転倒ます型自記雨量計 MODEL34 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

転倒ます型自記雨量計 MODEL34(大田計器製作所):雨量計:気象観測機器

雨量受感部と記録器とからなり、雨量受感部を屋外に設置し、記録器である自記電接計数器(No.20)を室内に置いて、その間を二芯のコードで接続し、受感部よりの発信を記録する自記雨量計です。
ヒーターで雪を溶かしてから降水量を測るように作られた寒冷地用の雨量計もあります。

機種名 転倒ます型自記雨量計
型番 MODEL34
メーカー名 大田計器製作所
転倒ます型自記雨量計 MODEL34の取扱説明書

REXのYoutubeへ

転倒ます型自記雨量計 MODEL34

特長

  • 口径20cmの受水器により採取する降雨を三角型受感部が転倒し、これを反復します。
  • 受感部の転倒毎にリードスイッチが作動して、パルス信号(無電圧接点)を出力します。
  • 受感部は水平に設置する必要があるため、基台部分には水準器を取り付けてあります。
  • ヒーター付き雨量計は寒冷地用として、設定温度以下になるとヒータが作動し凍結を防止します。

記録器の代わりとして!データロガー アメンボRF-3

アメンボRF-3転倒ます型の雨量計に接続して雨量記録を行うデータロガーです。
一時間、一日、降り始めからの3種類の雨量を交互に表示しながら記録を行うので、現在の雨量をリアルタイムに知ることができます。

特長

3種の雨量を常に交互表示

3種の雨量を常に交互表示本体の液晶に、1時間あたり・1日あたり・降り始めからの3種類の積算雨量を1秒毎に交互に表示します。これにより、現在の降雨の状態を素早く読み取ることができます。

表示雨量の項目について
1時間 直前(現在から)1時間の積算雨量を表示し、1秒毎に更新します。
1日直前(現在から)1日の積算雨量を表示し、10分毎に更新します。
降始め最初に雨量を検出した時からの積算を表示し、1秒毎に更新します。
(降終わりから、あらかじめ設定されたリセット時間が経過すると、表示は0になります。)

10分間の積算雨量を記録

記録する雨量は、10分毎に積算し記録します。記録データはオプションのソフトウェア(RF-00S1)によって、最短10分毎の微妙な雨量の変化から、最長1ヶ月毎の大きな流れまでを、自在にグラフや表に表示できます。

400日分連続記録

記録できるデータ数は57600個です。10分毎に記録しますから最長400日分のデータを蓄えられます。

電池寿命警告・データバックアップ機能

電池寿命警告電源は単4アルカリ電池で、寿命は約1年です。電池電圧が低下すると、液晶に電池寿命警告を表示し電池消耗を知らせます。この状態で短時間に電池交換を行えば、測定・記録が中断されることなく、記録されたデータも消えません。更に電池電圧が低下すると、自動的にスリープモードとなり一定時間記録データを保護します。

警報監視機能

警報監視機能1時間あたり・1日あたり・降り始めからのそれぞれの雨量に対し、警報設定を行うことができます。雨量が設定値を超えた時には、本体のブザー鳴動・本体液晶の警告マーク表示・外部出力などの警報動作をします。
外部出力はオプションの警報出力ユニット RF-00P1(アナログ)で、回転灯(ランプ)やサイレンなどを連動させることができます。警報動作は雨量が設定値より下がるまで続き、注意を促し続けます。

雨量計とデータロガーの組合せ

雨量計とデータロガーの組合せ

よくある質問

センサからの信号ケーブルの赤・白はどちらが+−ですか?

パルス入力のため、極性はありません。
記録計側の+−とは関係なく、どちらを接続していただいても問題ありません。


仕様

雨量計

転倒ます型自記雨量計 MODEL34
受水口径 200mm±0.6
感度 1転倒標準:0.5mm
出力信号 リードスイッチによるメーク接点出力
接点容量 25W(DC30V、1A MAX)
接点作動時間 0.1〜0.2秒
測定範囲 最大降雨強度:150mm/h以下
測定精度 20mm以下:±0.5mm、20mm超過:±3%以内
寸法 450(H)×φ216mm
重量 約2.4kg(転倒ますのみ、ケーブル込み)
転倒ます型自記雨量計 MODEL34 ヒーター付
センサ仕様 転倒ます型自記雨量計 MODEL34と同じ
ヒーター 【設定温度】約10℃以下でセンスビィ(サーモスタット)反応、スイッチON
【電源】AC100V、上部ヒータ:120W、下部ヒータ:160W
寸法 450(H)×φ226.6(D)mm
重量 約5.0kg
表面仕上 ステンレス表面ヘアーライン(シルバー)加工仕上
[No.20(自記電接計数器)]
記録範囲 雨量50ミリ反復(0.5ミリ雨量発信につき)
時計 電池式1日、7日、31日兼用
記録紙 CR-3(7日用) 、CR-1(1日用) 、CR- 31(31日用)
コードの長さ 2芯シールド10m附属(センサー側)
コイル 通常3VDC作動100mA
寸法 341(W)×236(H)×135(D)mm
重量 約4.2kg

データロガー(アメンボ RF-3)

型番 RF-3
測定要素 雨量
チャンネル数 1チャンネル
入力信号 転倒ます型雨量計からのパルス信号(接点信号または電圧信号)
電圧信号の場合の電圧範囲:±2〜30V
1パルスあたりの雨量 0.5mmまたは1.0mm
表示雨量項目 1時間 直前1時間の積算雨量を表示 1秒毎更新
1日 直前1日間の積算雨量を表示 10分毎更新
降始め 転倒ます型雨量計よりパルス信号を最初に検出したときからの積算雨量を表示 1秒毎更新
※降終わりから、あらかじめ設定されたリセット時間が経過すると表示は0になります。
(リセット時間:6時間/12時間/24時間から選択)
算出雨量範囲 1mm〜9999mm 1mm分解能
記録間隔 10分間の積算雨量を10分毎に記録
記録容量 57600データ(400日分)
記録モード エンドレスモード(記録容量がいっぱいになると、先頭のデータに上書きして記録する)
液晶表示 上記3種類の雨量を切替表示・警報表示・電池警告・ブザーON/OFF
監視設定 上記3種類の雨量の各々設定可能
監視条件 上記3種類の雨量の内1つでも設定値を超えたとき
警報時動作 警報表示(液晶)・ブザー鳴動・外部出力
電源 単4アルカリ電池(LR03)2本
電池寿命 約1年(電池寿命は使用環境、電池の性能により異なります。記録中に電池交換可能)
インターフェイス シリアル通信(RS-232C)
通信速度 96000bps(吸い上げ時間:データフルで約150秒)
本体寸法 H55×W88×D24mm
本体質量 約95g
本体動作環境 温度:-10〜60℃・湿度:90%RH以下(結露しないこと)

構成品

標準構成品 記録計、転倒ます、記録ペン、記録紙、取扱説明書

オプション

オプション(アメンボRF-3使用時) アメンボ(RF-3/単4 電池×2)、転倒ます(OW-34)、ACアダプタ(警報出力ユニット用)、警報出力ユニット(RF-00P1)、壁面取付けアタッチメント(TR-00K2/木ネジ×2付き)、通信ケーブル(RS-232C)、USBシリアルケーブル×1、通信ソフト(データロガーシステム)、収納ケース、取扱説明書(アメンボ/警報出力ユニット用/通信ソフト用/OW-34)


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ気象観測機器のレンタル商品

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
小型・軽量の風向風速センサーと長期間連続記録のロガーの組み合わせ

温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
高精度のセンサーと組み合わせたメモリーカード付き温湿度ロガー

D1日射A D1-009A
D1日射A
D1-009A

日射量に比例した電圧を出力します。全天日射量を測定するセンサーです!

風速データロガーシステム OT-901
風速データロガーシステム OT-901
設定値以上の風速で警報。そして保存・印刷が可能な風速計。