電磁誘導法についてご説明します。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

鉄筋探査機一覧はこちらから

鉄筋探査とは

簡単に言うと構造物を破壊せずに(非破壊で)あらかじめ鉄筋などがある場所が分かるので、鉄筋、電気配線管、ガス管、水道管等の切断事故を防いだりできる検査ということになります。

コンクリート構造物の鉄筋の配筋状態・かぶり厚・鉄筋の直径などを調査し施工管理状態の品質を確認したり・改修工事・耐震補強などに使用するコア穿孔工事やあと施工アンカー工事の鉄筋切断を防ぐ為確認調査で施工作業前に使用されています。

  • かぶり厚…コンクリートの表面から鉄筋の表面までの最短距離のことです。
  • コア穿孔工事…コアを抜く為に穴を開ける工事のことです。

鉄筋探査機選定の方法について

電磁誘導法と電磁レーダー法(パルス電磁波レーダー法)の2方式が主に使用されます。
2つの測定方法のどちらが予定している測定に向いているか確認して頂き、その後に機器を選定するという流れで選定します。

鉄筋探査機一覧はこちらから

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加