3周波GNSS受信機 ライカ GS10 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

3周波GNSS受信機 ライカ GS10(ライカジオシステムズ):GNSS受信機:GNSS測量機

実用的で汎用的なGLONASS衛星を受信する高精度3周波GNSS受信機

Leicaの長年にわたる知識と経験を注ぎ込んだLeica GS10は、Leica GNSSの折り紙つきの性能で、信頼性と高精度を提供します。

機種名 3周波GNSS受信機
型番 ライカ GS10
メーカー名 ライカジオシステムズ
3周波GPS受信機 ライカ GS10

GS10 受信機

証明済みのGNSS技術

長年にわたる知識と経験を搭載したLeica GS10は、Leica GNSSの特徴である - 信頼性、高い実用性および高精度を提供します。

GPS測量システム 受信機
SmartCheck
RTKにおける正しい結果を保証します
SmartTrack
4つのGNSSシステムの捕捉において最も高精度な信号受信を保証します
SmartRTK
困難な環境でより多くの信頼できる測位を導きます

あなたの思うままに使用できます

Leica GS10は最も要求される環境に向けて設計されています。

  • IP68保護性能は、防塵と継続的な浸水に耐えます。
  • -40° C to +65° Cの過酷な温度環境に耐えるよう設計されています。

GS10付属コントローラー CS10

フィールド専用設計

GPS測量システム コントローラー

極限の環境に耐えうるように設計されたCS10は、全てのタスクに対して快適で簡単な操作環境を提供します。

  • IP67(防水・防塵)と動作温度 -30 to +60℃
  • 操作性の良い完全照明のラバーキーパッド(CS10は数字キー)
  • 200万画素のデジタルカメラ(手持ちでもポールに取り付けたままでも撮影可能)
  • カラー、VGAタッチスクリーン、照明付き

フレキシブルな通信とデータ記録媒体

幅広い通信デバイスとデータ記録オプションをサポート。

  • 完全にインテグレートしたワイヤレス“Intenna”技術(Bluetooth®)
  • コネクターモジュール:Lemoモジュール
    Lemo (USB / シリアル)、USB A ホスト、7ピンコネクター、電源ポートの構成
  • データ記録媒体はSDカード、CFカード、USBメモリー

汎用性

Leica Vivaシリーズの一部として設計されましたが、多くの器械やソフトウエアと使用できる汎用性を持っています。

  • 全てのLeica VivaシリーズのトータルステーションとGNSSセンサーとの完全な親和性
  • SmartWorx Viva 測量ソフトウエアとの組み合わせで設計
  • パワフルなARMコア・プロセッサは多くのアプリケーションに対応可能

