電量滴定方式デジタル塩分測定器 SALMATE-100/Ws+s レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

取扱説明書:電量滴定方式デジタル塩分測定器 SALMATE-100/Ws+s

機種名 電量滴定方式デジタル塩分測定器
型番 SALMATE-100/Ws+s
メーカー名 中研コンサルタント//
電量滴定方式デジタル塩分測定器 SALMATE-100/Ws+sの詳細を見る
電量滴定方式デジタル塩分測定器 SALMATE-100/Ws+s

硬化コンクリート中の塩化物イオン濃度迅速測定法測定マニュアル

1.使用器具

  • 電量滴定式塩分計(SALMATE-100/Ws 備品付) 1 台
  • 電子天秤 感量0.01g 秤量200g 以上 1 台
  • 電気ポット 容量2〜4 リットル 1 台
  • pp ビン 容量100ml 測定試料数にあわせて用意
  • 蒸留水 50g×測定試料数+α
  • 溶出助剤(2g 入り)測定試料数
  • 薬さじ 1 本
  • 取手付き計量カップ 1 個
  • 軍手,紙タオルなど

2.準備

  • 1) SALMATE-100/Wsを水平な台等の上に置き,酸試薬の封を開け測定部にセットする
  • 2) 電源を入れ5分以上なじませる

3.測定手順

  • 1) 採取したドリル粉を用意する
  • 2) pp ビン(容量100ml)にドリル粉を10g(0.1g まで)計り取り,記録する
  • 3) 溶出助剤(2g 入り)の封を切って添加する
  • 4) 電気ポット等で加熱・保存したに蒸留水(80℃以上)を50g 程度加え,質量(0.1g まで)を記録する
  • 5) しっかり蓋を閉じ,手で振って混合する。1 分ごとに懸濁状態になるように5 回程度振り10分間溶出させる
  • 6) 上澄み液をピペッタで採取し,準備しておいた電量滴定式塩分計で塩素イオン濃度を測定する
  • 7) 式(1)により塩化物イオン濃度(C:kg/m3)を算出する

ここに、WW:加えた加熱蒸留水(g)、WS:試料計り取り量(g)、S:上澄み液の塩素イオン(Cl-)濃度(%)
(コンクリートの単位容積質量が2,300kg/m3の場合)

なお、上澄み液の塩素イオン濃度が0.002%以下の場合は、上済み液を標準ピペッタ(0.200ml)で2〜5回測定部に入れて塩素イオン量を多くして測定し、入れた回数で除して塩素イオン濃度とすると精度が向上する。(上澄み液の塩素イオン濃度0.001%でコンクリート中の塩化物イオン濃度約0.1kg/m3


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)