デジタルプラニメーター PLANIX5000取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

デジタルプラニメーター PLANIX5000取扱説明書:プラニメーター:測量機

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種はデジタルプラニメーター SuperPLANIXαです。

PLANIX5000は、全く新しいメカニズムと内蔵コンピューターにより測定図形の座標を検出し、瞬時に面積・線長を測定してデジタル表示する革新的な図形測定器です。直線図形はポイントモード機能により、各頂点をプロットするだけで面積・線長が同時測定され、曲線図形はストリームモード機能により、面積・線長が同時に求められます。さらに四則計算機能、メモリー機能、線分解能0.05mmの高精度など数々の先進機能を備えています。

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種はデジタルプラニメーター SuperPLANIXαです。

機種名 デジタルプラニメーター
型番 PLANIX5000
メーカー名 タマヤ計測システム
デジタルプラニメーター PLANIX5000の詳細を見る 
デジタルプラニメーターPLANIX5000

簡易取扱説明書

I.測定の準備
  1)図面などをよく伸ばし、ローラー軸とトレーサーアームが直角になるようにおき、測定する図形のほぼ中止にトレーサーをセットします。
2)【ON/ CE・C】を押すと電源ONになりブザー音が発生します。
アームストッパーをはずしトレサーアーム軽ると自動的に設定され測定可能状態になります。
3)単位・縮尺の選択
II.測定
図形の測定 ポイントモードの場合 直線図形の頂点の1つを測定スタート点とし、トレサーレンズの中心をその点にあわせます。
左手で【START/PL07】キーを押し次の測点ヘトレースポイントを移動し【START/PL07】キーを押す
ストリームモードの場合 曲線の任意の1点に印をつけ、測定スタート点としてトレースポイントをあわせます。
左手で【START/PL07】キーをおし時計まわりに曲線をトレースしていきます。
測定終了後、面積・体積の計算もできます

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種はデジタルプラニメーター SuperPLANIXαです。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


測量機の関連商品はこちら

1人で誰でも簡単に素早く杭打ちができる!杭ナビ LN-100(トプコン)

2級Aトータルステーション、ノンプリズムトータルステーション ES-105F(トプコン)

最小読取値5″読取方式液晶デジタルの電子デジタルセオドライト DT5AS【5】(ソキア)

厳しい現場環境で磨かれた卓越した信頼性と耐久性を誇る優れた操作性のオートレベルオートレベル AT-B2(トプコン)

圧倒的な「高速」、「高精度」、「高機能」で墨出しを確信した自動整準ラインレーザー LX442(ソキア)