RTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

RTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO(アカサカテック):GNSS深浅測量:水文観測測定機器

GPSからの位置データと音響測深機からの測深データを同期・合成して、リアルタイムに船舶の航跡・水深断面図をパソコン画面に表示するとともに、データを記録します。
2周波GPSのRTK-OTF機能を利用すれば、瞬時に潮位補正を行うことができるので事務所に戻ってからの潮位補正などの後処理が必要なくなります。

機種名 RTKGPS深浅測量システム
型番 GPMate-ECHO
メーカー名 アカサカテック

GPMate-ECHO

RTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO

概要

リアルタイムGPS深浅測量システムは、精密測量用GPSのリアルタイム・キネマティック(RTK)・オンザフライ(OTF)による計測値 X/ Y/Z と、超音波測深機による測深値とを時刻同期させ、後処理解析なしに、移動側観測点の連続測量をリアルタイムに行い、ノート型パソコンなどに三次元デー タを記録・表示するシステムです。

固定点側では、座標が既知の点にGPSを設置し、GPS観測データを無線送信機を介して移動側に向けて連続送信します。

移動側では、移動側 GPS が自身の観測データと無線受信機で受信した固定点データとを使って瞬時に解析計算を行い、精度2cm以内で得られた結果の座標に超音波測深機による計測値を合 成し1秒に1回ずつパソコンなどに出力します。

パソコン上のソフトウェアは、GPSから得られた座標データを公共座標・ローカル座標などに変換して画面にグラフィック表示するとともに、データ記録・過去のデータの再現表示・GPS 自動設定・任意の座標変換計算・GPS遠隔操作などを行います。

GPS受信機には NMEA対応機種であればメーカーを問わずご使用できます。

DGPS構成図

DGPS構成図

RTK-GPS構成図

RTK-GPS構成図

RTK潮位補正

基地局の座標高さをTPの高さで設定して、DL(0m)からの水深値を計測する場合、基地局からの相対関係で現在の移動局アンテナの高さ「A」がGPS測位により計測できます。

アンテナから水面までの高さ「B」をアプリケーションに入力(オフセット)することにより、現在水面の高さ「C」が算出されます。

現在水面の高さ「C」は、TPでの高さなので、水面からTP(0m)までの高さ「D」を算出できます。

測深器の測深値「F」から水面からTPまでの高さ「D」を引けばTP(0m)からの深さを知ることができます。

DL(0m)からの深さを記録するには、さらに、TP(0m)からDL(0m)までの高さをアプリケーションに入力(オフセット)することにより、DL(0m)からの水深値が求めることができます。

RTK潮位補正

特長

測定(一般)
GPS データ及び測深機データの表示・記録など深浅測量作業時に使用します。
測定(測線)
計画測線に沿った深浅測量作業時に使用します。あらかじめ登録した測線が画面に表示されますので、画面上の測線に沿って測量船を走行させることにより、効率のよい作業が可能です。
逆打ち(誘導)
あらかじめ座標を登録した目標点との相対関係が画面に表示されますので、画面を見ながら目標点に到達できます。
記録再現
記録されている過去のデータを測定点と同じようにグラフィック表示します。
GPS自動設定(固定局・移動局)
測量時に行うGPSの設定を、キー操作のかわりにRS-232Cケーブルを通してソフトが自動的に遠隔操作で行います。
測線登録
計画測線のデータをX・Y座標で登録し、画面に簡単な現場見取り図を表示します。
逆打ち点登録
逆打ち点のX・Y座標を登録します。
座標変換
WGS-84・東京データム・公共座標・ローカル座標の相互の座標変換計算をします。

※GPS自動設定対応機種メーカー:ライカ・ノバテル・トリンブル・CSI・RS232C 入出力機種

用途

  • 海岸・航路・河川・ダムなどの深浅測量(測線連続)。
  • 浚渫前の現況深浅測量(測線連続)。
  • 浚渫範囲の旗入れ場所の位置出し(逆打ち単点)。
  • 浚渫後の確認深浅測量(測線連続)。
  • 漁礁投入前の旗入れ場所の位置出し(逆打ち単点)。
  • 漁礁投入の位置出しと記録(逆打ち単点または一般単点)。
  • 漁礁投入後の確認深浅測量(測線連続)。
  • 浮標灯投入の位置出しと記録(逆打ち単点)。
  • ダム・河口などの堆積土量を出すための深浅測量(測線連続、または、一般連続)。

仕様

動作環境 OS:Windows98、2000、ME、XP
CPU:PentiumIII 500MHz 以上
メモリー:128MB 以上(2000、XPの場合は 256MB 以上)
RS-232C:2ポート(GPS・測深機用)
推奨動作環境 ・サブノート型またはタッチパネル型の小型軽量パソコン
測深器: 測深データをデジタルデータとして外部出力が可能な機種(メーカーは問いません)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水文観測測定機器の関連商品はこちら

深度センサーと水温センサーが装備しているので、測定水深が確認できるほか、水温の鉛直プロファイル測定としても利用できる直読式電磁流向流速計 AEM213-D(JFEアドバンテック)

河川調査用のデジタル式プライス流速計 KCD2/UCM1(神山製作所)。円錐状カップの回転に検定の係数をかけて、平均流速をデジタル表示。

水位と雨量を同時に測定するためのEメール式水位・雨量測定装置 KADEC21-MIZU-N2(ノースワン)

見やすいデジタル深度表示モニターが追加したGPS対応型精密音響測深機 TDM-9000B(タマヤ計測システム)

リアルタイムに船舶の航跡・水深断面図をパソコン画面に表示するとともに、データを記録するRTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO(アカサカテック)