汎用振動計 VM-80 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

汎用振動計 VM-80(リオン):設備診断用振動計:騒音測定器・振動測定器

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種は汎用振動計 VM-83です。

圧電式加速度ピックアップを検出器とし、広範囲な振動測定に対応できるように設計された振動計です。 3種類の入力端子と広い感度校正範囲を持っているため、あらゆる種類の圧電式加速度ピックアップを用いることができ、振動加速度のほかに振動速度・変位の3種類のモードで測定できます。測定結果は、メーターによる指示とデジタル表示が同時に行われます。デジタル表示は、指針が変動して読み取りにくい欠点を補うもので、2秒間の平均値を示します。

機種名 汎用振動計
型番 VM-80
メーカー名 リオン

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種は汎用振動計 VM-83です。

汎用振動計 VM-80の取扱説明書
汎用振動計 VM-80

特長

  • 指示特性は、実効値(真の実効値)、等価ピーク値、等価p-p値及びピーク値の4種類で、またすべての指示特性において最大値ホールドができます。
  • 本器は、連結棒を用いて簡単に2チャンネルあるいは3チャンネル型とすることができます。
  • 入力回路にはチャージ増幅器を使用しているため、ピックアップコードの長さを変えても測定値に影響を与えません 。
  • 感度校正範囲が広いため、測定対象に応じた広範囲の感度の圧電式加速度ピックアップが使用できます 。
  • 内蔵のフィルターを用いて不必要な振動数帯域の除去ができます 。
  • 10Hzのハイパスフィルターと1KHzのローパスフィルターを用いれば、ISO2954”振動シビアリティー測定器”に適合した振動計となります 。
  • 各指示特性で最大値指示ができるため、衝撃振動などの最大レベルの測定が容易です 。
  • オーバーロード表示機能を持ち、波高率の高い振動測定時における波形歪(ひずみ)による測定誤差を防げます 。
  • 交流と直流2種類の出力端子を持っています。波形の観測あるいは振動解析、記録に用いられます。

仕様

出力端子 3種類
ピックアップ接続端子 圧電式加速度ピックアップ用
  最大入力負荷 100,000pC
  コネクター マイクロドット
プリアンプ1接続端子 プリアンプを介した加速度ピックアップ用入力端子
  入力方式 不平衝入力
  最大入力電圧 ±10V(Peak)
  入力インピーダンス 100kΩ
  コネクター PRC-03
プリアンプ2接続端子 プリアンプ内蔵の加速度ピックアップ用入力端子
  入力方式 不平衝入力
  最大入力電圧 ±4V(Peak)
  入力インピーダンス 100kΩ
  プリアンプ電源電流 2mA(定電流)
  コネクター PRC-03
測定モード 加速度1・G、加速度2・m/ss、速度・cm/s、変位1・mm、変位2・mm、ただし、変位1と変位2は積分回路振動数特性が異なる
測定範囲(ピックアップの感度が1〜9.99pC/Gの場合) 加速度2 3、10、30、100、300、1,000、3,000、10,000(m/s2 フルスケール)
速度 3、10、30、100、300、1,000、3,000、10,000(cm/s フルスケール)
変位1 3、10、30、100、300、1,000、3,000、10,000(mm フルスケール)
変位2 0.3、1、3、10、30、100、300、1,000(mm フルスケール)
測定範囲(ピックアップの感度が10〜99.9pC/Gの場合) 加速度2 0.3、1、3、10、30、100、300、1,000(m/s2 フルスケール)
速度 0.3、1、3、10、30、100、300、1,000(cm/s フルスケール)
変位1 0.3、1、3、10、30、100、300、1,000(mm フルスケール)
変位2 0.03、0.1、0.3、1、3、10、30、100(mm フルスケール)
振動数範囲 加速度1 1Hz〜15kHz±5%、15〜30kHz+5%−10%
(0.5Hzでは−5〜−15%)
加速度2 1Hz〜15kHz±5%、15〜30kHz+5%−10%
(0.5Hzでは−5〜−15%)
速度 1〜3Hz±10%、3Hz〜3kHz±5%
変位1 1〜3Hz±20%、3〜100Hz±10%
変位2 10〜500Hz±10%
フィルター ハイパスフィルター 1Hz、3Hz、10Hz、20Hz、50Hz(−10%点)
ローパスフィルター 100Hz、300Hz、1kHz、3kHz、10kHz(−10%点)
遮断特性 −18dB/oct
指示特性 実効値(RMS) 真の実効値を指示
ピーク値(PEAK) ピーク値を指示
等価ピーク値(EQ PEAK) 実効値×1.41を指示
等価P-P値(Wq P-P) 等価ピーク値×2を指示
最大ホールド デジタル表示のみ、すべての指示特性で有効
アナログメーター 目盛 リニア目盛、0〜3.16および0〜10
精度 フルスケールの±2%
デジタル表示 4桁(0.2秒ごとにサンプリングした瞬時値10個の算術平均値を2秒ごとに液晶表示 )
過負荷表示 最大入力または内部増幅器飽和のとき、発光ダイオード点灯
校正 感度(増幅度) 振動ピックアップの感度が1〜9.99および10〜99.9pC/Gの範囲で増幅度の校正が可能
  出力信号 正弦波80Hz±5%の内蔵発振器によるメーター最大指示時、1V±2%
出力 直流出力端子
出力インピーダンス 600Ω
負荷インピーダンス 10kΩ以上
出力電圧 1V(アナログメーターフルスケール時)
最大出力電圧 7V(実効値指示)
10V(ピーク値、等価ピーク値、等価P-P値指示)
出力電圧精度
(入力80Hz)
100mV以上±3%
30〜100mV±5%
10〜30mV±10%
交流出力端子
出力インピーダンス 50Ω
負荷インピーダンス 10kΩ以上
出力電圧 ±1V(アナログメーターフルスケール時)
最大出力電圧 ±10V(Peak)
出力電圧精度
(入力80Hz)
加速度±2%
速度±3%
変位±5%
使用温湿度範囲 −10〜+50℃、20〜90%RH
電源 単2形乾電池×4
使用時間 マンガン電池:約15時間 アルカリ電池:約30時間
寸法 約200(H)×130(W)×250(D)mm
重量 約2kg

構成品

標準構成品 本体、ピックアップ(PV-85)、ピックアップケーブル、マイクロドライバー、スペーサー、M6ネジ、六角アタッチメント、マグネットアダプター、棒状アタッチメント、スパナ、片口スパナ、木箱、単2形乾電池×4 、収納ケース、取扱説明書

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種は汎用振動計 VM-83です。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト