視程計 PWD20 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

視程計 PWD20(ヴァイサラ):視程計:気象観測機器

正確な視程測定のために

PWD20は、前方散乱の測定原理により視程を測定します。標準として高精度の透過率計を用いて校正されています。視程を測定する光学センサ部は下向きのフードの中に取り付けられており、降水や埃からレンズが保護されています。荒天にも耐え得る構造は、長期間安定して信頼性の高い測定を継続することができます。冬季に雪氷凝着の恐れがある地域では、フードヒーターが効果的です。

※ フードヒーターはレックスでは標準構成品です。

機種名 視程計
型番 PWD20
メーカー名 ヴァイサラ

同等機種
天気計 PWD22+ロガー TAMAPod S-PW
天気計は視程計に雨・雪・ひょうなどをお知らせ機能付き

視程計 PWD20

特長

視程を測るすべてのエリアで

視程計PWD20の視程測定範囲は10m〜20000mです。長距離の視程まで測定できますので、港湾や沿岸水域、ヘリポートなどの視程測定が必要な場所で広く使用できます。

設置、取り付け

PWD20は長さ70cm程のアームにすべてのセンサが搭載されています。各部分がそれぞれコンパクトに出来ており、トータルでも非常に軽量な造りになっています。電源や信号ラインは接続が容易なコネクターになっています。一般的なサイズのポールやマストに様々な形で取り付けることができます。

※ センサー〜ロガーまでのケーブルの長さは約7mです。

  • 視程測定
  • 軽量(3kg)コンパクト
  • 垂直ポール、水平ビームに取付け容易

記録について

センサーから受信した視程データおよびエラーコードは、一旦ロガーの内部バッファメモリに蓄積され、メモリが一杯になるとCFカードに書き込みが行われます。
※エラーの有無によりバッファメモリが一杯になるまでの時間が変動しますので、一定間隔で書き込みを行っているわけではありません。ご注意ください。

よくある質問

周辺何メートルに物がないこと等、計測エリアに制約はありますか?

受光部(受け側)に、水溜りや川などに反射した太陽光が入らなければ大丈夫です。
車のヘッドライトも入らないことが望ましいです。
受光部は北向きが推奨されています。


停電等で電源供給が止まってしまった場合、データ記録はどうなりますか?
復旧後に再起動などの操作をする必要はありますか?

電源供給が絶たれた場合、CFカードに移行していないデータは消えてしまいます。
また、もちろん復旧するまでの間は記録を取ることはできません。
ただし、電源供給が再開すれば、自動でデータ記録が再開されますので、特に操作を行う必要はありません。


仕様

測定方法 前方散乱方式
測定範囲 10〜2,000m
測定範囲精度 10〜10,000mにおいて±10%
10,000〜20,000mにおいて±15%
使用温度範囲 -40〜+60℃
使用湿度範囲 0〜100%RH
電源 AC100V
ヒーターオプション用別電源 24VDC/VAC
消費電力 3W
消費電力 ヒーター:65W
シリアル出力 RS232C、RS485
アナログ出力 0〜1mA、4〜20mA
寸法 40.4(W)×69.5(L)×19.9(H)cm
質量 3kg

構成品

標準構成品 視程計センサー、センサー取付けプレート一式、ボルト・ワッシャー・スプリングワッシャー一式、ロガー、SDカード、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ気象観測機器のレンタル商品

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
小型・軽量の風向風速センサーと長期間連続記録のロガーの組み合わせ

温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
高精度のセンサーと組み合わせたメモリーカード付き温湿度ロガー

D1日射A D1-009A
D1日射A
D1-009A

日射量に比例した電圧を出力します。全天日射量を測定するセンサーです!

風速データロガーシステム OT-901
風速データロガーシステム OT-901
設定値以上の風速で警報。そして保存・印刷が可能な風速計。