AC自動絶縁耐圧試験器 3174-01 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

AC自動絶縁耐圧試験器 3174-01(日置電機):電気計測器:設備・品質検査機器

発生&測定が同時にできる直流信号発生器

耐圧試験、絶縁抵抗試験においては、テストリードの断線、接触不良に起因する検査の誤判 定、電源電圧変動に伴う検査電圧の変動の影響が指摘されています。
3174-01 AC 自動絶縁耐圧試験器は、これらの要因による検査の信頼性低下を 防ぐため、コンタクトチェック機能、安定化電源を搭載した安価な絶縁耐圧試験器です。 また、生産ラインの検査工程をより効率化するため、RS-232C(GP-IB) からの検査設定はもちろん、EXT I/O からの設定読み出し機能を搭載しました。

機種名 AC自動絶縁耐圧試験器
型番 3174-01
メーカー名 日置電機
AC自動絶縁耐圧試験器 3174-01

特長

コンタクトチェック機能で試験の信頼性を向上
テスト中にテストリードの断線や接触不良を検出することが可能です。リアルタイムに測定不備を検出します。
強制ストップ時の判定出力
強制ストップ時にも判定することが出来るため、試験の自由度が向上します。
FAIL 判定でも試験を継続することにより試料の解析が可能( 試験継続モード)
FAIL 時の電流を詳細に監視することにより試料の解析が可能です。
ランプタイマ機能
ランプアップの初期値、ランプアップ、ランプダウン を別々に設定可能
真の実効値を表示
電源電圧変動の影響をカット
ディレイタイマ機能

自動化と安全操作の追及

耐圧試験、絶縁抵抗試験の連続フルオート検査可能

試験電圧を含めた耐圧試験、絶縁抵抗試験の試験条件がそれぞれ設定でき、更に連続して試験を行うことができます。W → I キーを押すと耐圧試験、絶縁抵抗試験の順に、I → W キーを押すと絶縁抵抗試験、耐圧試験の順に、自動で試験を実行します。

インタロック機能

自動機など外部装置からの信号入力により、出力を遮断して試験ができない状態にします。自動試験時などの安全を確保します。

仕様

耐圧試験部

試験電圧

出力電圧 AC 0.2〜5kV(50/60Hz)単レンジ出力
電圧出力方式 PWM スイッチング方式(0V スタート、出力中に電圧変更可能)
電圧設定方式 ディジタル設定(設定分解能0.01kV)
出力電圧確度 設定値の± 1.5%±20V
最大定格出力 AC100VA(5kV/20mA)連続定格
トランス容量 100VA
電圧計 真の実効値表示
ディジタルメータAC 0kV〜5.00kV
確度
出力波形正弦波
電圧変動率 15%以下(最大定格負荷→無負荷にて1s 以内に設定値へ収束)
歪み率 5%以下(40MΩ負荷5kV 出力にて測定時の測定器のインピーダンス分)
周波数 50/60Hz(±0.2%)

電流検出部

電流測定範囲 0.01mA〜20mA(2 レンジ構成)
測定レンジ 10mA/20mA
指示値 真の実効値表示
測定範囲及び測定分解能 0.00mA〜10.00mA/0.01mA(10mA レンジ)
0.0mA〜20.0mA/0.1mA(20mA レンジ)
測定確度 ±2%rdg ± 0.05mA (10mA レンジ)
±2%rdg ± 0.5mA (20mA レンジ)

絶縁抵抗測定部

試験電圧

定格電圧 DC500V/1000V(正極性)
無負荷電圧 定格電圧の1〜1.2 倍
定格測定電流 1〜1.2mA
短絡電流 4〜5mA(500V)、2〜3mA(1000V)
測定範囲 0.2〜2000MΩ(500V)、0.5〜2000MΩ(1000V)
確度保証範囲及び確度 0.5〜999MΩ(500V)1MΩ〜999MΩ(1000V)± 4% rdg
1000MΩ〜2000MΩ
測定分解能 0.01MΩ ( 0.20MΩ〜19.9MΩ)
0.1MΩ ( 20.0MΩ〜199.9MΩ)1MΩ(200MΩ〜2000MΩ)
測定抵抗レンジ 2MΩ 20MΩ 200MΩ 2000MΩ(500V)
4MΩ 40MΩ 400MΩ 2000MΩ(1000V)
測定範囲・確度 0.5MΩ〜999MΩ(500V):4% rdg
1MΩ〜999MΩ(1000V):4% rdg
1000MΩ〜2000MΩ:± 8% rdg

