積雪深測定装置(気象庁検定付) KADEC21-SNOW レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

積雪深測定装置(気象庁検定付) KADEC21-SNOW(ノースワン):積雪深計:気象観測機器

レーザー方式で高精度かつ安定した測定が可能。
記録はCFカードまたはEメール対応なので長期間記録に最適な積雪深計です。

レーザー式積雪深測定装置KADEC21-SNOWは、レーザー光線を利用して高精度に積雪深を長期間測定できます。外気温変動による補正が不要。安定した高精度な計測が可能です。
非常に低消費電力設計ですので、商用電源や太陽光発電装置等の電源設備が不要で、電池のみで長期間連続測定ができます。

機種名 積雪深測定装置(気象庁検定付)
型番 KADEC21-SNOW
メーカー名 ノースワン
積雪深測定装置(気象庁検定付) KADEC21-SNOW

特長

優れた動作温度範囲
KADEC21シリーズは、−25〜80℃まで温度環境に対応。 計測フィールドを選びません。
低消費電力動作による長期電池動作を実現
TRON OSによる徹底した低消費動作化をはかり、内蔵電池のみで約210日間以上の連続測定を実現。※1
電池残量が、ひと目でわかる電池残量レベルメーター機能搭載。
レーザー方式による積雪測定
センサー部には半導体レーザー方式を採用することで、外気温変動による補正が不要で、高精度に安定した計測が可能です。また、半導体レーザーはクラス2ですので、取扱いも簡単で非常に低消費電力です。
取付金具は標準付属
センサー感部に付着した雪が落下しても、雪面の測定面には影響が出ないように、垂直に対して30度の傾斜角度を持って設置できる取付金具が標準で付属します。
LCD表示、3ボタンによる簡単操作
直感的に操作できるUP/DOWN/ENTERの3ボタンだけで簡単メニュー操作。
また、REC/STOPスイッチを操作するだけで記録開始/停止ができます。
CFカードにデータ転送(Cモデル)
CFカードにデータ転送をでき、設置現場で簡単にデータ回収できます。
また、CFカードをメモリ媒体として使用することができ長期記録によるメモリ不足の心配がありません。※2
Eメールで自動データ送信(N2モデル)
Eメールによるデータ自動送信に対応。 ※3
あらかじめ設定しておいたアドレスに定期送信(5・10・60分・24時間間隔)でデータを自動送信します。
また、簡易警報メールを搭載しており、各Ch毎に警報値を設定、パソコンや携帯電話などに警報メールを送信可能。

※1:測定インターバルにより変動します。
※2:3:CFカード転送機能とEメール転送機能は同時に使用できません。ご購入時にモデルを指定してください。
※Eメール送信はau携帯通信モジュールを使用します。パケット料金が別途発生します。

よくある質問

Eメールモデルでは、データ送信と警報送信とどちらも設定することは可能ですか?

可能です。最大6つのアドレスを設定できますので、アドレス毎にデータ送信・警報送信を選択できます。(1アドレスにどちらかひとつのみ)
※付属のネット設定ソフトを使用して、お客様自身で任意で設定可能です。


吹雪などの状況下での測定は可能ですか?

レーザー式の測定になるので、レーザーの妨げになるような状況下では測定が厳しくなります。


装置から、積雪面までの距離に制限はありますか?

距離が、最低20cm以下になるとレーザーが積雪面に反射しないので測定は厳しくなります。


用途

  • 道路維持管理はじめ、気象情報サービス、レジャー関連施設などの積雪情報収集。

センサー部仕様(オプション)※気象庁検定付

検出方式 半導体レーザー
レーザー出力 クラス2
ドット径 6mm
測定範囲 0〜1000cm
測定精度 ±1cm
測定分解能 1cm
測定時間 約3秒(MAX30秒)
動作温度範囲 −25〜+40℃(ヒーターユニット動作時)
電源電圧 測定部:DC+9V、ヒーターユニット:DC+12V
取付方法 Uボルト
ケーブル長 10m

本体仕様(データロガー)

