汎用振動計 VM-83の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

汎用振動計 VM-83取扱説明書:汎用振動計:騒音測定器・振動測定器

簡易取扱説明書

1.測定準備
1.本体・ピックアップケーブル・ピックアップを接続します。
VM-83接続イメージ  
2.電源を投入し、PICKUP SENSキーを押し、付属のピックアップ校正表から電荷感度の数字を入力してピックアップ感度の校正をします。
PICKUP SENSキーを押す ピックアップ校正表
3.測定モード・指示特性の設定をします。
測定モード切替キーを押し、切替キー△ ▽を使用して測定モード:ACC(加速度)、VEL(速度)、DISP(変位)のいずれかを設定します(出荷時ACC)。
指示特性切替キーを押し、切替キー△ ▽を使用して指示特性:RMS(実効値)、EQPEAK(等価ピーク値)、EQP-P(等価P-P値)のいずれかを設定します(出荷時EQPEAK)(スイッチ上のランプが点灯します)。
測定モード・指示特性の設定 表示画面
4.レンジ切替キー△ ▽を使用して適切なレベルレンジ(OVER・UNDER表示しないレンジ)に設定します(出荷時1000)。
レベルレンジの設定  
5.外部出力信号を用いる際のレベル合わせの時に行います。
CALキーを押し、測定レンジのフルスケール(上端)の数値を表示することを確認します(出荷時1000)。
CALキーを押す フルスケールの表示確認
2.測定開始
1.付属のアタッチメントを使用し、測定対象物へピックアップを付け振動を測定します。
定対象物へピックアップを付ける  

ダウンロード

汎用振動計 VM-83の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能