超音波膜厚計 QuintSonic7 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

超音波膜厚計 QuintSonic7(エレクトロフィジック):膜厚計:非破壊検査機

非破壊で一度に最大5層までの膜厚を測定可能!GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)上の膜厚も測定可能。

プラスチック・金属・木材・ガラス・セラミック素地上の塗料・ラッカー・プラスチック上の膜厚を測定できます。

機種名 超音波膜厚計
型番 QuintSonic7
メーカー名 エレクトロフィジック

お客様のご利用環境によって使用方法が異なるため、ご検討頂いている方は事前にスタッフまでお問い合わせください。

超音波膜厚計 QuintSonic7new

特長

  • プラスチック・金属・木材・ガラス・セラミック素地上の塗料・ラッカー・プラスチック層の膜厚を測定します。
  • 非破壊で一度に最大5層までの膜厚を測定できます。
  • GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)上の膜厚も測定できます。
  • Aスキャンで波形イメージを本体のLCDに表示。

よくある質問

コンクリート素地の場合でも測定可能でしょうか?

コンクリート素地は対応不可です。
表面の状態が荒く、超音波がきれいに跳ね返ってこないためです。


5層の塗膜(ABCDE)を測定する場合、現場で用意するテストピースは、A〜Eそれぞれのテストピースの他に、5層全て塗布されたテストピースも必要ですか? 

A〜Eそれぞれのテストピースは必ずご用意ください。 
測定精度を上げるため、可能であれば5層全て塗布されたテストピースもご用意いただくことをお勧めしています。


仕様

本体

測定方式 超音波エコー反射方式
測定範囲 10〜7500μm(音速値が2375m/sの時)※積層合計
LCD表示 160×160ピクセル、バックライト付
最小測定面積 11oφ
最小分解能 0.1μm
測定精度 ±(1μm+読み取り値の1%)
付加機能 メモリ機能、統計演算機能
測定値メモリ 約250,000点(合計)
データ出力 IrDA 1.0
使用温度 5〜50℃(結露しないこと)
電源 単3型乾電池×4
寸法 本体 89(W)×153(H)×32(D)o
センサ φ25×60o
重量 本体 310g
センサ 80g

構成品

標準構成品 本体、探触子(ケーブル付)、USB(ケーブル付)、CD-ROM×2(USB Driver、QSoft7)板、マウス、PC用電源セット(ケーブル、AC電源)、ノートPC、カプラント取扱説明書(本体取扱説明書、クイックリファレンスガイド)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ非破壊検査機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
工業用ビデオスコープ IPLEX FX
圧倒的な高画質を実現させたビデオスコープのハイエンドモデル

デジタル超音波探傷器 UI-25
デジタル超音波探傷器
UI-25

日本非破壊検査協会など各種協会認定試験への持込対応機種

超音波探傷器 EPOCH4
超音波探傷器
EPOCH4

高性能・フル装備の測定機能、優れたデジタル超音波探傷器

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
オンサイト測定に最適な完全防塵・防滴仕様

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト