口腔衛生検査システム アテイン mBA-400 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

口腔衛生検査システム アテイン mBA-400(タイヨウ):口臭測定器:安全衛生・放射線測定器


高信頼、簡易・小型のオーラルケア口臭検査システム。

アンモニアをはじめ、主に揮発性窒素化合物を測定する装置です。アテインによる検査とは、尿素で細菌を増幅することにより、口腔内の細菌数が最大になった状態を再現させ、細菌の活動性(細菌数)を判断することが可能です。

機種名 口腔衛生検査システム
アテイン
型番 mBA-400
メーカー名 タイヨウ
口腔衛生検査システム アテイン mBA-400

特長

口臭原因とされるアンモニアやインドールは、タンパク質が嫌気性菌により分解されて産生されます。
そこでアンモニア濃度を検出することにより細菌の活動性(細菌数)を判断することが可能となります。

  • 小型で軽量!
  • カンタン操作。ボタンは3つだけ。すべてワンタッチで操作できます。
  • すぐに結果が得られます。
  • 口臭の原因となる口腔内清浄度の指標になります。
  • 飲食内容や内科的要因などに影響を受けません。
  • 歯周病の治療評価にも適しています。
  • 較正が不要。センサー方式と違い、保守費用が不要。

測定手順

1. 尿素(水)負荷

アテインTMエイド(尿素200mg/水20ml)を口に含み30秒間念入りにリンスします。
(余分を吐き捨てます。)

2. インキュベーション

そのまま5分程度安静にして待ちます。
(この間、尿素がウレアーゼ活性菌によりアンモニアに分解されます。)

3. アンモニア測定

専用のアテインTMテスト(アンモニア検知管)で口腔内ガスを測ります。
(呈色長さに応じたアンモニア濃度を読み取ります。)

測定ガス

  • 尿素で増大された嫌気性菌が産出するアンモニア(ppm)

測定値

尿素(ウレアーゼ活性)により増幅されたアンモニア値(ppm)は、口腔内細菌量を示していることにより、口臭の強さと大体比例関係にあるとされており、以下のように評価します。

0 全く臭いを感じない
16 臭いを感じない
大阪歯科大学歯周病学講座における口臭有無の境界値
40 大体臭うようになる
60 常に臭う
60以上 常にかなり臭う

よくある質問

アテインを使用するときに何か注意点はありますか?

検査前には、ブラッシングを丁寧に行なって下さい。 食物残渣があるとアテイン値に影響しますので、 以下の注意が必要です。


  • 喫煙者は、検査から1時間以上前から禁煙してください。
  • 検査前2時間は、ミネラルウオーター以外を口に含まない。
  • 飲食は当然ですが、ガムやフレーバーも禁止です。
  • 洗口液、オーラルケアー(口臭対策)用スプレー、歯磨き剤等も検査前1時間は避けて下さい。

仕様

型式 mBA-400
測定ガス 口腔内ガス中のアンモニア(NH3)
測定時間 15秒(前処理に5分半)
検知方法 アンモニア検知管(1回測定ごとに交換)
測定範囲 0〜150ppm
電源 100VAC、50HZ/60HZ共用
外形寸法 W:140×H:290×D:155(mm)
本体質量 約4Kg

構成品

標準構成品 本体、電源コード、口腔ガス採取ホルダセット、アテインアダプタ(5個)、交換用マウスピース(5個)、アテインテスト(10個)、アテインエイド(2個)、計量カップ(5個)、検知管カッター、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ安全衛生測定機器関連レンタル商品

シンチレーションサーベイメータ TCS-172B IPLEX FX
シンチレーションサーベイメータ TCS-172B
エネルギー補償タイプのシンチレーションサーベイメータ

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
マルチ型ガス検知器
XP-302M-A-4

酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種のガスを同時測定・表示

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
硫化水素測定器
ToxiRAE Pro(H2S)

コストパフォーマンスに優れたメンテナンスフリーな個人用ガス検知器

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
リモートケーブルにより遠隔測定可能!本質安全防爆構造、ガス検知器