サンドメジャー MIC-110-2 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

サンドメジャー MIC-110-2(マルイ):骨材試験機:生コン試験機

細骨材の粒度をデジカメとパソコンで簡単に管理し、1回の作業時間は約30分

細骨材を0.075mmから10mmまでの粒子をデジタルカメラで読み取り、その画像を専用のソフトウェアで計測します。撮影されたデータから粒子面積を計算し、粒度分布曲線と粗粒子率の日内・日間管理データを作成しますので、流動性と単位水量値の基礎データに導入できます。お手持ちのデジタルカメラとパソコンを使えるので経済性にも優れています。1回の所要時間は約30分で、従来の骨材ふるい分け試験法よりも時間短縮で計測できます。

機種名 サンドメジャー
型番 MIC-110-2
メーカー名 マルイ
サンドメジャー MIC-110-2

特長

合理化・省電力効果

  • 緊急情報が可能で、配合修正・現場配合に対応。
  • 1回の作業費用を低減。
  • 1回の作業時間を4時間から30分に短縮。
  • 管理頻度や入荷状況で、リアルタイムにデータ収集。
  • 合成砂の粒度情報の把握に有効。
  • お手持ちのデジタルカメラとパソコンで測定できます。

校正

  • 600万画素の場合、分解能=0.03mmマクロ画像撮影。
  • 常に校正スケールで確認が可能。

管理作業の環境改善

  • 粉塵環境からの解放。
  • ロータップふるい機械の騒音低減。
  • 1回の作業時間が4時間から30分に時間短縮。

所要時間約30分

日常の工程管理に画期的な役割を担うことになります。

1.砂画像の計測準備

ソフトウェアのインストール。


2.分取器による縮分

分取器によって代表的試料を500gから5gまで縮分します。


3.デジタルカメラで形状撮影

0.075〜10mmまでの細骨材をお手持ちのデジタルカメラで撮影します(600万画素・マクロ撮影機能必須)。


4.粒度分布曲線と粗粒率情報のデータを作成

粗度分布曲線と粗粒率情報の日内・日間管理データを作成。流動性と単位水量値の基礎データに導入できます。


仕様

撮影ユニット バックライトAC付き
試料分取器 6溝10mm簡易型
サンドメジャーソフト Windows XP、Windows Vista
備考 カメラは御用意願います。

構成品

標準構成品 本体、ライトビュアー、ライトビュアー用アダプタ、コピースタンドコラム、アーム(短・長)、試料分取器、容器、ハンドスコップ、ハケ、直尺、撮影用かんたんステップガイド

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)