ニオイの重要性についてご説明します。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ニオイの重要性

ニオイの強弱を数値化するニオイセンサー

嗅覚というのは、五感の中でも原始的で、生存に不可欠な感覚とされています。
古来、食物の腐敗具合や異性の発情状態を知るためには、嗅覚がもっとも適しており用いられてきました。また、現在でも、火災の際にそれをいち早く察知できるのは、視覚でも聴覚でもなく、嗅覚です。目や耳で認知できない段階でも、焦げ臭い刺激臭をまず感じて、それから火事や火の元を探す、ということは誰しも経験のあることではないでしょうか。
家庭で使う都市ガスにしても、本来は無臭なのですが、ガス漏れを察知できるように、わざとニオイを付けています。もっとも一般的なニオイの活用方法というわけです。

使い方によっては、非常に便利なニオイというものですが、産業界においてはなかなか利用・活用が難しい面があります。一番厄介なのは、数値化しにくい、ということです。
そもそも、ニオイというものは、鼻腔の粘膜にある嗅細胞の嗅覚受容体に特定の化学物質の分子が結びつくことによって感知しています。生理的な化学反応(作用?)が基になっている上に、感覚の個人差が大きいこともあり、数値化することがとても難しいのです。その上、同じニオイを嗅ぎ続けていると、そのニオイに対して鈍麻してしまい、ニオイを感じなくなってしまう特性もあります。これを嗅覚疲労といいます。

このように、絶対不可欠な知覚であるにも拘らず、不確定要素が多く利用しづらかったニオイですが、ニオイの強弱を数値で表すことができるニオイセンサーによって、今後その活用の場面は増えてくることでしょう。

ニオイの測定

ニオイとは、「大気中に浮遊する分子量300以下の主に有機物で、水および脂質にある程度の溶解性がある物質」で、既存の有機物約200万種のうち、5分の1にあたる約40万種にニオイがあるとされています。

私たちの周囲にはニオイがあふれており、ニオイを「一つのもの」として捉えがちですが、実際には色々な物質が混ざり合っています。身近にありがなら捉えることが難しく、世界共通の単位がないもの、それがニオイです。

ニオイセンサーは、これらのニオイを数値化し、「見える」ようにしました。センサーはニオイを複合臭として検出しており、嗅覚に近い感覚でニオイを検出することができます。

ニオイセンサーが活躍する様々な現場

ニオイセンサーが活躍する様々な現場

ただ、現在のところ、ニオイセンサーではニオイの種類の判別・識別はできず、強弱を相対的に知ることしかできません。もし今後、新技術が開発されて種類の判別までできるようになれば、飛躍的に用途が増えるに間違いありません。

現在、様々な分野でロボット開発が進んでおり、将来的には介護用ロボットも実用化されるという予測ですが、その場合、介護用ロボットには絶対にニオイセンサーが付いているべきだと思います。食材・食料品の管理、医薬品の判別、室内の清潔度・空気の清浄度管理、病人の体調看視、火災検知など、ニオイで分かること、ニオイでしか分からないことは思ったよりたくさんあるのです。

大気環境の測定に欠かせない測定器一覧はこちら
臭いセンサーレンタル機器一覧ページはこちら

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加