RI測定器についてご説明します。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

RI測定器とは

RI測定器のメリット

微量のRI(放射性同位元素)を利用して土中の湿潤密度(含水比)や含水量を測定する機器をRI測定器といいます。RIとはラジオアイソトープ(radioisotope)の略です。 測定方法は、従来の砂置換法による現場密度試験に比べ以下のメリットがあります。

  • 短時間で測定できる。
  • 測定する人による測定結果の差異がほとんどない。
  • 大規模の盛土の場合経済的である。

RI測定器の仕様

RI測定器はさまざまなメーカーの機器がありますが、それぞれの機器で「一般仕様」と「公団仕様」があります。

お問い合わせの際に使用目的が、旧日本道路公団(NEXCO)の工事での使用なら、文字通り「公団仕様」を用います。 その他の工事での使用では「一般仕様」を用います。

「公団仕様」が「一般仕様」に比べて違う点

公団仕様は財団法人高速道路技術センターで性能確認を受けた、日本道路公団認定器であること。日本道路公団の施工管理要領書に基づいた仕様になっています。

※NEXCOの工事で一般仕様のRIを使って出したデータは無効となるため注意が必要です。

地盤・岩盤調査に欠かせない岩盤・地盤調査試験機はこちら

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加