コンクリートモルタルALC水分計 HI-520 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

コンクリートモルタルALC水分計 HI-520(ケット科学研究所):コンクリートモルタル水分計:水分計

高周波容量方式のハンディ型水分計です。あらかじめダイアルをセットして測定箇所に軽く押し当てるだけで測定できます。自動的に補正、演算が行われ人工軽量骨材コンクリート・石膏ボード・モルタル・コンクリート・ALCモルタルなどの水分を迅速にデジタル表示します。軽量・小型なので、測定場所を選びません。

機種名 コンクリートモルタルALC水分計
型番 HI-520
メーカー名 ケット科学研究所
コンクリートモルタルALC水分計 HI-520の取扱説明書

REXのYoutubeへ

コンクリートモルタルALC水分計 HI-520

特長

  • 水分管理用機器としてお使いください。
  • どんな現場でもOK!片手で測定できるハンディタイプ。
  • 下地が乾かないうちに、上塗り、Pタイルの床張、クロス張、防水施工などを行うと、変色または、はく離などが起こるおそれがあります。このような問題は水分計を用いて乾燥度を確認してから施工すれば防げます。
  • 小型・軽量のハンディタイプのため現場を選びません。測定箇所に軽く押し当てるだけで、誰にでも簡単に測定できます。
  • アラーム機能を備えていますので設定値以上の水分が検出されますとアラームがお知らせします。
  • ホールド機能を備えていますので、1度、表示された値は本器を測定物から離してもそのままホールドされます。
  • 温度補正・厚さ補正機能を備えていますので、あらかじめダイヤル設定することにより信頼性の高い水分値が得られます。

※打設中のコンクリートの水分は測定できません。コンクリートが固まった状態で測定してください。

仕様

測定原理 高周波容量式(20MHz)
測定対象 人工軽量骨材コンクリート・石膏ボード・モルタル・コンクリート・ALCモルタル
測定範囲 人工軽量骨材コンクリート:0〜23%
石膏ボード:0〜50%
コンクリート:0〜12%
モルタル:0〜15%
ALC:0〜100%
補正機構 厚さ:10〜40mm
温度:自動(0〜40℃)、手動(0〜70℃)
表示 LCDによるデジタル表示
アラーム設定 定値以上の水分値のとき、ブザーにて報知
電源 9V形乾電池×1(0006P)
寸法 56(W)×130(D)×110(H)mm
重量 約300g(電池含まず)

構成品

標準構成品 本体、マイナスドライバー、9V形乾電池×1、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水分計の関連商品はこちら

乾燥による質量変化量を自動チェックし、乾燥終了を判断するので、正確かつ迅速な測定ができる赤外線水分計 FD-720(ケット科学研究所)

高周波式で、木材表面を傷つけることなく軽く押し当てるだけで測定できる小型・軽量の木材水分計 HM-520(ケット科学研究所)です。

あらかじめダイアルをセットして測定箇所に軽く押し当てるだけで測定できる高周波容量方式のコンクリートモルタルALC水分計 HI-520(ケット科学研究所)です。