土壌中有害物質迅速測定セット CheckBoy SOIL(セントラル科学)レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

土壌中有害物質迅速測定セット CheckBoy SOIL(セントラル科学):土壌汚染測定器:水質測定器・土壌測定器

汚染物質を現場で、短時間で、誰でも分析が可能です。「前処理キット」と「水質分析計DR2800 」で構成されたセット品であり、公定法で約2週間かかる土壌汚染物質の分析を現場で簡単に、その日の内に行うことができます。また、セットされている測定器は、重金属などの土壌汚染物質だけでなく、240種類の成分の分析を迅速、簡単に行えるので広範囲に利用できる水質測定器です。

機種名 土壌中有害物質迅速測定セット
型番 CheckBoy SOIL
メーカー名 セントラル科学

吸光光度式測定器

土壌中有害物質迅速測定セット CheckBoy SOILの取扱説明書
前処理キット

※測定には試薬(販売品)が別途必要となります。
レックスでご用意いたしますので、レンタルの際にお問い合せください。

特長

  • 汚染物質を現場で、短時間で、誰でも分析が可能。
  • 選定項目は、六価クロム含有量・フッ素含有量・ホウ素溶出量・シアン溶出量(東京都環境局)。

用途

  • 明らかに汚染していないことの確認。
  • 高濃度地点の探索。
  • 公定法調査実施地点の絞り込み。
  • 浄化対策工事における施行管理や搬出入土壌の品質管理。

土壌汚染対策に有効

重金属等(六価クロム・フッソ素、ホウ素、シアンなど)の土壌汚染対策では、汚染物質の分析や汚染された土地の処理等の浄化対策に高額な費用が必要となります。このため、汚染物質の分析費用の低減化、調査期間の短縮化をはかるため、適宜、公定法と組合わせた簡易分析法の活用が非常に有効です。

土壌汚染対策に有効

分析方法

分析方法

Page Top

簡易分析法の採用例

簡易分析法の採用例

東京都環境確保条例に基づき実施される土壌汚染の調査方法

東京都では、平成17年度から土壌汚染対策における調査費用の低減化・分析時間の短縮化を図ることを目的として、重金属などを対象に、簡易迅速で優良な13の分析法を選定しています。土壌中有害物質迅速測定セット CheckBoy SOILは、この分析法の技術に選定されております。

構成品

標準構成品 2.7μmガラス繊維ろ紙、0.45μmメンブランフィルター、粗ろ過用ろ紙、安全用具(安全用具)、土壌採取用スコップ、広口ポリビン×6、ふるい、電子天秤(電子天秤)、TPXメスシリンダー(50ml)×2、粉砕用具(ボール・ポテトマッシャー)、シリンジ(30ml)×2、マイクロピペットリファレンス(1000μL)、ピペットチップ(1箱96本入)、デジタルタイマー、ピンセット、ポリ洗浄ビン(500ml)、ロート(90mmφ)、廃液用ポリタンク(5L)、プラスチックケース×2、計量スプーン、ステンレスバット、洗浄ブラシ、ろ紙ホルダー(2個入り)、測定試薬No,1〜No,3(1L)、測定試薬No,4(500g)、pH試験紙ユニバーサル(1〜11pH)、収納ケース、取扱説明書

※測定には試薬(販売品)が別途必要となります。
レックスでご用意いたしますので、レンタルの際にお問い合せください。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水質測定器・土壌測定器の関連商品はこちら

中濃度測定用、高濃度測定用の2つの濁度センサを装備したメモリー式濁度計で、 水温、深度センサーも標準装備の小型メモリー濁度計 INFINITY-Turbi(JFEアドバンテック)

本体、電極ともに画期的な防水構造を採用したpH/ORP計 D-52S(堀場製作所)です。 pH電極は水深1メートル(30分以内)までの没水測定が可能です。

水または海水中の油分濃度を測定する、コンパクトな油分濃度計 OCMA-305(堀場製作所)です。

水質測定項目の分析ソフトがプログラミング化されており、現場での水質測定に最適な迅速水質分析計 DR890(ハック社)。測定項目は90種類が用意されています。

海草などの生育環境調査のため、水中の光量子量を測定する小型メモリー光量子計 Compact-LTD(JFEアドバンテック)です。深度・水温も同時測定可能で、長時間記録ができます。