油分濃度計 OCMA-305 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

油分濃度計 OCMA-305(堀場製作所):油分濃度計:水質測定器・土壌測定器

水または海水中の油分濃度を測定する、コンパクトな自動油分濃度計です。スイッチを押すだけで、サンプル中の油分抽出から測定・排液までを自動で実行します。サンプル中の油分を安全性にすぐれた抽出溶媒H-997に抽出し、赤外線分析計でその含有量を測定します。0〜200mg/Lのダイナミックレンジの採用で、低濃度測定から高濃度測定まで、レンジの切り換えなしで可能です。工場や下水処理場、また河川水や海洋水での油分測定が簡単に、スピーディーに行えます。

機種名 油分濃度計
型番 OCMA-305
メーカー名 堀場製作所

REXのYoutubeへ

油分濃度計 OCMA-305

特長

スイッチひとつで、油分の抽出から測定、排液まで自動実行

マイコン搭載により、試料水の注入後、「START」ボタンを押すだけで、油分の抽出・測定・排液まで自動で実行。排出弁の開閉など、面倒な操作がなく、測定のスピードアップが図れます。

レンジ切り替え不要の0〜200mg/Lダイナミックレンジ

0〜200mg/Lのダイナミックレンジの採用で、低濃度測定から高濃度測定まで、レンジの切り替えなしで可能。高精度な測定を、より迅速に行うことができます。

安全性にすぐれた抽出溶媒H-997に油分を抽出

OCMA-300は、試料水中の油分を溶媒H-997に抽出し、赤外線分析計でその含有量を測定する赤外線吸収法を採用しています。

安全性にすぐれた抽出溶媒H-997に油分を抽出

抽出媒体S-316との抽出効率の比較試験において、各油種にて同等の抽出効率を有しています。

S-316とH-997の抽出効率比較(測定機種:OCMA-300/OCMA-305)

S-316とH-997の抽出効率比較(測定機種:OCMA-300/OCMA-305)
メーカー試験例結果による(校正液B重油100mg/Lにて

見やすいデジタル表示で、読み取り誤差を追放

見やすいデジタル表示で、読み取り誤差を追放

測定値用の表示にはバックライト付LCDを採用。最小単位0.1mg/Lまで見やすく、はっきりと表示し、アナログ表示のような個人による読取誤差がありません。


装置の動作状況やエラー内容などを日本語表示

装置の動作状況やエラー内容などを日本語表示

新たにメッセージ表示部を標準装備。操作方法やアラームの案内、動作モードの表示など各種メッセージを表示することで、作業の高効率化を実現しています。


独自の専用シリンジで試料水・溶媒を完全に定量化

独自の専用シリンジで試料水・溶媒を完全に定量化

試料水・抽出溶媒を完全に定量化すると共に、手の脂の付着などによる測定誤差をなくすために、独自の専用シリンジを用意。また、試料水と溶媒の比率を2:1に固定し、測定レンジごとの操作を単純化。誰にでも迅速・正確な測定が可能です。


最大50件までデータメモリーが可能

検体番号や測定年月日・時分、測定結果などの情報は最大50検体までボタン一つで保存・呼び出しできます。

RS-232C、セントロニクスインターフェースを標準装備

RS-232C、セントロニクスインターフェイスを標準装備

お手持ちのパソコンやプリンターに、測定結果を出力できます。


撹拌羽根をビルと因子、抽出時間は10秒ごとに設定可能

RS-232C、セントロニクスインターフェイスを標準装備

抽出槽に独自の撹拌羽根を採用。「START」ボタンを押すだけで、強力に回転撹拌・混合を行います。また、試料水に合わせて油分の抽出時間を最小10秒から10分まで10秒刻みで設定が可能。より幅広い測定と抽出時間の統一による正確な測定を実現します。


