生コン単位水量計 W-Checker MIC-138-1-02取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

生コン単位水量計 W-Checker MIC-138-1-02取扱説明書:生コン水分計:生コン試験機

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能です。計測部と操作用パソコンとは無線通信で、現場測定向きに作られています。測定方式は、土木研究所・エアメーター法に準拠しています。
国土交通省 近畿地方整備局 近畿技術事務所「公共工事等における新技術システム」登録機器。

機種名 生コン単位水量計 W-Checker
型番 MIC-138-1-02
メーカー名 マルイ
生コン単位水量計 W-Checker MIC-138-1-02の詳細を見る 
生コン単位水量計 W-Checker MIC-138-1-02

簡易取扱説明書

1.測定の準備
測定準備 1)秤、エアメーターをケースから取り出す。
2)付属品を用意する。
3)パソコン、アンテナボックス、プリンターを取り出し接続する。
4)パソコン電源を【ON】にする。
5)ソフト起動後、「配合設定」より測定配合を選択し「決定」を押す。
2.秤・エアメーター
秤・エアメーター 1)秤の水平をとる。
2)秤、エアメーターの電源を【ON】にする。
3)パソコンとの通信状態が良好であるか確認する。
4)秤に一定の負荷をかけ、なじませる。
3.試料充填
「容器+試料」質量
試料充填 1)容器に生コン用充填ハットをかぶせ、生コンを充填する。
2)すり切り作業は行わない。
3)上蓋をかぶせる。
※上蓋にある白いプラスチック盤と容器にあるステッカーが同じ方向に向いていることを「確認する。
4)斜め金具を対角に締める。
5)容器の付着物をとる。
6)パソコンのメニューから測定を選択して測定画面を表示する。
7)秤にエアメーターを載せて測定を押す。
※秤が安定すると◎が表示される。測定前にゼロを確認すること。
4.注水
「容器+試料+水」質量
注水 1)秤からエアメーターを降ろす。
2)OUTバルブに配水管を取り付ける。
3)INバルブに500cc給水ポットで水を注水する。
※配水管から水が排出中にOUTバルブを2、3回開閉させてバルブ周りの気泡を除去する。
4)水の排出中にIN→OUTの順にバルブを閉じる。
5)500cc給水ポット、排出管をバルブより取り出し、バルブに溜まった水をスポイトで除去する。
6)付着した水をふきとる。
7)秤にエアメーターを載せて測定を押す。
※秤が安定すると◎が表示される。測定前にゼロを確認すること。
5.空気量測定
空気量測定 1)秤からエアメーターを降ろす。
2)上蓋の空気抜きバルブを閉める。
3)空気注入口よりポンプで空気を注圧する(95〜120kpa)
※測定前にゼロを確認する。
3)圧力の安定後測定を押す。「初期圧力」
※圧力が安定すると◎が表示される。
4)作動弁を引く。
※5秒間引き上げ+容器周辺をハンマーで2回ずつ叩く×3セット
5)圧力の安定後測定を押す「平衡圧力
※圧力が安定すると◎が表示される。
6.測定結果
測定結果 1)「確定」を押し測定結果を表示する。
2)「確定」を押し測定結果を印刷する。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)