精密騒音計 NA-28レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

精密騒音計 NA-28(リオン):騒音計:騒音測定器・振動測定器

計測を効率的にするための「オクターブバンドと1/3オクターブバンドの同時分析」、見やすい「バックライト付、カラーTFT液晶」、さらに環境に配慮した低消費電力の「エコ設計」、安心して操作できる「日本語メニュー表示」。

機種名 精密騒音計
型番 NA-28
メーカー名 リオン
精密騒音計 NA-28の取扱説明書

校正書 海外レンタル可能
アイコンの説明はこちらから
海外レンタルについてはこちらから

コンパクトフラッシュカード

精密騒音計 NA-28

よくある質問はこちら

特長

  • バックライトによる見やすい、「TFTカラー液晶とキー操作パネル」の採用。
  • 16Hz〜16kHzまでのオクターブバンド実時間分析、12.5Hz〜20kHzまでの1/3オクターブバンド実時間分析が可能。
  • オクターブ、1/3オクターブバンド実時間分析の同時測定も可能(分析上限周波数帯域、オクターブバンドは8kHz、1/3オクターブバンドは12.5kHzまで)。
  • 測定結果はメモリーカード(CFカード)にテキストファイルで直接記録。
  • コンパレーター出力はオープンコレクタで、外部機器の制御が可能。
  • 外部機器からも制御が可能なトリガ入力端子を装備。

用途

  • 重軽量床衝撃、室間、室内外、設備、環境音クレーム、竣工検査、竣工前調査、実験室などでの騒音計測。

表示画面例

分析器モード画面
(オクターブ・1/3オクターブバンド同時分析)
分析器モード画面
(時間対レベル表示)
騒音計モード表示
(騒音レベル表示)
分析器モード画面 分析器モード画面 騒音計モード表示
メニューリスト画面
(日本語表示)
   