50/60Hz電源周波数を共通化

抽出器と赤外線分析計のチョッパに直流モーターを採用していますので、電源周波数を選ばす、全国どこで使っても測定結果は変わりません。

このほかにもHORIBA独自の高機能・高性能を標準装備

ロータリーバブルの採用で、手動によるり弁の開閉が不要
排出弁にはロータリーバルブを採用。これまでのように弁の開閉を手動で行う必要がありません。
ゼロ、スパン校正の自動化で校正の手間を一層
校正作業をすべて自動化することで、校正作業の大幅な省力化を可能にしました。
測定値の安定度を装置が自動判断する測定安定値表示機能を装備
独自の演算処理機能により、測定値の安定した状態を装置が自動判断し、ホールド。常に安定したデータが得られます。
測定異常や装置異常を表示する自己診断機能を装備
測定時の異常や光源の劣化、モータや液送異常、電機系統の異常など各種異常をランプとメッセージで素早くお知らせ。高い信頼性を実現しています。
Page Top

用途

  • 各種工場廃水中の油分測定。
  • 下水処理工場の排水中の油分測定。
  • ワーク表面の残留油分の評価・管理。
  • 自動車整備工場やガソリンスタンドからの排水中の油分測定。
  • タンカーにおけるバラスト水、ビルジ排水などの排水監視。
  • 環境基準に基づいた環境調査。
  • 廃油処理施設での排水中の油分測定と油水分離装置の性能確認。
  • タンカーや石油化学工場における事故発生時の油分拡散調査。
  • 原油・石油基地における貯蔵タンクの洗浄排水の水質監視。
  • 研究室・実験室での油分濃度測定。

仕様

測定範囲 0〜200mg/Lダイナミックレンジ
表示分解能 0.1mg/L(0.0〜99.9mg/L)
1mg/L(100〜200mg/L)
測定方法 H-997抽出非分散赤外線吸収法
測定対象 水または海水中の油分
表示方式 バックライト付きLCD(測定値用)、バックライト付きキャラクター表示LCD(メッセージ表示用)
再現性 0〜9.9mg/L:±0.2mg/L±1digit
10.0〜99.9mg/L:±2mg/L±1digit
100〜200mg/L:±4mg/L±1digit
所要量 10ml(溶液)、20ml(試料水)
抽出溶媒 H-997(H-997以外の溶媒は使用しないでください)
外部出力 セントロニクス出力(プリンター用)、RC-232C
※プリンターにつきましては、市販のセントロニクス規格のプリンターが使用できます。(推奨プリンタ:セイコー電子製DPU-H245AP-A03A(パラレル)
周囲温度 0〜+40℃
電源 AC100〜240V(50/60Hz)消費電力:約80VA(AC100V時)、約120VA(AC120V時)
寸法 200(W)×315(D)×342(H)mm
重量 約7kg

※正確な測定のために
乳化剤や洗剤等の界面活性剤を含むサンプルを測定する際は、必ず本装置外部で溶媒に油分を抽出し、水を分離する必要があります。

構成品

標準構成品 本体、計量シリンジ(抽出溶媒用)、計量シリンジ(試料用)、マイクロシリンジ、スポイト、OCB混合標準物質、フィルタエレメント、電源ケーブル、2P-3P変換アダプター 、収納ケース、取扱説明書×2
その他付属品 ビーカー×4、ロート、ろ紙、メスフラスコ、油分抽出溶媒

オプション品

溶媒再生器 本体、活性炭(500g)、活性アルミナ(90g)、水分離槽、活性炭槽、アルミナ槽、水分離フィルタ、活性炭フィルタ、Oリング、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水質測定器・土壌測定器の関連商品はこちら

中濃度測定用、高濃度測定用の2つの濁度センサを装備したメモリー式濁度計で、 水温、深度センサーも標準装備の小型メモリー濁度計 INFINITY-Turbi(JFEアドバンテック)

本体、電極ともに画期的な防水構造を採用したpH/ORP計 D-52S(堀場製作所)です。 pH電極は水深1メートル(30分以内)までの没水測定が可能です。

水または海水中の油分濃度を測定する、コンパクトな油分濃度計 OCMA-305(堀場製作所)です。

水質測定項目の分析ソフトがプログラミング化されており、現場での水質測定に最適な迅速水質分析計 DR890(ハック社)。測定項目は90種類が用意されています。

海草などの生育環境調査のため、水中の光量子量を測定する小型メモリー光量子計 Compact-LTD(JFEアドバンテック)です。深度・水温も同時測定可能で、長時間記録ができます。