GS10 受信機 仕様

GNSS 性能 GNSS テクノロジー ライカの特許SmartTrack技術
・ 先進的な測位エンジン
・ 耐ジャミング測位
・ 高精度なパルスウィンドウ・マルチパスコリレータ―による疑似距離測定
・ 優れた低高度捕捉性能
・ 非常に低ノイズなGNSS搬送波測位 <0.5 mm精度
・ 最小の捕捉時間
チャンネル数 120チャンネル
同時受信可能衛星数 2周波を同時に60衛星から受信可能
衛星信号捕捉 ・ GPS: L1, L2, L2C, L5
・ GLONASS: L1、L2
・ SBAS: WAAS, EGNOS, GAGAN, MSAS,QZSS
GNSS 測定 全ての周波数において完全に独立したコードおよび搬送波計測
・ GPS: フルウェイブ搬送波, コード (C/A, P, C コード)
・ GLONASS: フルウェイブ搬送波, コード (C/A, P ナローコード)
再捕捉時間 1秒以内
GNSSアンテナ タイプ AS10 
GNSS技術 SmartTrack+ 
衛星信号捕捉 GPS: L1, L2, L5 GLONASS
グランドプレーン グランドプレーン内蔵
寸法 (直径 x 高さ)  170 mm x 62 mm 
重量 0.44 kg 
ゲイン 29±3 dbi 
動作温度範囲 / 保管可能温度 -40° C to +70° C / -55° C to +85° C
湿度 100%
防水, 防砂および防塵 IP68 IEC60529 および MIL STD 810G Method 506.5 I, MIL STD 810G Method 510.5 I および
MIL STD 810G Method 512.5 I準拠
落下・転倒 固い表面へ1.5mの高さから落下、および2mのポールへ取付け、固い表面へ転倒へ耐性
振動 大型土木用重機の振動へ耐性、ISO9022-36-08 および MIL-STD 810F - 514.5-Cat24 に準拠
計測パフォ−マンスと精度 精度 (rms) DGPS / RTCMによるコード・ディファレンシャル
DGPS / RTCM 通常 25 cm (rms)
精度 (rms) リアルタイム・キネマティック (RTK)
評価規格 ISO17123-8準拠
単基線 (<30 km) 水平精度: 8 mm + 1 ppm
高さ精度: 15 mm + 1 ppm
ネットワークRTK 水平精度: 8 mm + 0.5 ppm
高さ精度: 15 mm + 0.5 ppm
精度 (rms) 後処理解析による
長時間観測のスタティック(搬送波) 水平精度: 3 mm + 0.1 ppm
高さ精度: 3.5 mm + 0.4 ppm
スタティックおよび短縮スタティック (搬送波) 水平精度: 3 mm + 0.5 ppm / 高さ精度: 5 mm + 0.5 ppm
キネマティック (搬送波) 水平精度: 8 mm + 1 ppm / 高さ精度: 15 mm + 1 ppm
オンザフライ (OTF) 初期化
RTK技術 Leica SmartCheckテクノロジー
OTF 初期化の信頼性 99.99%以上*2
初期化時間 通常 4 秒*3
OTF有効距離 最長70 km*2
ネットワークRTK
サポートするRTKネットワーク VRS, FKP, iMAX
サポートするRTKネットワーク認証規格 最RTCM SC 104に認証されたMAC (Master Auxiliary Concept)
ハードウェア 外形
重量 (GS10) 1.20 kg
寸法 (GS10) 212 mm x 166 mm x 79 mm
環境性能
動作温度 -40° C to +65° C, ISO9022-10-08, ISO9022-11-special,
MIL STD 810G Method 502.5 II, MIL STD 810G Method 501.5 II準拠
保管温度 -40° C to +80° C, ISO9022-10-08, ISO9022-11-special,
MIL STD 810G Method 502.5 I, MIL STD 810G Method 501.5 I準拠
湿度 100%, ISO9022-13-06, ISO9022-12-04 および MIL STD 810G Method 507.5 I準拠
防水・防塵 IP68 IEC60529 and MIL STD 810G Method 506.5 I, MIL STD 810G Method 510.5 I and MIL
STD 810G Method 512.5 I
風雨と塵から保護
一時的な浸水 (最大水深: 1.4 m) に耐える
振動 操作中の強い振動への耐性, ISO9022-36-08 および
MIL STD 810G Method 514.6-Cat.24へ準機
落下 1.0 m の高さからハードコートへの落下に耐える
機能的衝撃 40 g / 15〜23 msec, MIL STD 810G Method 516.6 I 準拠
ポールセットアップ時に150 mmまでのバウンドでも衛星信号のロックを失わない
電源
供給電圧 定格 12 V DC
電圧範囲 10.5 - 28 V DC
消費電力 通常: 3.2 W, 270 mA
内部電源 着脱可能 LI-Ion バッテリー, 6 Ah / 7.4 V, 受信機へは2つのバッテリーを格納可
内部電源, 動作時間 ・15 時間 標準的な無線によるRTKデータ受信5
・13 時間 標準的な無線によるRTKデータ送信5
・14 時間 RTKをGSM / GPRS網の通信5
2つの内部バッテリーを使用
外部電源 外部 NiMh バッテリー 9 Ah / 12 V
適合規格 FCC/IC クラス B, CE, EN13309, C-Tick, ARIB STD-T66, RoHS, WEEE, ACPEIP 準拠
FCC, CE
ローカル認証 (IC カナダ, C-Tick オーストラリア, 日本, 中国)
メモリおよびデータ記録 メモリ
メモリメディア 着脱SDカード: 1 GB
データ容量 1 GBはGPSプラスGLONASS (8+4 satellites)観測用として通常十分な容量です
・280日分の15秒エポックの生データ
データ記録
データ形式 オンボード記録
・Leica GNSS生データ
・RINEXデータ
記録間隔 最大 20Hz
ユーザーインターフェイス ボタン ・ON / OFF ボタン
・ファンクションボタン
ボタン機能 ファンクションボタン:
・移動局/固定局の簡単な切替え
・簡単な「ヒアー」ポジション機能
LEDステータスインジケータ― Bluetooth®, ポジション, RTKステータス, データロギング, 詳細な電源状況
更なるユーザーインターフェイス 受信機内蔵のWebインターフェイスにより, 完全なステータス表示と設定オプションの環境を提供
通信 通信ポート 2 x シリアルRS232 Lemo
1 x USB / RS232 Lemo
1 x 5pin Lemo 外部電源
1 x Bluetooth® ポート, Bluetooth® v 2.00 + EDR, クラス2
同時のデータリンク ・最大3つまでのリンクを割り当て, 同時に使用可能
・異なるポートから2つのリアルタイム出力インターフェイス, 同一もしくは異なるRTK / RTCMフォーマット
外部データリンク
無線モデム ・各種利用可能なUHF / VHF無線をサポート
・Leica GFUハウジングに組み込まれたSatel無線はIP67の耐環境性
・Leica GFUハウジングに組み込まれたPacific Crest PDLはIP67の耐環境性
GSM / UMTS / CDMA 携帯モデム ・各種利用可能な GSM / GPRS / UMTS / CDMA モデムをサポート
・Leica GFUハウジングに組み込まれたCinterion PXS8はIP67の耐環境性
・DynDNS サービスをサポート - 固定局は最大10の移動局をTCP/IP経由でサポート
固定電話モデム ・各種利用可能な固定電話モデムをサポート
通信プロトコル
データ転送および受信のリアルタイムデータフォーマット Leica独自フォーマット (Leica, Leica 4G)
CMR, CMR+
データ転送および受信のRTCM規格に基づくリアルタイムデータフォーマット RTCM 2.1, RTCM 2.3, RTCM 3.0, RTCM 3.1, RTCM 3.2 MSM
RTCM 3データ転送メッセージを完全サポート
NMEA 出力 NMEA 0183 V 4.00 および ライカフォーマット

