光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3431の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3431取扱説明書:粉塵計:大気環境測定器

簡易取扱説明書

1.測定条件
  • 測定時間1分間。
2.測定準備
1.付属のゴムキャップを吸引口にかぶせ感度チェックつまみを「ZERO」側に切り替えます。
「ZERO」側に切り替える  
2.電源スイッチを押し電源を入れ、モード選択スイッチでクリーニングを選択。START/STOPスイッチを押し、本体内部をクリーニングします(1〜2分放置)。
電源を入れる クリーニングを選択
3.クリーニングが終了すると本体側面のゼロランプが点灯します。点灯しない場合は更に10分以上クリーニングを行い、付属のマイクロドライバーでゼロ点調整ボリュームを回し、ゼロランプが点灯するように調整します。
ゼロランプ点灯 ゼロ点調整ボリューム
4.ゼロ点の確認後、感度チェックつまみを「FULL」に切り替え、モード選択スイッチで「CAL」を選択します。
「FULL」に切り替える  
5.START/STOPスイッチを押すと測定中のランプが点灯し、デジタル表示がカウントを開始します。
カウント開始  
6.1分後にカウントが終了しますので、その時のデジタル表示値と本体側面に記してある標準カウント数を確認します。
デジタル表示値 標準カウント数
7.デジタル表示値が標準カウント数の±5%以内であればOKです。±5%を超えるようであれば付属のマイクロドライバーで感度調整ボリュームを回し、START/STOPスイッチを押して標準カウント数±5%に入ることを確認します(標準カウント数±5%に入るまでこの動作を繰り返します)。
感度調整ボリュームを回す  
8.デジタル表示値が標準カウント数±5%以内に入れば感度チェックつまみを「ZERO」に切り替えます。
感度チェックつまみを「ZERO」に切り替える  
3.測定開始
1.ゴムキャップを吸引口から取り外し、本体側面のクリーニング空気口に差し込みます。
空気口に差し込む  
2.モード選択スイッチで1分を選択し、START/STOPスイッチを押して測定を開始します。
START/STOPスイッチを押す  
3.1分後、測定中のランプが消え、測定結果が表示されます。
測定結果  

ダウンロード

光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3431の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ大気環境測定器のレンタル商品

クリモマスター風速計 MODEL6531
クリモマスター風速計 MODEL6531
さまざまな用途に使えるオールマイティな熱式風速計

光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3442
光散乱式デジタル粉塵計
MODEL3442

作業環境における浮遊粉じんの測定に必要な機能とユーティリティを満載

パーティクルカウンター KC-52
パーティクルカウンター
KC-52

クリーンルームの清浄度計測に必要な粒子計測に特化したモデル

ホルムテクター XP-308B
ホルムテクター
XP-308B

文部科学省「学校環境衛生の基準」スクリーニング法適合品

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト