P.Cグラウトフローコーン C-321取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

P.Cグラウトフローコーン C-321取扱説明書:フロー試験器:生コン試験機

JPロートともいい、PCグラウトの流動性試験器です。NEXCO規格と土木学会規準のタイプがあります。

機種名 P.Cグラウトフローコーン
型番 C-321
メーカー名 西日本試験機
P.Cグラウトフローコーン C-321の詳細を見る 
P.Cグラウトフローコーン C-321

簡易取扱説明書

試験方法

  • 漏斗を台で鉛直に支持し水を通して濡らす。
  • 試料のグラウトを漏斗内に注ぐ。流出口から少量のグラウトを流出させた後、指で流出口を押さえ、グラウトを漏斗上面まで注ぎ上面をならす。
  • 指を離してグラウトを流出させ流出口からのグラウ卜流が初めて途切れるまでの流下時間をストップウオッチで測定する。
  • 漏斗内における試料のグラウトの残留状態を観察し試料のほぼ全量が流出したことを確認する。
    ※相当量の試料が塊状で残留している場合は、そのグラウトは不適である。
  • 試験結果は流動性は前項の流下時間を秒で測定しこれを流下時間(フロータイム)何秒として示す。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)