タイマ部

設定範囲 0.3 〜999s
動作 ON 設定時:スタート後、設定時間からの減算表示
OFF設定時:スタートからの経過時間表示
設定分解能・確度0.1s(0.3〜99.9s)±50ms
1s(100〜999s)±0.5s

ランプタイマ(耐圧試験時)

設定範囲 0.1 〜99.9sランプアップ、ランプダウンを別々に設定可能
動作 ランプアップ 初期電圧から試験電圧まで、ランプアップ。時間をかけて出力電圧をリニアに上昇させる
ランプダウン 試験時間タイマ後にランプダウン時間をかけて出力電圧を設定電圧から0V まで降下させるとともに設定時間からの減算表示
※実際のランプアップ波形はアナログ応答の遅延のため負荷によって異なります。
設定分解能 0.1s

ディレイタイマ(絶縁抵抗試験時)

設定範囲 0.1〜99.9s
設定分解能 0.1s

判定機能

判定方式 上限値、下限値設定のウインドウ・コンパレート方式(ディジタル設定)
判定内容 UPPER-FAIL 測定電流値(測定抵抗値)が設定上限値を超えた場合
PASS 測定電流値(測定抵抗値)が設定上下限値の範囲で設定時間経過した場合
LOWER-FAIL測定電流値(測定抵抗値)が設定下限値未満の場合
UPPER LOWER-FAIL設定電圧が出ない場合など試験異常
判定処理 各判定結果に応じて、表示部、ブザー音、EXT I/O に信号等を出力
設定範囲 AC 耐圧上限値0.1m 〜20.0mA 下限値0.1m 〜19.9mA
DC 絶縁上下限値共通0.2M 〜2000MΩ(500V)1.0M 〜2000MΩ(1000V)
設定分解能 AC 耐圧0.1mA
DC 絶縁 0.01MΩ(0.2M 〜2.00MΩ)0.1MΩ(2.10M 〜20.0MΩ)
1MΩ(21.0M 〜200MΩ)

コンタクトチェック

電圧計確度 検出方式平均値検出実効値換算
確度測定値± 50V ※波形が歪んだ場合、誤差が大きくなることがあります。
判定内容 コンタクトチェック機能を有効にする(タクトタイムの増加無し)
LOW 側チェック用電流が検出されない場合に断線と判断
HIGH 側チェック用検出電圧の上限と下限を設定可能
コンタクトチェック用測定電圧が上限値よりも大きかった場合、
あるいは下限値よりも小さかった場合断線と判断。
電圧設定範囲 耐圧試験時0.20kV 〜5.0kV(0.01kV 分解能、上下限とも共通)
絶縁抵抗測定時500V 測定時 上限600V 下限500V
1000V 測定時 上限1200V 下限1000V(それぞれ固定)

一般仕様

表示装置蛍光表示管 ( ディジタル表示)
モニタ機能出力電圧・検出電流・絶縁抵抗
モニタ周期2回/s以上
使用温度範囲0℃〜40℃ 80%rh 以下(結露なきこと)
保存温度範囲-10℃〜50℃ 90%rh 以下(結露なきこと)
確度保証温湿度範囲23℃± 5℃、80%rh 以下(結露なきこと)(10分以上のウォームアップ後)
確度保証期間1年間
使用場所屋内使用・汚染度2・高度2000m 以下
電源電圧AC100 V〜240V定格電源電圧に対し、± 10%の電圧変動を考慮
電源周波数50Hz/60Hz
耐電圧電源−筐体間 AC1.39kV 10mA 15秒間
最大定格電力200VA
寸法約320(W) × 155(H) × 395(D)mm(突起物を含まず)
重量約15kg
適合規格EMCEN61326 CLASS A、EN61000-3-2、EN61000-3-3 安全性EN61010-1

構成品

標準構成品 本体、電源コード、高圧テストリード、抜け止め板、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ設備・品質検査機器のレンタル商品

超音波ボルト軸力計 BOLT-MAXII
超音波ボルト軸力計
BOLT-MAXII

測定範囲は、径M5以上、全長12〜2,440mmのボルト

UCI式硬さ計 MIC10DL/205AL
UCI式硬さ計
MIC10DL/205AL

簡単、便利な硬さ計
あらゆる場所で素早く測定

クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
最大4回路のデマンドと高調波を同時測定

表面温度計 HD-1500E
表面温度計
HD-1500E

温度測定値表示と測定値メモリー機能付きモデル

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト