普通騒音計 NL-20取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

普通騒音計 NL-20取扱説明書:騒音計:騒音測定器・振動測定器

NL-20の騒音計は各種規格による性能だけでなく、機能・操作性についても 最も厳しいハードルを設けそれを満足するようにデザインされたものです。騒音レベルを測定するほか、一定時間内の騒音レベルを平均化する機能を持つ積分型の騒音計です。

機種名 普通騒音計
型番 NL-20
メーカー名 リオン

こちらの製品は、取扱い終了致しました。後継機種はNL-21NL-42です。

騒音レベル表示画面

普通騒音計 NL-20の詳細を見る
普通騒音計 NL-20

簡易取扱説明書

1.測定準備 1)マイクロフォンの先端に風防を取り付ける。
  2)電源をONにし、液晶表示板左下のバッテリーレベルが3になっていることを確認。
2.校正 【Range】ボタンを操作し、30〜120dBにして【CAL】ボタンを押す。
※表示が114dBになっていることを確認。数値がずれていた場合Cal Adj【Range】キーを上下して114dBにあわせる。
3.測定 1)【CAL】キーを再び押して測定を開始する。
  2)動特性:Fast  周波数補正(重み特性):Aに設定。
  3)レベルレンジを表示部の【Un】(信号が小さすぎる)または、【Ov】(信号が大きすぎる)が点滅しない範囲で設定する。
a)等価騒音レベル(LAeq)、時間率騒音レベル(LN)の設定 1)【MENU】キーで測定時間を設定。
【Meas・Time】にカーソルを合わせキーで時間を設定。
  2)Page 【UP/DOWN】キー画面にして必要な項目にカーソルを合わせOFF→ONにする。
  3)【MENU】キーを押し測定画面に戻り、測定開始は【START/STOP】キーを押す。
※中断する場合は【Pause/Conet】キーを押し再開時はもう一度同キーを押す。
  4)【MODE】キーを押すと測定結果を表示する。
4.データの保存 【STORE】キーを押すと最後に測定した結果が内部メモリーに保存されます。
最大100データ【Recall】キーで保存したデータを読み出せます。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能