半導体レーザー照準器 EB500R取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

半導体レーザー照準器 EB500R 取扱説明書:レーザー照準器:測量機

可視光半導体レーザーを使用して、トンネル工事・配管工事・暗渠工事・土木工事の正確な基準線・基準面の設定が簡単にできるレーザー照準器です。

機種名 半導体レーザー照準器
型番 EB500R
メーカー名 イーベース
半導体レーザー照準器 EB500Rの詳細を見る
半導体レーザー照準器 EB500R

簡易取扱説明書

  • 本体を架台(三脚など)に載せ円形気泡管により水平に固定します。
  • ティルティングツマミを0に位置にし棒状気泡管で、XY方向の整準を整準ネジにより行います
  • 電源スイッチが OFFであることを確認しAC電源ケーブルを接続します
  • 電源スイッチをONにするとレーザー光が発振され、レーザーの赤い光がコリメーターレンズ先端より射出されます
  • レーザー合焦ツマミによりレーザー光のスポットが最小になるようにします
    ※スイッチをONにしてレーザー光が発振するまで十秒程時間がかかることがあります
  • 傾斜視準をする場合ティルトツマミを左右に回転しますと傾斜設定できます
  • ティルト目盛りは、最小目盛(0.05%)、最大傾斜範囲は(±3%)となっています

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


測量機の関連商品はこちら

1人で誰でも簡単に素早く杭打ちができる!杭ナビ LN-100(トプコン)

2級Aトータルステーション、ノンプリズムトータルステーション ES-105F(トプコン)

最小読取値5″読取方式液晶デジタルの電子デジタルセオドライト DT5AS【5】(ソキア)

厳しい現場環境で磨かれた卓越した信頼性と耐久性を誇る優れた操作性のオートレベルオートレベル AT-B2(トプコン)

圧倒的な「高速」、「高精度」、「高機能」で墨出しを確信した自動整準ラインレーザー LX442(ソキア)