放射線透過試験についてご説明します。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

放射線透過試験とは

X線などの放射線を用いて対象物を透過検査する非破壊検査の 一種でRT(Radiographic Testing)とも呼ばれる。
内部に異物または欠陥(空気など)が存在する領域は、エックス線の減弱割合が異なることを利用し、対象物に放射線を照射して、透過した放射線の強さから対象物の欠陥や傷の有無を調べることが出来る。欠陥はフィルム上に黒い像として検出される。

メリット 金属でも非金属でも傷の検出が可能。体積をもつ欠陥についての検出効率が高い。
デメリット 放射線に対する安全管理が必要。(被曝の可能性がある。)
きず深さ位置やきずの高さの測定が困難。(超音波探傷機との併用がよい。)

放射線透過試験

必要な資格:放射線透過試験技術検定
適用法令:「労働安全衛生法」「電離放射線障害防止規則」

※レックスでは取り扱いがございません。

探傷器はこちらから

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加