メニューリスト画面    

ダウンロード

仕様

型式承認番号 第SLF061号
適合規格 計量法・精密騒音計、JIS C 1509-1:2005 クラス1、JIS C 1513:2002 クラス1、JIS C 1514:2002 クラス1、IEC61672-1:2002 Class1、IEC 61260:1995 Class1、ANSI S1.4-1983 Type 1、ANSI S1.43-1997Type 1、ANSI S.11-2004 Class1
測定機能 騒音計モードと分析器モードを備え、それぞれにおいてメインチャンネル、サブチャンネルの同時測定を行う
周波数重み特性、時間重み特性はメインチャンネル、サブチャンネル個別に設定
測定モード 騒音計モード メインチャンネル、サブチャンネルそれぞれにおいて以下の測定項目に示すオールパス値測定
サブチャンネルではLpeak、Ltm5いずれかを測定
分析器モード メインチャンネルではオクターブ、1/3オクターブバンド実時間分析およびオールパスを測定
サブチャンネルではオールパスのみ測定
測定項目 選択された時間重み付け特性、周波数重み付け特性にて全項目を同時測定
時間重み付きサウンドレベルLp、時間平均サウンドレベルLeq、音響暴露レベルLE、時間重み付きサウンドレベルの最大値Lmax・最小値Lmin(最大値はAPMaxとBandMaxが選択可能)、時間率サウンドレベルLN(1〜99、1Step)を最大5個LpもしくはLeq、1secから算出(日本語のときはLpのみ)
測定時間 1〜59秒、1〜59分、1〜24時間
マイクロホンおよびプリアンプ マイクロホンUC-59 感度−27dB±2dB(re 1V/Pa)、プリアンプNH-23
測定レベル範囲 A特性:25dB〜130dB、C特性:33dB〜130dB、Z特性:38dB〜130dB
直線動作全範囲(A特性・1kHz) 25dB〜140dB
ピークサウンドレベルの測定上限 143dB
自己雑音レベル A特性:17dB以下、C特性:25dB以下、Z特性30dB以下
測定周波数範囲 10Hz〜20kHz
分析周波数範囲 オクターブ分析 16Hz〜16kHz(同時測定時は〜8kHz)、1/3オクターブ分析12.5Hz〜20kHz(同時分析時は〜12.5kHz)
周波数重み付け特性 A・C・Z特性
時間重み付け特性 メインチャンネル F、S、10ms
サブチャンネル F、S、10ms、I
直線動作範囲 オールパス(A特性) 110dB
スペクトル 95dB
レンジレベル 騒音計モード バーグラフ表示範囲 最大100dB
30〜130dB、20〜120dB、20〜110dB、20〜100dB、20〜90dB、20〜80dB
分析器モード バーグラフ表示範囲
40〜130dB、30〜120dB、20〜110dB、10〜100dB、0〜90dB、20〜80dB
サンプリング周期 Leq、LE、Lmax、Lmin、Lpeak 15.6µs(オクターブ、1/3オクターブ同時分析時は20.8µs)
LN 100ms
表示 バックライト付きカラーTFT半透過液晶表示器(240×320ドット)
トリガ 測定、メモリストアの開始を制御
直前データ除去機能 ポーズキーで測定を一時停止し、その時点から5秒間戻りデータを演算から除外
ストア マニュアルストアまたはオートストアモードで騒音レベル値や演算結果を記録
ストアは内部メモリーもしくはコンパクトフラッシュカードのいずれかに記録
内部メモリーは、1ブロックを有し、マニュアルストア、オートストア1、2のいずれかひとつを選択
マニュアルストア 手動で1アドレスずつ測定結果を測定開始時刻とともに記録
記録データ数:内部メモリー(最大1,000組)、CFカード(最大1,000組を1ファイル名として、100ファイル名保存可能
オートストア 測定結果を設定した時間間隔で連続記録(記録中に発生した事象に対して識別ができるよう4種類のマーカー情報の付加が可能)オートストア中のポーズは不可
オート1 測定時間 最長1,000時間(CFカード使用時の時間、内部メモリー使用時は下記参照)
騒音計モード Lp、Leq、Lmax、Lminを一組として100msごとに、CFカードに連続記録
サブチャンネルの測定結果は記録不可
サンプリング周波数:100ms(Lp、Leq、Lmax、Lmin)
内部メモリー使用時:最長3時間
分析器モード 各バンドレベルとオールパスの時間重み付けサウンドレベル(Lp)をCFカードに連続記録
メインチャンネル:オールパス値と各バンドレベル値
サブチャンネルオールパス値のみ
サンプリング周期:1msから1s、Leq、1s時に2.7時間
オート2 騒音計モード 測定時間ごとのメインチャンネルとサブチャンネルのオールパスの測定値と測定開始時刻をCFカードへ連続記録
オート2 分析器モード 測定時間ごとにメインチャンネルの各バンドレベルとオールパス値、サブチャンネルのオールパス値と測定開始時刻をCFカードへ連続記録
オート2 記録でー多数 内部メモリー:最大1,000組
CFカード:最大300,000組
データリコール ストアデータの回覧、時間対レベル表示(ただし選択した周波数1バンドのみ)
記憶設定 最大5組までの設定を内部メモリーに保存し、呼び出しが可能
あらかじめCFカードに保存されたファイルの設定条件で起動可能
電源 単2形乾電池×4、ACアダプター
使用時間 アルカリ乾電池:約16時間、マンガン電池:約6時間
寸法 約331(H)×89(W)×51(D)mm
重量 約730g(電池含む)

構成品

標準構成品 本体、防風スクリーン(WS-10)、ACアダプター(NC-94B)、通信ケーブル(BNC-ピンコード)、CFカード、CFカードアダプター、収納ケース、単2形乾電池×4、取扱説明書

オプション品

オプション カメラ用三脚、マイク延長ケーブル、全天候型防風スクリーンセット(風防・三脚・取付アダプター・絶縁アダプター付)、管理ソフト(AS-60RT)

※全天候型防風スクリーンセットは、ウインドスクリーン補正には対応していません。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能