日影測定分析器 SunEye 210レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

日影測定分析器 SunEye 210(Solmetric):日照・日射測定器:太陽光発電測定器

太陽エネルギー実地調査で日影分析可能なソーラー測定器
太陽光発電システム施行前の発電量調査、ソーラーパネル検査の必需品!

魚眼レンズカメラ・電子コンパス・電子傾斜計・GPS搭載

太陽光発電システムを施工する前に、1回の撮影で、月間や年間日照時間を算出できます。 搭載されている魚眼レンズで周囲を撮影し実際に影が発生する位置を特定し年間の太陽軌跡から年間の日照時間を求められます。

機種名 日影測定分析器
型番 SunEye 210
メーカー名 Solmetric

海外では補助金申請認定器

商品名の取扱説明書
SunEye 210

特長

太陽電池を施工する前に年間発電量のシミュレーションができるので、発電や売電の試算を確実に行い、施工判断の決定にお役に立ちます。海外では、補助金申請のための日照量測定器の準器に認定されている、一定量の日射量が得られる事が補助金交付の条件となっている地域があります。

  • 使い方は簡単
  • GPS搭載
  • キーとタッチパネルで簡単片手操作 / タッチスクリーン
  • 早い測定結果出力
  • 丈夫で使いやすいデザイン
  • 魚眼レンズ搭載の2メガデジタルカメラ
  • 魚眼レンズカメラと処理ソフトウェアでオールインワン型
  • 世界中で2年間保障
  • 現地の緯度と軽度に基づく太陽軌跡をプロット
  • 年間、季節ごと、月間、15分ごとの影の影響を判断
  • 100以上の測定結果を本体に保管可能
  • パソコンにデータを転送して(USBケーブル)、パソコンでデータ確認できます。
  • 付属のソフトウェアで、レポート作成

日影測定分析器 SunEye 210について

お客様もその場で納得

お客様もその場で納得

測定は簡単

魚眼レンズカメラが画面にでます!

測定は簡単

結果は一目瞭然

測定ポイント

年間の日照割合が、月単位で表示されます。

グラフ

障害物量が、月単位で表示されます。

グラフ

全エリア

年間の日照割合が、月単位で表示されます。

グラフ

障害物量が、月単位で表示されます。

グラフ

Page Top

測定モード

実地調査現地の日照状況を撮影しながら年間の太陽軌跡をライブ表示
太陽軌跡ビュー現在の撮影画面に太陽軌跡を重ね書きをし日照割合を表示
範囲条件設定日照測定時間帯を指定して、日照割合を表示
日照量表示一年間の日照割合を棒グラフで表示

測定モード

仕様

装置仕様

カメラ部2メガピクセル 魚眼レンズ
表示部640×480pixcels VGA カラー液晶画面(タッチパネル付き)
使用温湿度範囲・0〜+45℃
・湿度 30〜85%RH(結露なきこと)
電源内蔵バッテリー(連続使用時間6時間)
筐体寸法(mm)W=100mm H=60mm D=220mm
質量約450g

認証

EMC 準拠:
FCC 第15 部、カナダ産業省 ICES-003、EN 61326-1、IEC 613326-1:
Bluetooth モデル ID 番号:TX FCC ID:ED9LMX9838, TX IC:1520A-LMX9838

安全性

UL/CSA 61010-1 に対してTUV Rheinland of N.A. よりNRTL/SCC 認定を取得
EN 61010-1 に対する CE 順守
IEC/EN 61010-1

Page Top

付属機器

PVデザイナー

SunEyeの測定データからモジュールの最適配置を算出

特徴

SunEyeで測定した日影データを基に、モジュールのレイアウトや日影を考慮した発電量の推定ができます。 任意の屋根形状を視覚化し、屋根領域の影の影響を視覚化しモジュールをドラッグアンドドロップで屋根に配置し、さまざまな配置を簡単に試すことができます。
ストリングを定義し、モジュール位置の調整を行い日照時間の最適な位置での陽光発電量がシミュレーションできます。 エネルギー生産量推定などの機能が揃っているので、インパクトの強い視覚資料を作成できます 拡張データベースからモジュールとインバータを選択する事で、発電容量に最適化や月間・日間平均・年間エネルギー出力を表示できます。