CFカードモデル Eメールモデル
型式 KADEC21-SNOW-C KADEC21-SNOW-N2
測定インターバル 1〜4、6、10、15、20、30分 1〜6、8、12、24時間 有電圧外部トリガによる測定動作
メモリー 97,280データ 不揮発性メモリー(バッテリーバックアップ不要)メモリースクロール記録方式
メモ機能 メモ数:6個 文字数:16文字 取扱文字:ローマ字、カタカナ、記号
通信機能 USB Mini Bコネクタ ドライバは製品に添付・メーカHPからDL可能
表示部 キャラクタLCD表示器 16文字×2行
操作キー 押しボタンキー3個(UP/DOWN/ENTER)スライドスイッチ1個(REC/STOP)
LCD表示コントラスト調整ボリューム
プレヒート時間 記録動作前にヒーターの電源をON/OFFする機能、1〜59分(初期値OFF)
アフタースタート機能 指定した月日時分から測定動作が開始(初期値OFF)
RTC調整機能 タイマー機能の進みおよび遅れの調整機能
電池残量メーター 内蔵電池の残量を計算によってLCE表示器に10段階で出力
CFカード機能 対応メモリー コンパクトフラッシュ型カード(CFカード)※1
記憶容量 使用するCFカードに依存(最大2GBまで対応)
記録形式 MS-DOSフォーマット/FAT16
転送機能 コマンドまたはキー操作によるデータ転送 CFカードへ自動転送
使用電源 CR123A×3※2
Eメール機能 転送間隔 10、60分、24時間間隔
通信方式 CDMA2000 1X パケット交換方式
通信速度 上り14.4kbps、下り14.4kbps
データ送信 Eメールにデータを添付送信
データ送信先最大6箇所
警報メール 測定インターバルで簡易警報メールを送信
(瞬時送信ではありません)
警報基準最小・最大値をチャンネル毎に設定
警報送信先最大6箇所(データ転送とは別途)
使用電源 外部バッテリー(鉛シール蓄電池を推奨)※3
約12V/6Ah鉛シール蓄電池使用時、24時間間隔送信で約1年間送信可能
(送信間隔・データ数により変動)
記録部消費電力 測定時動作電流:50mA(ピーク時320mA)/待機時電流:0.06mA
記録部使用電源 カメラ用電池(CR123A×6)
搭載OS I-TRON(リアルタイムOS)採用により各機能が独立して動作
動作温度 −25〜+80℃
寸法 240(W)×160(D)×91(H)mm(突起物含まず)
重量 1.3kg

※1:CFカードは対環境性のご使用を推奨します。
※2:使用する電池メーカーにより変化しますが、約1,000回のデータ回収が可能です。
※3:別途オプション
※:Eメールモデルは日本国内KDDIの通話エリアのみご利用頂けます。
※:ヒータユニット用の電源は別途ご用意下さい。

外形寸法図

外形寸法図

構成品

標準構成品
(CFカードモデル)
本体、積雪深計センサー、センサー取り付け金具、CFカード、カードリーダー、通信ソフト、収納ケース、取扱説明書
標準構成品
(Eメールモデル)
KADEC21-SNOW-C(本体/カメラ電池CR123A×6)、積雪センサー、U字取り付け金具×2(ナット付き)、12vシールドバッテリ(ネット用)、アンテナ、アンテナケーブル、気象庁検定書写し、KADEC21-NET2通信ソフト(Ver2.5/CD)、契約CD(ネット式のみ)、収納ケース、取扱説明書


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ気象観測機器のレンタル商品

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
小型・軽量の風向風速センサーと長期間連続記録のロガーの組み合わせ

温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
温湿度測定装置 KADEC21-UHTV-C
高精度のセンサーと組み合わせたメモリーカード付き温湿度ロガー

D1日射A D1-009A
D1日射A
D1-009A

日射量に比例した電圧を出力します。全天日射量を測定するセンサーです!

風速データロガーシステム OT-901
風速データロガーシステム OT-901
設定値以上の風速で警報。そして保存・印刷が可能な風速計。