特定小電力トランシーバー FTH-301RT取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

特定小電力トランシーバー FTH-301RT取扱説明書(バーテックススタンダード):トランシーバー:その他機器

個別呼び出しや秘話機能など、多彩な機能が付いた、手のひらサイズの小型トランシーバです。機能設定が分からなくなったときなどに、初期状態に戻すリセット機能も付いており、便利です。免許・資格不要。

機種名 特定小電力トランシーバー
型番 FTH-301RT
メーカー名 バーテックススタンダード
特定小電力トランシーバー FTH-301RTの詳細を見る 

後継機種
防水型特定小電力トランシーバー FTH-308L

特定小電力トランシーバー FTH-301RT

簡易取扱説明書

I.通常の送受信機能 1)【VOL】ツマミを時計方向にまわして、電源を【ON】にする。
2)【UP】【DWN】ボタンを押しながら1ch〜9chのチャンネルにあわせる。
3)こちらから相手側に送信する場合は【PTT】ボタンを押しながら、スピーカーに向かって話しかける。
本体の【BUSY/TY】インジケータが緑色に点灯している時は「ブー」と警報音がなり送信できない。
4)受信する場合は【PTT】スイッチを離した状態で受信する。
相手側の音声が途切れて聞こえる時は【MONI】ボタンえお押すと聞こえやすくなる。

II.秘話機能
(仲間以外に交信を聞かれたくない場合)

1)電源を【ON】、【UP】【DWN】ボタンを押しながら1ch〜9chのチャンネルにあわせる。
2)【秘話】ボタンをおす。
※その後は通常の送受信と同じように行なう。
【秘話】ボタンをもう一度おすと、秘話機能解除になる。
III.デジタル方式機能 1)電源を【ON】、【UP】【DWN】ボタンを押しながら1ch〜9chのチャンネルにあわせる。
2)【モード】ボタンを2回押し表示部にデジタルと点灯することを確認するチャンネルNO表示の右側の桁が約5秒間点点滅するので点滅している間に【UP】【DWN】をおしデジタルNOに設定する。ボタンNOは(00〜99)までの好きなNOニ設定可能。
※相手側も同じデジタルNOに設定する。
3)【PPT】ボタンを押すと設定は完了する。
※以後、通常の送受信と同じ。
IV.ロック機能 キー操作をできなくし、誤ってボタンを設定が変わらないように【LAMP】ボタンを約2秒間おし続けるとキー操作をロックする。
※表示部はカギのマークが点灯する。解除するときは【LAMP】ボタンをおす。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


安全管理・対策の関連商品はこちら

車両速度を自動計測し、規制速度を感知した場合に警報(パトランプ点滅、音声)が約4秒間作動する自動車速度計測表示システム SRDL-3PS-B2(ダイナテック)

NETIS登録商品!レーザー距離スキャニングセンサーでレーザー光を面状にスキャニングすることでバリアを作り、バリアに侵入する物体を検知してオペレーターへ警報等を行うシステムレーザーバリア警報監視システム LMS211/LMS511