PVデザイナー

手順

屋根の測定 → SunEyeに保存 → PVデザイナーで解析 → 最適配置の設計 → エネルギー生産量推定や年間発電量の予測

屋根の測定 → SunEyeに保存 → PVデザイナーで解析 → 最適配置の設計 → エネルギー生産量推定や年間発電量の予測


使い方

■SunEyeを持って屋上の9点を測定します。 ■日射量を視覚化して、発電量をシュミレーション ■実際の施行結果

■SunEyeを持って屋上の9点を測定します。 ■日射量を視覚化して、発電量をシュミレーション ■実際の施行結果


パソコン画面操作方法

1、セッションブラウズから現場を選択そして「PV Designerを実行」をクリック 2、レイアウト面積の設定・モジュール配列作成

PVデザイナー1

PVデザイナー2

3、インバータの機種や台数を選択 4、モジュールの選択を行う

PVデザイナー3

PVデザイナー4

5、測定点情報をドラッグして、その位置に配置します 6、日射量表示をONにすると全体の日射量が色分け表示されます

PVデザイナー5

PVデザイナー6

7、色々な配置や枚数で発電量をシュミレーション比較する 8、インバータの限界チェックやプロパティを確認

PVデザイナー7

PVデザイナー8

詳細にご覧になるには、コチラからPVデザイナーのPDFファイルをダウンロードをお願い致します。

SunEye エクステンションキット

延長棒で高所の測定も安全で簡単

特徴

エクステンションキットを使用すると、地面から最高5.4m上空まで正確に測定する事が可能です。 手から離れたSunEyeは、日本語音声で状態を知らせます。

SunEye エクステンションキット

構成品

SunEye 210 本体、ACアダプタ、太陽電池データ管理ソフト、USBケーブル、エクステンションキット(ポール、台座、ネジ×4)、ライセンスシート、取扱説明書(日影測定分析器、シュミレータソフト)、収納ケース
SunEye エクステンションキット ポール、台座、ネジ×4
Page Top

Q & A / 製品の説明・特長をQ&Aでご説明します。

Q1 この製品は、どんなとき使用するのですか?

A1 SunEye210は、測定場所の1年間の太陽の日照量を測定します。こんなとき有効です。

太陽光発電や太陽熱温水器システムの設計と設置
住宅の新築・リフォーム時の日照調査
・日照調査により、構造物の方位を最適化できます。
景観・造園設計および景観・造園設計のデータ収集
・1年間の日照量を考慮した、景観の造園を設計できます。

Q2 米国製と聞きましたが、販売実績は?

A2 SunEye210は、米国で2年、ヨーロッパで1年の販売実績が あります。米国では、補助金申請の提出データ作成測定器として使用 されています。1万台の販売実績があります。

Q3 他社の「太陽光発電シミレータソフト」との違いは?

A3 設置場所の魚眼カメラの映像から障害物を考慮した日射状況を取得します。設置場所の複数の測定データより正確な日射状態と日射量を知る事ができます。月単位の1年間の日射量グラフが得られます。分析ソフトウェア[PVデザイナー]によって影図も作成や発電量の算出ができます。

Q4 測定の方法を知りたい。

A4 測定場所を設定します。魚眼レンズカメラで測定場所の状況を測定します。SunEye210の中では、測定場所の太陽の軌跡が入っており、 1年間の日射量が得られます。影がなく、日射状況が良いとき月単位の 棒グラフが、100%になります。

Q5 測定は難しいですか?

A5 測定前に、場所の設定をします。3つの方法があります。
@世界の測定ポイントを選択できます。
AGPSによる自動設定。
B緯度・経度を設定します。
SunEye210を真南に向け、水平にして測定ボタンをおします。

Q6 SunEye210を真南、水平にする方法は?

A6 電子コンパスが表示されます。SunEye210を回転して矢印が真上を指せば、真南です。水平は、電子水準器が表示されます。丸が中央に表示されれば、水平です。

Q7 設置場所の魚眼画像でどんな結果が得られますか?

A7 4つの結果が得られます。
@ 魚眼レンズで取得した画像。
A 障害物
B1日日射状況
C 月単位の1年間の日射グラフ

Q8 測定ポイントを決める注意はありますか?

A8 例えば、太陽光発電では、4隅とその間を3mから5m位で測定します。

Q9 複数測定したデータは、処理は?

A9 複数の測定ポイントの日射量データの平均の日射量が、月単位の1年間グラフとして表示されます。

Q10 太陽光発電の設置場所での発電量を知るには?

A10 SunEye210で測定した日射量から、発電量を求めるソフトウェア「PVデザイナー」を使用します。

Q11 簡単な「PVデザイナー」使用方法は?

A11 SunEye210と「PVデザイナー」の入ったPCをUSB接続します。「PVデザイナー」で太陽電池モジュールのメーカ・型名・枚数などを設定し、月単位の年間発電量を算出します。

Q12 太陽電池のメーカ・製品検討はできますか?

A12 複数の検討をデザイン名をつけて設計できます。各デザインの検討結果は発電量グラフで同時表示され比較検討できます。

よくある質問

メガソーラーの施工前のシミュレーションにも使用できますか?

機器本体の写真撮影のみで日陰の有無や、日照量はわかりますが、その情報から発電量への換算には付属のソフトを用いる必要があります。
こちらのソフトは100uまでしか対応していませんので、メガソーラーのような大きな規模での使用には向きません。


計測の際に天候は影響しますか?

こちらの機器は、基本的には晴れた状態で計測するものです。
ただし、取ったデータをPCに取り込んだ際に小さな雲など不要な部分を消去することも可能です。
雨や雪、厚い雲が出ている場合などは その機能を十分にお使いいただけませんのでご注意ください。


ダウンロード

日影測定分析器 SunEye 210のクイックマニュアル・機能ガイダンスは以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ太陽光発電測定器のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
メガソーラーIVカーブトレーサー PVPM 1000CX
太陽電池モジュールのI-Vカーブトレーサとピーク電力測定

デジタル超音波探傷器 UI-25
パワーコンディショナー評価テスター SOLAR300N
日本非破壊検査協会など各種協会認定試験への持込対応機種

超音波探傷器 EPOCH4
太陽光発電 発電量チェッカー I-V400
太陽電池の性能評価
電流−電圧出力特性を測定

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
日影測定分析器
SunEye 210

太陽エネルギー実地調査で日影分析可能な測定器