定められています。<JIS Z 2300 (0126)>素材や製品を破壊せずに、キズの有無・その存在位置・大きさ・形状・分布状態などを調べます。材質試験などにも応用されます。放射線透過、超音波探傷、磁粉探傷、浸透探傷、渦流探傷など、様々な試験があります。非破壊検査英語名:Non-destructive Inspection(略:NDI)といい、JIS規格によって定められています。<JIS Z 2300 (0125)>非破壊試験の結果から、規格などによる基準に従って合否を判定します。非破壊評価英語名:Non-destructive evaluation(略:NDE)といい、JIS規格によって定められています。<JIS Z 2300 (0127)>非破壊試験で得られた結果を、試験体の性質または使用性能の面から総合的に解析・評価します。非破壊検査の目的1.材料および溶接部の欠陥検査4.表面処理層の厚さ測定製造されたものが規定された要求を満足しているかどうかを調べます。使用開始から、次に行われる検査までの間に安全に使用できるかを調べます。2.材料や機器の計画検査材料または機器部品の変形・腐食量を測定します。3.材質検査試験体の材質および処理が規定されたものであるかを調べます。非破壊検査の分類表面欠陥検出のための非破壊検査表面処理による硬化厚さ、規定されたメッキの厚さなどを測定します。5.ひずみ測定構造物に負荷をかけた際の応力解析を行い、設計や使用条件の健全性を評価します。6.内容物の検査電器部品の配線の調査、空港などでの内容物の調査をします。内容目視検査目視により、表面の状態やキズを調べます。VT (Visual Testing)磁粉探傷検査電磁石と磁粉を用いて、物体表面または表面直下のキズを検出します。MT (Magnetic Particle Testing)浸透探傷検査浸透剤と現像剤と呼ばれる液体を用いて、目に見えない表面のキズを簡単PT (Liquid Penetrant Testing)な操作で検出します。過流探傷検査電磁誘導により発生する過電流と磁気を用いて、小さなパイプなどのキズET (Eddy Current Testing)を検出、材料判別します。内部欠陥検出のための非破壊検査適用材料、機器、構造物などのすべての物体磁石に吸引される強磁性材料のみ金属材料、非金属材料導電性のある材料放射線透過検査RT (Radiographic Testing)超音波探傷検査UT (Ultrasonic Testing)その他の非破壊検査内容X線やガンマ線を利用して、目に見えない物体内部のキズ・異常を検出します。超音波の反射を利用して、内部のキズ・構造を検出します。内容適用金属材料、溶接部、鋳物、非金属材料金属材料、溶接部、非金属材料適用超音波厚さ測定超音波を用いて、材料の片面に探触子を接触させ、物体の肉厚を測定します。金属および非金属材料の素材、機器、構造物32ひずみ測定SM (Stress Measurement)アコースティック・エミッション検査物体の応力・振動を利用して、構造物表面のひずみを測定します。音響を利用して、構造物の健全性を診断します。主に金属で作られた構造物各種材料、構造物(地上、地下、海洋)、地滑りAET (Acoustic Emission Testing)赤外線検査(Infrared Ray Testing)赤外線を利用して、表面温度分布の測定をします。高温設備、電力設備の異常及びタイル等の剥離の診断鉄筋探査電磁波レーダ・電磁誘導法を用いることで、対象物からの反射波をキャッチして対象物の位置、深さを測定します。コンクリート構造物