雑音発生器 SF-06 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

雑音発生器 SF-06(リオン):雑音発生器・床衝撃音発生器:騒音測定器・振動測定器

雑音発生器 SF-06は、DSPを使用した信号処理技術を応用し、M系列疑似ランダムノイズからホワイトノイズ/ピンクノイズを生成、1/1オクターブフィルターを用いて、バンドノイズを作る雑音発生器です。
周波数範囲20Hz〜20kHzのピンクノイズ、ホワイトノイズ、中心周波数31.5Hz〜8kHzの オクターブバンドノイズを容易に設定して発生することができます。
建築音響関連計測、残響室を用いた吸音率の測定、遮音量の測定に使用できます。

機種名 雑音発生器
型番 SF-06
メーカー名 リオン
雑音発生器 SF-06の取扱説明書

REXのYoutubeへ

雑音発生器 SF-06

特長

操作パネル
  • M系列疑似ランダムノイズを信号源とするホワイトノイズ、ピンクノイズの生成。
  • M系列繰り返し周期約12時間(理論値)、シーケンスクロック50kHz。
  • 中心周波数31.5Hz〜8kHz の 1/1 オクターブ9バンドのフィルタを選択し、隣り合うバンドは複数選択して同時出力可能。
  • ノイズ出力抑制は、連続出力、自動バースト、手動、外部トリガを選択可能。
  • シリアルインターフェースを装備、コンピューターによる外部コントロールが可能。
  • 各種コネクタ類を側面に配置し、本体を立てた状態での使用が可能。

用途

  • 建築音響関連計測。
  • 残響室を用いた吸音率の測定
  • 遮音量の測定。

使用例

使用例

仕様

出力周波数範囲 ホワイトノイズ/ピンクノイズ 帯域幅:20Hz〜20kHz
オクターブバンド 31.5、63、125、250、500、1 k、2 k、4 k、8 k(Hz)
フィルター部 オクターブフィルター適合規格
JIS C 1514:2002 クラス1 IEC61260:1995 クラス1
出力信号レベル 約1.0Vrms(ピンクAP値にてATT0dB時)
出力可変範囲 0〜−60dB(2dBステップ)
出力コネクター ノイズ出力端子:BNC-P形/XLR-3-32 各1出力
負荷インピーダンス:10kΩ以上
電源 入力電圧:AC90〜250V 50〜60Hz消費電力:約20VA
ノイズ発生機能
AP 帯域幅20Hz〜20kHzのホワイトまたはピンクノイズ
オクターブバンド 31.5〜8kHz間の任意の1バンドまたは隣り合う複数のバンドを出力する
バースト機能 CONT:連続出力
BURST : 自動的に信号出力を断続するON/OFF時間を個別に設定 範囲1〜9秒
MAN : 手動操作により任意の間信号を出力する
外部入力 : 外部接点入力によりON/OFFが可能
表示部
3桁LED表示器 減衰量、バースト時間、通信速度を選択して表示する
通信機能
シリアルインターフェース D-sub9ピンコネクター
通信速度 9.6k、19.2k、38.4k(bps)選択
外部I/O
EXT TRIG IN コントロール入力端子
外部接点回路に接続して発振、停止を行う
SYNC OUT 同期出力
ノイズ出力中グランドレベル、停止中ハイインピーダンス(オープンコレクター)となる
ID設定 設定範囲:00〜FF
使用温度範囲 −10〜+50℃、20〜90%RH(結露しないこと)
寸法 168(H)×198(W)×270(D)mm
重量 約3kg

構成品

標準構成品 本体、アンプ(PA-200/スピーカー一体型もあり)、スピーカー(SP-200)、電源コード(3P接地アダプタ付き/スピーカー分ある場合もあり)、BNC-BNCケーブルor三芯ケーブル、2Pバナナチップケーブル(ない場合もあり)、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能