鉄筋破断非破壊診断装置 CPチェッカーM BT レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

鉄筋破断非破壊診断装置 CPチェッカーM BT(四国総合研究所):鉄筋腐食診断器:コンクリート構造物診断機

コンクリート柱用です。無線式、自動判定機能付き!
柱内部の鉄筋の破断を非破壊で診断!

簡単な操作で、鉄筋破断の有無と位置が判ります。小型軽量、携帯・無線型なので、取扱いが容易です。測定結果はその場で確認できますが、測定データを保存して持ち帰り、パソコンでも表示できます。採取データから描かれる波形により、破断箇所を正確に特定できます。調査結果として、波形を出力することもできます。

機種名 鉄筋破断非破壊診断装置
型番 CPチェッカーM BT
メーカー名 四国総合研究所

REXのYoutubeへ

鉄筋破断非破壊診断装置 CPチェッカーM BT

特長

測定結果(健全と破断)の例

診断後はつりによる検証結果

磁気法

鉄筋が強磁性体であることを利用して、コンクリート表面から磁石で鉄筋を着磁します。 破断箇所では、磁束の乱れがあるので、それを磁気センサーで検出して破断の有無を診断します。

仕様

センサユニット

磁束密度検出範囲 ±200μT
電源 単三型電池×4
寸法 340mm×130mm×80mm
(アーム折り畳み時)
重量 940g(電池含む)
動作時間 連続8時間
検出結果 LED、ブザーによる簡易判定
通信方式 Bluetooth Spec Ver2.1+EDR(Class2)

レコーダユニット

寸法 152mm×76mm×24mm
重量 250g(電池含む)
動作時間 連続5時間
記録媒体 microSDカード
通信方式 Bluetooth Spec Ver2.1+EDR(Class1)

磁石ユニット

内蔵磁石 希土類永久磁石
寸法 77mm×57mm×16mm
(突起物、ハンドル別)
重量 290g

構成品

標準構成品 センサユニット(ストラップ付き)、センサユニット用充電池×8(eneloop/内4本はセンサユニットに実装済み)、充電池用充電器、レコーダーユニット(タッチペン付ストラップ有り)、レコーダーユニット用ケース、レコーダーユニット用ハンドベルト、レコーダーユニット用バッテリー×2(内1個はレコーダーユニット実装済み)、ACアダプタ(レコーダーユニット用/ACアダプタ、電源コード)、microSDカード(8GB/レコーダーユニット実装済み)、microSDカードリーダー、磁石ユニット(吊り紐付き)、磁石ユニット用シールドケース、継足しハンドル(シールドケース内)、取扱説明書、技術説明書、収納ケース(テストピース内蔵済み)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメコンクリート構造物診断機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
ストラクチャスキャン
SIR-3000

構造物内の鉄筋の評価、道路下の埋設管や空洞探査などの地中探査に最適

デジタル超音波探傷器 UI-25
超音波測定器エルソニック
ESI/P-10

コンクリートの強度測定、ひび割れ深さ測定、厚さ測定、内部欠陥の検出が可能

超音波探傷器 EPOCH4
シュミットテストハンマー
NR形

コンクリートを破壊することなくコンクリートの経年変化を調査可能

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンディサーチ
NJJ-105

密接鉄筋の探査に威力を発揮する、抜群の高分解能