*1 QZSSのサポート機能は内蔵されており、ファームウエア更新で有効化される予定です。
*2 測定精度、確度および信頼性は衛星数、衛星配置、障害物、観察時間、歴の精度、電離層の状態、マルチパスなどの各種の要因によって変わります。表示されている値は、標準以上の良好な状態を仮定しています。 観測に必要な時間は衛星数、衛星配置、電離層の状態、マルチパスなど種 々の条件によって変動します。GPS L5の配備が進むとより測定パフォーマンスや精度の向上が見込めます。
*3 対流圏の状態、信号のマルチパス、障害物、衛星配置および捕捉衛星数などによって変動します。
*4 気温、バッテリーの使用時間、通信デバイスの送信出力などによって変動します。

CS10 ハードウエア仕様

一般
オペレーティングシステム Windows CE 6.0
プロセッサー Freescale i.MX31 533 MHz ARMコア
寸法(L x W x D) 200 x 102 x 45 mm
重量 560 g(バッテリー110 gを除く)
メモリー、ポート、通信
システムメモリー 512 MB DDR SDRAM
フラッシュNANDメモリー 1 GB (不揮発性 NAND Flash)
インターフェイス SDカードスロット(SDIO)
CF Type I / II カードスロット
5-ピン特殊コネクター(USB)
通信モジュール Lemo モジュール: Lemo (USB / シリアル)、 USB Aホスト、 7ピンコネクター、電源コネクター
内蔵ワイヤレス接続 Bluetooth® 2.0 クラス2
インターフェイス
画面 縦型640 x 480 pixel (VGA)カラーTFT LEDバックライト、タッチスクリーン
キーパッド 26キー、数字キー(ラバー付きの滑りにくいキーパッド、完全な照明付き)
音声 通常 12 V DC
電圧範囲 10.5 - 28 V DC
カメラ 内蔵200万画素デジタルカメラ
電源管理
電源 通常 12 V DC
電圧範囲 10.5 - 28 V DC
バッテリー GEB212 (7.4 V / 2600 mAh Li-Ion 充電式)、着脱式
バッテリー稼働時間(室温、接続デバイスによって変動) 10 時間
バッテリー充電時間 2 時間
環境性能
気温 動作温度: -30 to +60° C
保管温度: -40 to +80° C
防水・防塵性能 IP67 (IEC 60529)
湿度 100% (MIL-STD-810F、 Method 507.4-I)
落下(コンクリート上の合板へ) 1.2 m
振動 MIL-STD-810F、 Method 514.5-Cat24
ソフトウエア
アプリケーションソフトウエア VivaコントローラーにはLeica SmartWorx VivaおよびSmartWorx Viva LTソフトウエアが搭載され
ます。加えて、その他のWindows CEアプリケーションを搭載することもできます。
標準ソフトウエア Internet Explorer Mobile, File Explorer, Word Mobile, Microsoft Windows MediaTM
Player (カメラソフトウェア、オンラインヘルプ)

構成品

標準構成品 GS10 Professional receiver、(AS10 3周波アンテナ)、CS10フィールドコントローラ、取扱説明書

お客様の使用環境により構成品が異なります。 詳しくはお問い合わせください。

Page Top

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


GNSS受信機の関連商品はこちら

3周波GNSS受信機 GPS1200+(ライカジオシステムズ)のアンテナは、GPS、GLONASS、Galileo、Compassのすべての衛星信号を同時に120チャンネル受信することができます。

GPS測地測量RTK受信機 SR530(ライカジオシステムズ)は、非常に軽量であり、低消費電力、操作も簡単で、測量はもちろんマシンコントロールやモニタリングのアプリケーションで利用できます。

GPS受信機の常識を超えた、GPS/GLONASS受信機のGNSS受信機 LEGACY-E+(トプコン)

中波ビーコン基地局やMSASなどの補正情報を受信し、サブメートルで位置を算出することができるディファレンシャルGPS受信機 DSM232(ニコン・トリンブル)