GPS対応型精密音響測深機 TDM-9000A レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

GPS対応型精密音響測深機 TDM-9000A(タマヤ計測システム):音響測深機:水文観測測定機器

階調表示、ステップ式紙送り速度、縮尺の追加など、記録部の性能が向上し、より使いやすくなりました。また、GPS測量機との同期性もアップし、GPS深浅測量向きです。

こちらの製品は、取扱い終了致しました。
代替機種は精密音響測深機 TDM-BVです。

※他に、後継機種として「GPS対応型精密音響測深機 TDM-9000B」、「GPS対応型精密音響測深機 TDM-BU-F」もございます。

機種名 GPS対応型精密音響測深機
型番 TDM-9000A
メーカー名 タマヤ計測システム
GPS対応型精密音響測深機 TDM-9000A

音響測深機に関するよくある質問はこちら

特長

サーマルヘッド記録部と感熱記録紙を組み合わせた静止機構

  • 従来のペンモーターを要する回転機構とは異なり、慣性の影響による記録の変動が皆無です。
  • 同期誤差は発生しません。

小型・軽量(5kg)

  • バッテリー装着時7kg。

低消費電力

  • 内蔵バッテリーで連続6時間稼動が可能。
  • 自動車バッテリー(36AH)を使用した場合、連続約40時間稼動します。

自動感度調整

  • µComの制御により、感度調整が自動になりました(手動調整も可能です)。

記録紙上に印字

  • 記録紙上に水深値、音速補正値、時刻、縮尺などが必要に応じて印刷できます。

LCD表示部に測深時の情報が表示

  • 時刻、水深値、レンジ、音速補正値、吃水値、深度値を表示。
  • 現場で設定した設定値がそのまま保存可能です。したがって電源を切っても元の設定値のままで再開可能です。

記録の解読性が向上

  • 記録紙に1m 、100m (1/100縮尺時)の目盛線が印字されますので、記録の読み取りが楽になりました。
  • 階調費用時可能の記録方式を採用しておりますので、反射の強弱が表示可能です。

外部出力

  • 外部に水深情報のデータを出力できます。
  • RS-232Cインターフェースを装備しています。
  • 外部パソコンから記録紙上にマーク印字可能です。

自動シフト/手動シフト

  • 自動シフトの場合、シフトが切り替わる毎にシフト範囲が記録紙に印字されます。したがって、記録紙幅の大小を感じさせません。

時計機能

  • 定期的に時間マークを印字、外部出力ができます。

記録紙装置の自動化

  • 記録紙をプリンタに挿入する場合、従来はリリースアームをあげて記録紙を入れていましたが、本気では主電源をオンにしてリリースアームは降ろしたままで記録紙を入れますと、自動で記録紙を巻き込みます。

音速補正

  • バーチェック時に分かった設定深度の音速補正値を本調査前に本機に登録しておけば、その値で自動的に音速補正して、記録していきます。

アナログ岐路させながら同時に測深値が読み取れます

  • 測深値は、LCD5桁で表示されます。
  • 記録部を動作させなくても水深が読み取れます。
  • 記録部停止時にも水深値はRS-232Cにて外部出力されます。

こちらの製品は、取扱い終了致しました。
代替機種は精密音響測深機 TDM-BVです。

GPS深浅測量

RTK(リアルタイム・キネマティック)・DGPS(ビーコン使用)による計測を時刻同調させ、移動観測点の連続測量をパソコン画面にリアルタイムに表示させ、自動カットマーク・逆打(誘導)を容易にしました。

GPS+TDM9000A構成図

仕様

型式 TDM-9000A
レンジ
(50%の場合)
1/100 0-10m、5-15m、10-20m、15-25m、20-30m、25-35m、30-40m、35-45m、40-50m、45-50m、50-60m、55-65m、60-70m、65-75m、70-80m、75-85m、80-90m、85-95m、90-100m
1/200 0-20m、10-30m、20-40m、30-50、40-60m、50-70m、60-80m、70-90m、80-100m、90-110m、100-120m
記録縮尺 1/100 1/200 1/500
シフト 自動シフト(手動シフト可能)
自動シフト
(50%〜90% 10%づつ可変)
50% 0-10 5-15 10-20 15-25
60% 0-10 6-16 12-22 18-28
70% 0-10 7-17 14-24 21-31
80% 0-10 8-18 16-26 24-34
90% 0-10 9-19 18-28 27-37
測定範囲 アナログ:送受波器下から0.65〜120m(平坦時)
デジタル:送受波器下から1.00〜120m(平坦時)
測定精度 ±2cm±水深×1/1000
記録方式 直線記録 メモリー方式
記録階調 10階調
記録紙 感熱記録紙(サーマル式)幅112mm×長さ25m
紙送り速度 15、30、45、60、90、120、240、360mm/分
目盛り線 10cm、1m(1/100縮尺時)
送受信周波数 200KHz±3KHz
送受波器の指向角 半減全角 約6度
感度調整 自動調整(手動調整可能)
音速補正 1400〜1599m/sに対し、1mステップ切り替え
吃水調整範囲 0.0〜9.9m
記録紙上印字出力 水深値、音速補正値、時刻、縮尺等印字可能
深度出力 RS-232C 連続、4800BAU 8BIT STOPBIT2
LCD表示部 時刻、水深値、レンジ、音速補正値、吃水値、感度値
深度出力 RS-232C 連続、4800BAU 8BIT STOPBIT2
使用電源 DC12V
使用時間 連続6時間
外形寸法 363W×256H×120Dmm
重量 7kg(バッテリー内蔵)

構成品

標準構成品 本体、舷側金具、リモートマーカー、充電器、外部バッテリーコード、六角レンチ、予備記録紙、送受波器、送受波器収納袋、チェックバー、データ転送ケーブル(RS-232Cケーブル)、収納ケース、取扱説明書

GPS対応型精密音響測深機TDM-9000A:タマヤ

  • (1)送受波器 タマヤ送受波器はバーが二つ折りになるので収納が簡単です。ライトバン・乗用車に無理なく収まり、スペースを取りません。
  • (2)(4)舷側金具 タマヤ舷側金具は、ほとんどの小型船舶の舷側に合うように設計されています。ボルト2本で簡単に取り付けができます。
  • (3)チェックバー タマヤチェックバーは、「バーチェック法」により、音速補正値を算出するときに使用します。

オプション品

オプション 深浅ソフト搭載型データコレクター(TDC-9AG)

こちらの製品は、取扱い終了致しました。
代替機種は精密音響測深機 TDM-BVです。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水文観測測定機器の関連商品はこちら

深度センサーと水温センサーが装備しているので、測定水深が確認できるほか、水温の鉛直プロファイル測定としても利用できる直読式電磁流向流速計 AEM213-D(JFEアドバンテック)

河川調査用のデジタル式プライス流速計 KCD2/UCM1(神山製作所)。円錐状カップの回転に検定の係数をかけて、平均流速をデジタル表示。

水位と雨量を同時に測定するためのEメール式水位・雨量測定装置 KADEC21-MIZU-N2(ノースワン)

見やすいデジタル深度表示モニターが追加したGPS対応型精密音響測深機 TDM-9000B(タマヤ計測システム)

リアルタイムに船舶の航跡・水深断面図をパソコン画面に表示するとともに、データを記録するRTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO(アカサカテック)