シールド工事についてご説明します。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

シールド工事について

シールド工事とは、トンネルを掘る工事でシールド工法で行う工事のことをいいます。こちらでは、シールド工法についてご説明します。

シールド工法

シールド工法では、シールドマシン(シールド機)と呼ばれる掘削機を使用します。

シールドマシンの前面には超合金で作られた歯がついていて、それがグルグル回りながら土を削っていきます。

削られた土は、パイプや電動車などを使用して地上に運ばれます。

シールドマシンは土を削った分だけ、油圧ジャッキによって前進し、掘られたトンネル内では、鉄筋コンクリート製や鋼鉄製のセグメントと呼ばれる枠を組立てトンネルを築造してきます。シールド工法は、堅い岩盤でできている山を貫くためではなく、柔らかい土砂でできている場所でトンネルを掘るために発明されました。

シールド工法を使用して行う管渠築造工事などのトンネル工事をシールド工事ということがあります。


山岳トンネルの工事では山の側面からトンネルを堀り始めますが、シールド工事では、まず立坑と呼ばれる垂直の穴を掘って、そこから水平方向に掘削します。

最近では、シールドマシン自体を垂直に下降させて立坑として利用する方法もありますが、一般には、立坑は、地上から地中連続壁などで土留めをして掘削します。

掘削を開始する場所の立坑を発進立坑、終点になる立坑を到達立坑といいます。


シールド工法は上水道工事、下水道工事、道路トンネル工事、地下鉄工事、ガス管工事や共同溝などさまざまな地下トンネルの築造工事で使用されます。

珍しいところでは、集中豪雨などによって河川が増水した場合に、洪水を防ぐために一時水をためておく遊水池のためのトンネルもあります。


シールド工法は、開削工法と比較して、地上の占有面積を小さくできます。

また、開削工法と違って主な作業はシールド内で行うため、周辺地域への騒音や振動を防ぐことができ、夜間工事も行えるため、工期を短縮することが可能です。


シールド工事は、密閉された空間で作業を行いますので、酸素欠乏症等や有害ガス中毒、地層によっては可燃性ガス爆発などの危険があります。

したがって、安全に工事を行うには、十分に換気した上で、有害ガス検知器・酸素濃度測定器を使用して測定を行う必要があります。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加