ニオイセンサーについてご説明します。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ニオイセンサー 原理

ニオイセンサXP-329IIIRに使用しているセンサは、下図1のように白金線コイル上に金属酸化物を直径約0.4mm の玉状に塗布した後、焼結させた構造です。金属酸化物半導体の表面にニオイ分子が吸着すると、半導体の電気伝導度がよくなり抵抗値が下がります。その抵抗値の変化を図2.のようなブリッジ回路の偏差電圧として取り出し、数値化して表示しています。

図1. センサ拡大断面図図2. 基本回路図

ニオイセンサーはこちら

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加