ハンディ硬さ計 SONOHARD SH-22の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ハンディ硬さ計 SONOHARD SH-22取扱説明書:可燃性ガス検知器:安全衛生機器

簡易取扱説明書

1.測定条件
  • この簡易取扱説明書では校正及び測定は測定回数10回の平均値とした場合になります。
  • 初めてご使用される方は最初に10分程度(力加減などの)練習が必要になります。
  • 力加減に関しては一定の力(約20N:2kgf)で押し当ててください。
2.測定準備
1.下の写真のように本体とプローブケーブル、プローブをつなぎます。
接続写真  
2.POWERキーを押して電源をいれます。
POWRキーを押す 起動時画面
3.MENUキーを押して↓キーでSCALEに合わせます。
SCALEに合わせる 液晶画面
4.ENTERキーを押してカーソルが右に動いたら、↑↓ーで【HRC】に合わせENTERキーを押します。
ENTERキーを押す 【HRC】に合わせる
5.↑キーを押して、カーソルをTIMESに合わせます。
▲キーを押す TIMESに合わせる
6.ENTERキーを押してカーソルが右に動いたら、↑↓キーで【10】に合わせENTERキーを押します。
▲▼キーを押す 【10】に合わせる
7.↑キーを押して、カーソルを【MEASURE】に合わせENTERキーを押し測定画面に戻ります。
▲キーを押す 【MEASURE】に合わせる
8.プローブを目盛校正用硬さ基準片に押し当て、計測値が表示されたらプローブを離します。
基準片に押し当てる 計測値表示
9.8を10回繰り返します。
8を10回繰り返す 計測結果
10.CALIBRATEキーを押して、キャリブレーション画面を開きます。
CALIBRATEキーを押す キャリブレーション画面
11.↓キーを押してカーソルを【AVE】に合わせENTERキーを押します。
▼キーを押す 【AVE】に合わせる
12.↑↓キーを押して硬さスケールを目盛校正用硬さ基準片に記載してあるスケールに合わせます。
▲▼キーを押す スケールに合わせる
※写真では見にくいので、現物にてご確認お願いします。
13.ENTERキーを押してカーソルを左に移動させCARIBRATEキーを押して測定画面に戻ります。これで校正(キャリブレーション)は終わりです。
ENTERキーを押す 測定画面に戻る
※CALの数値が変わったことをご確認ください。
3.測定開始
1.測定方法は操作8、9です。校正が終わり次第そのまま測定できます。
測定イメージ 測定結果

ダウンロード

ハンディ硬さ計 SONOHARD SH-22の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ設備・品質検査機器のレンタル商品

超音波ボルト軸力計 BOLT-MAXII
超音波ボルト軸力計
BOLT-MAXII

測定範囲は、径M5以上、全長12〜2,440mmのボルト

UCI式硬さ計 MIC10DL/205AL
UCI式硬さ計
MIC10DL/205AL

簡単、便利な硬さ計
あらゆる場所で素早く測定

クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
最大4回路のデマンドと高調波を同時測定

表面温度計 HD-1500E
表面温度計
HD-1500E

温度測定値表示と測定値メモリー機能付きモデル

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト